内科診察・内視鏡検査随時受付中

TEL:092-737-8855_new env web予約はこちら
TEL:092-737-8855 web予約はこちら
同日内視鏡ドック 同日内視鏡ドック 消化器専門外来 コロナウイルス感染予防対策 WEB問診票


当院について
ABOUT CLINIC

がん死因の半数以上を占める食道・胃・大腸がんを早期発見・治療を行い、
「薬に頼らない生活習慣の改善」も都度アドバイスさせて頂ければと考えております。
「おなか」の不調などで日々お困りのことなども“「おなか」何でも相談室”“便通異常相談室”
設けて気軽に相談できるクリニックを目指しております。

なぜ、胃カメラと大腸内視鏡検査を受けた方がいいのか 詳しく見る 大腸内視鏡検査前日の食事は非常に大切です!簡便かつ詳細な食材選びの方法をお教えします あなたが飲んでいるお薬、一緒に減らしていきませんか? 1日たった5分の簡単ガン予防体操 ノーキャンササイズ カプセル内視鏡

「がんで亡くなる人・苦しむ人を一人でも多く減らしたい」 という理念の元、
「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」を広く実践しております医療法人ハートアンドオンリーの福岡院として福岡天神に開院いたしました。
当法人の横浜院であります「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」は平成23年9月の開院以来、
一般外来や「おなか」の不調などの診療を行いながら、 内視鏡検査・治療数は10,502件(2017年9月1日~2018年8月31日)をこなしてきました。
福岡院でも横浜院同様、内視鏡検査・治療を中心に行っておりますが、「おなか」の不調のご相談や生活習慣病の改善方法のご相談など様々な分野のご相談、治療に対応しておりますので、お気軽に相談頂ければと思います。

※当院は先進的な医療機器・医療設備を有していますが、保険医療機関でありますので、医療費は全国一律・同一料金となっております

福岡天神内視鏡クリニック
紹介動画

当院の特徴である「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」を「1分」でご紹介

院内のご案内

診療時間

診療時間一覧表

◎…診療・内視鏡検査・手術      
〇…内科診察・内視鏡検査、手術      
●…内科診察     
ー…休診  
※日曜と祝日は休診です

診療時間一覧表

※平島徹朗医師の診察・内視鏡検査日は第2,4週火曜日となっております
※医師の学会出席などでやむを得ず休診日にさせて頂くことがございます。


医師のご紹介
DIRECTOR CHAIRMAN INTRODUCTION

国立がん研究センターで習得した内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。

国立がん研究センターで習得した内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、
日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。


胃内視鏡検査
GASTROSCOPY

当院では胃内視鏡検査(胃カメラ)を精度の高い検査に徹底的にこだわり、自覚症状の出ないような微細な食道がん・胃がんを早期の段階で発見し、 内視鏡治療を行うことができれば肉体的にも精神的にも負担なくがんを治療することが可能となります。楽な胃カメラを受けることにより初めて「今後も定期的に胃カメラを受けよう」と思っていただき、食道がんや胃がんの早期発見・早期治療につながると確信しております。不安軽減の為、受付からご案内・咽頭麻酔・鎮静剤・内視鏡操作に関しましても様々な細かい工夫を凝らしておりますので、安心して胃カメラを受けていただければと思います。


大腸内視鏡検査
COLONOSCOPY

大腸がんで亡くなられる方が現在、女性で第1位、男性で第3位となっており、今後ますます増加していくことが予想されております。 その原因に、食習慣の欧米化や肥満・アルコール・喫煙など生活習慣の変化が大きく関与している可能性が高いことが分かってきております。 大腸がんは大腸ポリープから進展していくことが多く、早い段階でがん化していない状態の大腸ポリープを大腸内視鏡検査で発見し、切除することが「究極の大腸がん予防」につながると言われております。大腸内視鏡検査当日は、なるべく洗腸剤を楽に、苦痛が少なく服用できるように味と量に配慮して、必要最小限の服用で済むよう細やかな工夫をしております。


一般診療
GENERAL PRACTICE

「胸焼け」、「胃が痛い」、「お腹が張る」などのお腹の症状で困っている方
「便秘」、「下痢」、「血便・下血」などの便通異常がある方
「胃レントゲン検査異常」、「ピロリ菌陽性」、「便潜血陽性」などの検診異常を指摘された方
お腹の症状、便通異常や検診異常をそのままにしていませんか?お腹に関することは専門的な診察と検査及び治療ができる当院をご受診ください。


高濃度ビタミンC点滴療法

胃・大腸内視鏡検査を定期的に受けている健康意識の高い患者さん達は、次の段階として「がんの予防」や「病気の予防」を考えるようになります。高濃度ビタミンC点滴により身体の免疫力を高め、がんの発症のもとである活性酸素を除去し、
「がん予防」と「病気予防」に努めることは健康寿命を延ばす適切な方法です。
さらにビタミンC作用の一つであるコラーゲン生成作用によりお肌の美白やエイジングケア作用にも大きな効果をもたらします。
高濃度ビタミンC点滴などによる病気の予防医療に力を注いでいただくことこそが個人的にも、さらには最終的に国家の医療費削減という我々の究極の目標に対しても貢献できると確信しております。

秋山医師と平島医師が実際に
内視鏡を受けました
I RECEIVED THE ACTUAL INSPECTION

これまで内視鏡検査を受けたことがない方や、健診や人間ドックなどの内視鏡検査で苦しい思いをして検査を避けている方など、前日の食事制限から当日の洗腸剤服用の様子など、当院の「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」がどのような流れで行われているのか、
秋山医師と平島医師自らが内視鏡検査を実際に受け、解説しております。
テレビや新聞報道などで内視鏡検査を受けないといけないと思いつつ、人間ドックなどでの辛い内視鏡検査体験を知人から聞いて検査を避けている方など、実際の当院での「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」の様子を事前に動画で見ることができますので、不安な気持ちや心配が取り除かれるのではと思います。早期の食道がん・胃がん・大腸がんは自覚症状が出ることはまずありませんので、早期発見・早期治療のためにも定期的な内視鏡検査をお勧めいたします。


当院の「苦しさと
痛みに配慮した内視鏡検査」の特徴
CHARACTERISTIC

当院の特徴である「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」は高精度な内視鏡検査・緻密な内視鏡治療を行うために、先進的な医療技術や医療機器にも徹底的にこだわっております。
微細な病変を映し出す大画面のハイビジョンモニターや、そのモニターの位置や角度を自在に変えることができるドイツ製の天吊りモニターアームなど先進的な内視鏡検査機器を導入しております。また、感染防御対策も徹底しており、高洗浄力の内視鏡洗浄機器を導入すると共にデジタル洗浄管理システムも取り入れ、安全・安心に配慮した内視鏡洗浄・管理を行っております。


胃腸内科ドクターの何でも相談室
CONSULTATION ROOM


診療傾向データ
(医療法人ハートアンドオンリー)DATA

2011年9月に開院した医療法人ハートアンドオンリーの横浜院ですが、現在では多数の胃・大腸内視鏡検査・手術を行っております。2017年7月に開院した福岡院でも開院初月より多くの内視鏡検査・手術を行っております。 初期の段階では自覚症状が出ることはまずない食道がん・胃がん・大腸がんでありますので、早期発見・早期治療には内視鏡検査は欠かせないものとなります。

  • 2020年度
  • 2019年度
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度

総内視鏡検査数 11,348

(2019年9月1日から2020年8月31日)

胃内視鏡
検査

5,833

76%

大腸内視鏡
検査

5,515

46%

内視鏡
手術

5,053

66%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 9,606

(2018年9月1日~2019年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,817

35%

大腸内視鏡
検査

4,789

34%

内視鏡
手術

4,325

31%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 10,502

(2017年9月1日~2018年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,810

45%

大腸内視鏡
検査

5,692

55%

内視鏡
手術

3,743

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 7,396

(2016年9月1日~2017年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,077

55%

大腸内視鏡
検査

3,319

45%

内視鏡
手術

2,809

38%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 8,002

(2015年9月1日~2016年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,720

44%

大腸内視鏡
検査

3,282

31%

内視鏡
手術

2,665

25%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 5,099

(2014年9月1日~2015年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,815

55%

大腸内視鏡
検査

2,284

45%

内視鏡
手術

1,760

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 3,910

(2013年9月1日~2014年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,190

39%

大腸内視鏡
検査

1,720

30%

内視鏡
手術

1,760

31%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 3,734

(2012年9月1日~2013年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,115

57%

大腸内視鏡
検査

1,619

43%

内視鏡
手術

790

49%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 2,287

(2011年9月1日~2012年8月31日)

胃内視鏡
検査

1,054

46%

大腸内視鏡
検査

1,233

54%

内視鏡
手術

618

27%

診療傾向データを見る

クリニックまでのアクセス

当院は九州の交通・経済の中心地であります福岡天神地区に位置し、西鉄天神駅や地下鉄天神駅・天神南駅より徒歩圏内にあり、交通の利便性の良い立地となっております。
西鉄・地下鉄・バス・タクシーなど、どの交通機関を利用して頂いてもアクセスの良い場所に位置しておりますので、
下記の各交通機関を選んでいただきますと道案内をご覧いただけます。
グーグルマップの「ルート案内」機能を使ってのアクセスにも対応しておりますので、初めての受診の方にも安心してご来院いただけると思われます。
「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

住所 : 〒810-0001   
福岡県福岡市中央区天神2-4-11
パシフィーク天神4F


  • 「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

地図を移動させるには指2本で操作します

  • 西鉄福岡天神駅
    からのアクセス

  • 地下鉄空港線
    天神駅からの
    アクセス

  • 地下鉄七隈線
    南天神駅
    からのアクセス

  • 西鉄バス
    からのアクセス

  • 高速バス
    からのアクセス

  • JR博多駅
    からのアクセス

    • 電車

  • 福岡空港
    からのアクセス

    • 電車

  • たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 現役医師、平島徹朗がライザップに挑戦!!
  • 内視鏡医トライアスロンへの道

新着情報

  • 2021.07.03

    胃カメラ・大腸内視鏡検査がネット予約できるようになりました

    7月より保険診療分の胃カメラ・大腸内視鏡検査のネット予約を開始しております。

    症状がある方や、検診異常の方、当院で検査を受けたことがある方などが対象です。

    症状がない方や、同日内視鏡ドックを希望の方はネット予約が出来かねますのでお電話にてご予約くださいませ。

    また、検査前には必ず診察が必要となっております。

    検査ご予約日の10日前までに必ず診察の予約をネット又はTELにてお願い申し上げます。

    ※10日前までに診察予約がない方は自動的にキャンセルとさせていただきます。予めご了承ください。

  • 2021.06.30

    7月の診療及び休診日のお知らせ

    7月の診療及び休診日についてお知らせします。

    平島医師の診療日は7月13日(火)・7月27日(火)となります。

    細川医師の休診日は7月13日(火)・7月27日(火)です。

    なお、日曜日と祝日は休診とさせて頂いております。

    (7月19日(月)は診療、7月22日(木)・7月23日(金)は休診となります。)

    皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

     

  • 2021.05.27

    6月の診療及び休診日のお知らせ

    6月の診療及び休診日についてお知らせします。

    平島医師の診療日は6月8日(火)・6月22日(火)となります。

    細川医師の休診日は6月8日(火)・6月22日(火)です。

    なお、日曜日と祝日は休診とさせて頂いております。

    皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

     

福岡天神内視鏡クリニックブログ

  • 21.07.26

    NEW

    福岡天神内視鏡クリニックは5年目に突入しました!

    おはようございます。医師の秋山です。   2021年7月18日で福岡天神内視鏡クリニックは開院4周年を迎えました。5年目に突入です。 これもひとえに福岡天神内視鏡クリニックをご利用していただく患者様のおかげです。誠にありがとうございます。 これからも、福岡院を安心して利用していただけるように、日々試行錯誤していきたいと思いますのでよろしくお願いします。 「通うのが楽しみなクリニック」を目指して、我々はこの先も立ち止まらずに前に進みたいと思っています。   さて、それでは最近我々が具体的に始めた取り組みを箇条書きします。   ①万全な新型コロナウイルス感染対策を日々アップデートしています!   患者様が安心して来院できるように、感染対策を日々アップデートしています。詳細は下記URLをご覧ください。 https://www.fukuoka-tenjin-naishikyo.com/coronavirus/   ②保険診療での胃カメラ、大腸カメラ検査がネットで予約できるようになりました! お腹の症状がある方、健診異常の方、以前当院で内視鏡検査を受けたことがある方が対象になります。 これまでは電話でのみ検査の予約を行ってきましたが、ネットで事前に胃カメラ、大腸カメラの日にちと時間を予約できるようになりました。 ただし、カメラ検査日をネットで予約したら、その予約日の10日前までに一度診察に来ていただくことになります。この診察日もネット(あるいは電話)で予約が可能です。 下記URLからネット予約が可能ですのでご利用ください。 https://ssc3.doctorqube.com/tenjin/   ③「同日内視鏡ドック」を始めました!   福岡県は原則として、同じ日に保険診療での胃カメラ、大腸カメラ検査はできません。 ただ、「1日で胃カメラ、大腸カメラを終わらせたい!」というニーズがあるのも事実です。   そんな方のために、「同日内視鏡ドック」を始めました! これは、胃カメラ、大腸カメラを自費診療で行うことにより可能となります。   「自費だと高額になるんじゃないの?」と思われる方、そんなことはありません。詳細は以下URLをご参照下さい! https://www.fukuoka-tenjin-naishikyo.com/day/   以上が最近始めた取り組みです。 これからも、患者様が安心して福岡院を利用していただけるように頑張りたいと思います。 これからも福岡天神内視鏡クリニックをよろしくお願いします。   それでは今週も頑張りましょう。クリニックでお待ちしております。  

  • 21.07.23

    NEW

    ☆ムーミンコミックス展☆

    皆さん、こんにちは! スタッフのビビです。 梅雨が明けて暑い日が続いていますが、 皆さん、いかがお過ごしですか? 外出中もマスクを着用していると思いますが、 熱中症には十分気を付けて下さいね☀️ 私も水分補給を忘れがちなので、今年の夏はきちんと 水分摂取をしようと思っています🍹   さて、今月は福岡県立美術館で開催されていた ムーミンコミックス展に行ってきました。               ムーミンはフィンランドの作家トーベ・ヤンソンと ラルス・ヤンソンの兄妹が描いた作品です。 私はアニメーションでしかムーミン作品を見たことがなかったのですが、 小説や絵本、新聞漫画など数多くの作品があります! 美術館にはイギリスの夕刊紙(イブニングニュース)で掲載されていた 漫画の原画やスケッチなどが展示されていました✨ ムーミンの漫画の始まり(1コマ目)はいつもムーミンのお尻が描かれていて、 ムーミン何してるの?というセリフから始まるそうです(笑) 皆さん知っていましたか? また、ムーミンママは最初、ハンドバッグしか持っていなかったそうですが、 新聞漫画で掲載する際に分かりにくいという声があり、エプロンをした姿を 描くようになったそうです。 展示会では作品やキャラクターについて初めて知ることがたくさんあり、 とても楽しかったです!!               (ムーミンとのフォトコーナーもありました!)   展示会にはバッグやTシャツなど、可愛いムーミングッズがいくつも販売されていました💕 悩んだ末に購入したものは、ハンカチとムーミンの絵柄の容器に入った チョコクランチです!               (タオルハンカチが大好きで、必ず購入してしまいます💦)   もうすぐ夏休みやお盆休みになりますね! お休み中に夏の疲れを癒して、今年の後半も皆さん頑張って行きましょう!

  • 21.07.21

    NEW

    便秘の重症度セルフチェックリスト

    おはようございます。医師の細川です。 便秘の継続は、腸の免疫能低下、代謝の悪化、肌荒れ・むくみなどの美容面への影響、大腸がんのリスク上昇など身体にとって色々なデメリットを引き起こすリスクとなります。   便秘と一言で言っても、その程度や原因は人によって様々です。 そこで、まず大切なのは、自分の排便状況を客観的に把握して、排便状態に合わせた便秘対策を考えることです。   下記に便秘の重症度のチェックリストを準備しました。 チェックリストの項目がいくつ当てはまるかチェックし、まずは自身の便秘の程度を把握しましょう!!     【便秘の重症度チェックリスト】 1.下剤を服用しないと3~4日に1回程度しか便が出ない 2.便がいつも硬い 3.便が出ないときは、お腹が張ってくる 4.あまり歩かない、運動をしない 5.食事は1日に1~2食しか食べない 6.便意があっても我慢することがある 7.下剤を服用しているが、使用期間は1年以内である 8.自然な便意が起こらない 9.下剤を服用しないと全く排便がない 10.下剤を服用して排便があるが、週に1回程度である 11.下剤を服用しているが、使用期間は1年以上5年未満である 12.おならが以前よりも非常に臭いと感じる 13.毎日下剤を服用している 14.下剤を服用するときは、規定量よりも多い量を服用している(毎日の服用でない場合も含む) 15.下剤を服用するときは、規定量の2倍以上の量を服用している 16.体重がピーク時に比べて10kg以上減少している 17.下剤を5年以上服用している     チェックリストの1~6のみが当てはまる人:軽症の便秘症 水分をしっかり摂り、ウォーキングなどの運動や食生活の改善などで排便力を取り戻すことが比較的容易な段階です。 安易に下剤の服用をせずにまずは生活習慣の改善をしていきましょう。     チェックリストの7~10に当てはまる項目がある人:中等症の便秘症 すでに自力での自然排便がしづらく、下剤に頼っている状態です。 今は週末だけ下剤を服用し、まとめて排便するなどで対応出来ていても、このままの状態を放置すると数年以内に下剤を連用するようになり、重症の便秘症に移行してしまう恐れがあります。 病院を受診し、便秘薬からの離脱治療を受けることをオススメします。     チェックリストの11~14に当てはまる項目がある人:重症の便秘症 自然な便意が完全に失われており、放置すると1週間以上全く排便が無い状態です。 下剤が手放せなくなっている状態で排便力を取り戻すには時間も根気も必要な状態です。 このままの状態を放置すると下剤依存症に移行してしまいます。 病院を受診し、便秘薬からの離脱治療を受けることをオススメします。     チェックリストの15~17に当てはまる項目がある人:下剤依存症 すでに下剤依存症が進行している状態です。 病院を受診し、便秘薬からの離脱治療を受けることをオススメします。     たかが便秘と甘く見ていると将来全く排便が出来なくなるなどの大変な状態になってしまう可能性があります。 そうなる前に病院を受診し、専門医による診断や治療をうけることをオススメ致します。 また、大腸ポリープや大腸がん等の腸の病気が原因で便秘となっている場合もあります。 特に、急に便秘が悪化した場合や排便時に出血や血便がある場合は、便秘の期間や程度にかかわらず、必ず病院を受診し、大腸内視鏡検査を受けることを強くお勧め致します。 お悩みの方は、是非一度、ご相談ください。