院長からみなさまへご挨拶
DIRECTOR

多くの内視鏡検査を経験する中で日々感じてきたことは、内視鏡医の経験や技術の差の積み重ねによってみなさまが「きつい・苦しい」と感じるのか、それとも「とても楽だった」と感じるかが大きく変わってくるということです。

院長相馬 渉

私はこれまで大分大学医学部附属病院を中心として多くの総合病院で勤務し、数多くの胃・大腸内視鏡検査を経験し、多くの症例に対応することにより内視鏡技術の研磨に励んで参りました。

内視鏡検査中に「きつい・苦しい」と感じる場面というのは、実はみな同じではなく様々です。私は1人1人に一番適したきつくないベストな方法を検査前から綿密に計画を立て、また検査中の早い段階で見抜くことを実践してきました。そしてどんな時でも、常に思いやりの心を持って診察と検査に臨んでいます。思いやりの気持ちは、診察や検査を受けるみなさまに必ず伝わると、私は思っています。これまで「内視鏡検査はつらい」という印象しかない方には、ぜひ一度当院での無痛内視鏡検査を受けて頂きたいです。無痛を特に意識した技術と心の内視鏡を、是非とも実感していただきたいと思います。

また、大学病院や総合病院で非常に多くの内視鏡検査を経験し、多くの患者さんと接する中で、診察と内視鏡検査後の説明には何よりも力を注いできました。みなさまが貴重なお時間とお金を使ってわざわざ病院に来てくださっているのには、きっと理由があるはずです。「病気がないか心配なので内視鏡検査を受けて不安を取り除きたい・・・」、「うまく説明できないけど、とにかく体調に不安なので来た・・・」などなど他にもたくさんの受診理由があるかと思います。

私はお話ししていく中でみなさまのニーズを的確に汲み取り、一番必要とする医療を提供したいと思っています。帰るときに「今日の検査結果って結局何だったのだろう??」では、せっかく来院された意味がありません。受診動機から検査の結果説明まで、ストーリーが完結するように分かりやすくお話ししたいと思います。「今日は受診してよかった」と一人でも多くの方に思っていただけるような診療を目指しています。


経歴
CAREER

国立大分大学医学部卒業。大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。
日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて
「苦しくない無痛内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。

専門領域

  • 消化器内視鏡診断・治療
  • 消化器内科

臨床資格

  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医


私の生い立ちとクリニック開院のきっかけ
CIRRUS AND EARLY LIFE

私は千葉県で産まれました。3歳から水泳をしていましたが腰に負担がかかったのでしょうか、小学生の頃から腰痛に悩まされるようになりました。中学生での軟式テニス部では激しい腰痛のため動けない状態となってしまい、鍼治療やカイロプラクティクに通いながら痛みが引くのを待っているような生活を送っていました。
高校生でのバレーボール部で腰痛を悪化させてしまい、歩くことはおろかいよいよ立ち上がることすらできなくなってしまいました。もう20年以上も前のことになりますが、当時は「また歩けるようにしてくれたら何でもするから、誰か助けてください!」と毎日願っていました。地元に腰の手術で有名な整形外科の先生がいると聞き、藁をもすがる気持ちで受診したことを覚えています。レントゲンを撮った後診察に入ると、眼光の鋭い先生が「あなたは腰椎分離症だよ」とはっきりと診断してくださいました。これまで他の病院に行っても「子供の腰痛なんて」などと馬鹿にされていたのに!私は先生が神様のように思えました。そのときは、苦しんでいた腰痛がふと急になくなった気がしたのです。

その後手術を受け、日常生活はもちろん、再び運動もできるようになりました。現在も腰に関して何の不自由なく過ごせており、手術を受けて本当によかったと思っています。
意外と思われるかもしれませんが、もともと私は病院が嫌いでした。いつも長い時間待たされたし、診察を受けても結局原因は教えてもらえず(分からなかったのだと思いますが)湿布や薬しか出なかったのですから。でも高校時の主治医の先生は、原因をはっきりと見極めて診断し、然るべき手術にて私を腰痛の苦悩から救ってくれました。「私も先生のような医師になりたい!」と医学部受験を考えるようになりました。医学部への道は厳しかったですが、頻回に入学試験にチャレンジすることで国立大分医科大学(現国立大分大学医学部)が門戸を開いてくれました。

入学後は当初の思いのまま整形外科を希望していたのですが、学生実習時に消化器科の先生が、「一生美味しいご飯が食べたいと思わないか?」とおっしゃっていたことに非常に感銘を受けました。私もそうですが、毎日美味しい料理を食べたりお酒を飲んだりすることが楽しみという方は多いと思います。私は消化器科を勉強し、「みなさまの胃腸を守り、一生食事を楽しみにできるような手助けをしたい」と考えるようになりました。
研修医の時は大学教授の勧めもあり、総合病院で内視鏡検査を担当する機会を得ました。その総合病院の恩師より、私は(当時の研修医としては異例でしたが)数多くの内視鏡検査を経験させてもらうことができました。毎日の診療と内視鏡検査が楽しくて仕方なく、朝から晩まであっという間に時間が過ぎたのを今でも鮮明に覚えていますし、この時に「内視鏡検査を一生の仕事にしていきたい!」と強く思いました。「毎日内視鏡していて飽きないの?」と他の科の先生に呆れながら聞かれることがありますが、私は内視鏡検査への興味が尽きたことはありません。今でももっとみなさまが楽に検査できないのか、改善する余地はないのかと日々研究しています。

私はみなさまから「先生のカメラを受けてよかったよ」とか「先生の話を聞いて納得したよ」といった言葉を頂けたとき、何にも代えがたいやりがいを感じます。私はいつからか、もっと患者さんのために役に立つことができないかを模索するようになりました。そんな時、大学医局の先輩で現在当院の理事長、横浜本院の院長である平島先生の著書『がんにならない人の50の習慣』に出会ったのです。
本を読み進めるうちに、まさに「患者さんのための医療」を実践している理事長のあふれんばかりの情熱を感じて、私は胸が熱くなりました。私も先生のように多くの患者さんのためになるような医療を実践したい!と心から強く思うようになりました。
幸運にもご縁があり私は、「苦しくない無痛内視鏡検査」「がんで苦しむ人を一人でも少なくしたい」という理事長の意志を広めるべく、福岡分院で仕事をさせていただくことになりました。

徹底した「無痛内視鏡検査」と、医療現場ではこれまで意識が向けられていなかった「おもてなしの心」で、みなさまが経験したことのない最高の医療を提供していきたいと思います。みなさまに心から満足していただき、またいつでも来ていただけるようなクリニックを日々追求していきます。
これからの人生が充実した毎日となるように、私たちと共に歩んでいきませんか?内視鏡検査を定期的に受けて頂くことにより、病気の早期発見・早期治療ができるようになり、みなさまの健康長寿に繋がると考えております。みなさまのこれからの生活がますます楽しく幸せを感じ、そしていつまでも健康でいられますように、私たちはみなさまを全力でサポートしていきたいと強く思っております。