福岡天神内視鏡クリニックブログ

SIBO(シーボ)について〜最後のブラックボックスである小腸

総院長の秋山です。

毎日診察をしていて、改善させることがなかなか難しい症状があります。

それは「お腹の張り」です。

胃カメラや大腸カメラをして、まずはがんや潰瘍など症状の原因になるものを除外します。

検査をすると、がんや潰瘍などの「器質的疾患」は存在しないことがほとんどです。

まずは一安心ですが、患者さんとしては症状の原因がないので逆に困ってしまいます

お腹の張りを一時的に減らしてくれるお薬はありますが、根本治療にはなりません。

 

そこで注目されるのが、「小腸」になります。

6〜7mもの長さのある小腸。

小腸は最近まで、「ブラックボックスの臓器」と言われていました。

何故ならば、これまで胃カメラでも大腸カメラでも届かない未知の領域であったからです。

「小腸を調べなくて良いのか?」と思われるかもしれません。

幸いなことに、小腸は管腔内が流れの速い臓器なので、滞って小腸がんはほとんど発生しないのです。

がんが発生しないので、小腸はこれまでいわば「ほったらかしの臓器」だったわけです。

しかしみなさんが困っている「お腹の張り」の原因は、どうやら小腸にあるようです。

 

健康な小腸には腸内細菌が大腸と比較して非常に少なく、1mlあたり10の5乗から7乗くらいと言われています。

(大腸には10の11乗もの腸内細菌が棲息しています)

ところが小腸に腸内細菌が異常に増殖して、普段の10倍くらい細菌が繁殖することがあり、これをSIBO(シーボ:小腸内細菌の増殖)と呼んでいます。

SIBOになると、様々な症状や病気が引き起こされます。

まずは異常に増えた細菌が発酵して腸内ガスを産生するので、「お腹が張る」ようになります。

普段は多くないはずの腸内細菌が増えてガスを産生すると、小腸内がパンパンに膨れ上がります。

小腸は膨らむことに強くはできていないので、小腸壁のバリアーが崩れ、容易に異物が体内に入ってくるようになります。

これをリーキーガット(腸から漏れてしまう)症候群と言います。

他にも小腸の機能が良くないと、免疫力の低下や精神疾患にも影響を与えると言われています。

 

小腸に異常に細菌が繁殖する理由としては、

① 小腸の動きが悪いことで小腸内で無駄な細菌増えやすくなる

② 胃酸の分泌が少なく、小腸の無駄な細菌を殺せない

などが挙げられます。

①小腸の動きが悪い場合には、小腸と大腸を繋いでいるバウヒン弁の位置をお腹の上からマッサージしてあげることが良いと言われています。

ガスモチンやアコファイドなどの「胃腸の運動機能改善薬」で小腸の動きを良くすることも有効です。

②また ピロリ菌の除菌をして、胃を元気にして胃酸分泌を活発化しましょう。

逆に「胃酸を抑えるお薬」を慢性的に飲んでいる方は、小腸の腸内細菌が繁殖するもとになりますので、頓服に変えると良いでしょう。

 

最近では、小腸内視鏡やカプセル内視鏡が少しずつ広まっていることと、腸内細菌のゲノム分析が進んでいることで、腸内細菌の働きや弊害が分かってきているところです。

ブラックボックスだった小腸の研究が進むことで、難解なお腹の張りも理由が分かって治療法が一般的になるかもしれません。

秋山 祖久総院長

国立長崎大学医学部卒業。
長崎大学医学部付属病院・大分県立病院など多くの総合病院で多数の消化器内視鏡検査・治療を習得。2018年11月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。