福岡天神内視鏡クリニックブログ

クリニック工事、後半戦に突入です

こんにちは、院長の相馬です。

クリニック工事の進捗状況です。早いもので、工事は後半戦に突入しました!

前回までに進んでいた間仕切りは終了しました。これからは仕上げ工事(クロスや床材)に入っていきます。

ご覧のように、区画がハッキリと見えてきました。クリニック受付から、待合・診察・内視鏡検査・リカバリー休憩室とスムーズな導線となるように、お部屋の配置は熟考してきました。そしてクリニック内は十分な広さを保っていますので、プライバシーをしっかり配慮し、かつゆったりとしたスペースを確保しています。

 

以前もご紹介したバルコニーです。天神の街中にあるクリニックですが、このバルコニー、立ち寄ってみると意外に広くて、とても開放感があるんですよ!お天気の良い日にタイルを張っていく予定になっていますが、きっと華やかなバルコニーができあがると思います!バルコニーをみなさまにどのように使っていただこうかと、あれこれ思案中です。

私たちは、みなさまにクリニック来院時のひと時がゆっくりとくつろげるだけでなく、胸がときめくような楽しいものになるように考えています。

相馬 渉院長

国立大分大学医学部卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて「苦しくない無痛内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。