内科診察・内視鏡検査随時受付中

TEL:0120-000-000 web予約はこちら
TEL:092-737-8855 web予約はこちら
なぜ、胃カメラと大腸内視鏡検査を受けた方がいいのか 詳しく見る 大腸内視鏡検査前日の食事は非常に大切です!簡便かつ詳細な食材選びの方法をお教えします


当院について
ABOUT CLINIC

がん死因の半数以上を占める食道・胃・大腸がんを早期発見・治療を行い、
「薬に頼らない生活習慣の改善」も都度アドバイスさせて頂ければと考えております。
「おなか」の不調などで日々お困りのことなども“「おなか」何でも相談室”“便通異常相談室”
設けて気軽に相談できるクリニックを目指しております。

なぜ、胃カメラと大腸内視鏡検査を受けた方がいいのか 詳しく見る 大腸内視鏡検査前日の食事は非常に大切です!簡便かつ詳細な食材選びの方法をお教えします

「がんで亡くなる人・苦しむ人を一人でも多く減らしたい」 という理念の元、
「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」を広く実践しております医療法人ハートアンドオンリーの福岡院として福岡天神に開院いたしました。
当法人の横浜院であります「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」は平成23年9月の開院以来、
一般外来や「おなか」の不調などの診療を行いながら、 内視鏡検査・治療数は10,502件(2017年9月1日~2018年8月31日)をこなしてきました。
福岡院でも横浜院同様、内視鏡検査・治療を中心に行っておりますが、「おなか」の不調のご相談や生活習慣病の改善方法のご相談など様々な分野のご相談、治療に対応しておりますので、お気軽に相談頂ければと思います。

※当院は先進的な医療機器・医療設備を有していますが、保険医療機関でありますので、医療費は全国一律・同一料金となっております

福岡天神内視鏡クリニック
紹介動画

当院の特徴である「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」を「1分」でご紹介

院内のご案内

診療時間

診療時間一覧表

〇…内科診察・内視鏡検査、手術      
●…内科診察     
ー…休診  
※日曜と祝日は休診です

診療時間一覧表

※理事長平島徹朗の診察・内視鏡検査日は第1,2,4週火曜日となっております
※院長相馬渉の診察・内視鏡検査日は第3,5週の火曜日、第1,2,4週の水曜日となっております
※医師の学会出席などでやむを得ず休診日にさせて頂くことがございます。


総院長・院長・理事長のご紹介
DIRECTOR CHAIRMAN INTRODUCTION

国立がん研究センターで習得した内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。

国立がん研究センターで習得した内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、
日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。


胃内視鏡検査
GASTROSCOPY

当院では胃内視鏡検査(胃カメラ)を精度の高い検査に徹底的にこだわり、自覚症状の出ないような微細な食道がん・胃がんを早期の段階で発見し、 内視鏡治療を行うことができれば肉体的にも精神的にも負担なくがんを治療することが可能となります。楽な胃カメラを受けることにより初めて「今後も定期的に胃カメラを受けよう」と思っていただき、食道がんや胃がんの早期発見・早期治療につながると確信しております。不安軽減の為、受付からご案内・咽頭麻酔・鎮静剤・内視鏡操作に関しましても様々な細かい工夫を凝らしておりますので、安心して胃カメラを受けていただければと思います。


大腸内視鏡検査
COLONOSCOPY

大腸がんで亡くなられる方が現在、女性で第1位、男性で第3位となっており、今後ますます増加していくことが予想されております。 その原因に、食習慣の欧米化や肥満・アルコール・喫煙など生活習慣の変化が大きく関与している可能性が高いことが分かってきております。 大腸がんは大腸ポリープから進展していくことが多く、早い段階でがん化していない状態の大腸ポリープを大腸内視鏡検査で発見し、切除することが「究極の大腸がん予防」につながると言われております。大腸内視鏡検査当日は、なるべく洗腸剤を楽に、苦痛が少なく服用できるように味と量に配慮して、必要最小限の服用で済むよう細やかな工夫をしております。


高濃度ビタミンC点滴療法

胃・大腸内視鏡検査を定期的に受けている健康意識の高い患者さん達は、次の段階として「がんの予防」や「病気の予防」を考えるようになります。高濃度ビタミンC点滴により身体の免疫力を高め、がんの発症のもとである活性酸素を除去し、
「がん予防」と「病気予防」に努めることは健康寿命を延ばす適切な方法です。
さらにビタミンC作用の一つであるコラーゲン生成作用によりお肌の美白やエイジングケア作用にも大きな効果をもたらします。
高濃度ビタミンC点滴などによる病気の予防医療に力を注いでいただくことこそが個人的にも、さらには最終的に国家の医療費削減という我々の究極の目標に対しても貢献できると確信しております。

院長と理事長が実際に
内視鏡を受けました
I RECEIVED THE ACTUAL INSPECTION

これまで内視鏡検査を受けたことがない方や、健診や人間ドックなどの内視鏡検査で苦しい思いをして検査を避けている方など、前日の食事制限から当日の洗腸剤服用の様子など、当院の「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」がどのような流れで行われているのか、
院長・理事長自らが内視鏡検査を実際に受け、解説しております。
テレビや新聞報道などで内視鏡検査を受けないといけないと思いつつ、人間ドックなどでの辛い内視鏡検査体験を知人から聞いて検査を避けている方など、実際の当院での「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」の様子を事前に動画で見ることができますので、不安な気持ちや心配が取り除かれるのではと思います。早期の食道がん・胃がん・大腸がんは自覚症状が出ることはまずありませんので、早期発見・早期治療のためにも定期的な内視鏡検査をお勧めいたします。

相馬院長


当院の「苦しさと
痛みに配慮した内視鏡検査」の特徴
CHARACTERISTIC

当院の特徴である「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」は高精度な内視鏡検査・緻密な内視鏡治療を行うために、先進的な医療技術や医療機器にも徹底的にこだわっております。
微細な病変を映し出す大画面のハイビジョンモニターや、そのモニターの位置や角度を自在に変えることができるドイツ製の天吊りモニターアームなど先進的な内視鏡検査機器を導入しております。また、感染防御対策も徹底しており、高洗浄力の内視鏡洗浄機器を導入すると共にデジタル洗浄管理システムも取り入れ、安全・安心に配慮した内視鏡洗浄・管理を行っております。


胃腸内科ドクターの何でも相談室
CONSULTATION ROOM


診療傾向データ
(医療法人ハートアンドオンリー)DATA

2011年9月に開院した医療法人ハートアンドオンリーの横浜院ですが、現在では多数の胃・大腸内視鏡検査・手術を行っております。2017年7月に開院した福岡院でも開院初月より多くの内視鏡検査・手術を行っております。 初期の段階では自覚症状が出ることはまずない食道がん・胃がん・大腸がんでありますので、早期発見・早期治療には内視鏡検査は欠かせないものとなります。

  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度

総内視鏡検査数 10,502

(2017年9月1日~2018年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,810

45%

大腸内視鏡
検査

5,692

55%

内視鏡
手術

3,743

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 7,517

(2016年9月1日~2017年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,144

55%

大腸内視鏡
検査

3,373

45%

内視鏡
手術

2,839

38%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 8,002

(2015年9月1日~2016年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,720

44%

大腸内視鏡
検査

3,282

31%

内視鏡
手術

2,665

25%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 5,119

(2014年9月1日~2015年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,815

55%

大腸内視鏡
検査

2,304

45%

内視鏡
手術

1,760

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 3,910

(2013年9月1日~2014年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,190

39%

大腸内視鏡
検査

1,720

30%

内視鏡
手術

1,760

31%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 2,287

(2012年9月1日~2013年8月31日)

胃内視鏡
検査

1,054

36%

大腸内視鏡
検査

1,233

42%

内視鏡
手術

618

21%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 2,287

(2011年9月1日~2012年8月31日)

胃内視鏡
検査

1,054

46%

大腸内視鏡
検査

1,233

54%

内視鏡
手術

618

27%

診療傾向データを見る

クリニックまでのアクセス

当院は九州の交通・経済の中心地であります福岡天神地区に位置し、西鉄天神駅や地下鉄天神駅・天神南駅より徒歩圏内にあり、交通の利便性の良い立地となっております。
西鉄・地下鉄・バス・タクシーなど、どの交通機関を利用して頂いてもアクセスの良い場所に位置しておりますので、
下記の各交通機関を選んでいただきますと道案内をご覧いただけます。
グーグルマップの「ルート案内」機能を使ってのアクセスにも対応しておりますので、初めての受診の方にも安心してご来院いただけると思われます。
「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

住所 : 〒810-0001   
福岡県福岡市中央区天神2-4-11
パシフィーク天神4F


  • 「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

地図を移動させるには指2本で操作します

  • 西鉄福岡天神駅
    からのアクセス

  • 地下鉄空港線
    天神駅からの
    アクセス

  • 地下鉄七隈線
    南天神駅
    からのアクセス

  • 西鉄バス
    からのアクセス

  • 高速バス
    からのアクセス

  • JR博多駅
    からのアクセス

    • 電車

  • 福岡空港
    からのアクセス

    • 電車

  • たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 現役医師、平島徹朗がライザップに挑戦!!
  • たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 現役医師、相馬渉がライザップに挑戦!!
  • 内視鏡医トライアスロンへの道

新着情報

  • 2019.08.23

    NEW

    9月の診療及び休診日のおしらせ

    9月の診療及び休診日についてお知らせします。

    理事長の診療日は9月10日(火)・9月24日(火)となります。

    相馬院長の休診日は9月4日(水)・9月10日(火)・9月18日(水)・9月24日(火)です。

    なお、日曜日と祝日は休診とさせて頂いております。

    皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 2019.07.27

    8月の診療及び休診日のお知らせ

    8月の診療及び休診日についてお知らせします。

    理事長の診療日は8月6日(火)・8月27日(火)、相馬院長は診察を行っておりませんのでご注意ください。

    8月8日(木)は17時までの診療となります。

    なお、日曜日と祝日、8月9日~8月15日は長期休暇の為休診とさせて頂いております。

    また、8月21日(水)はビル休館日の為休診とさせて頂きます。

    皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

     

  • 2019.06.20

    7月の診療及び休診日のお知らせ

    月の診療及び休診日についてお知らせ致します。
    平島理事長の診療日は7月2日(火)・7月9日(火)・7月23(火)となります。
    相馬院長の休診日は7月3日(水)・7月10日(水)・7月17日(水)・7月23日(火)・7月31日(水)です。。
    なお、日曜日と祝日は休診とさせて頂きます。
    皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

福岡天神内視鏡クリニックブログ

  • 19.08.23

    NEW

    マンモス展

    こんにちは。 スタッフのSARUです。 昨日高校野球も終わり、夏の終わりを感じます。一生懸命プレーする姿にたくさんの感動をいただきました! 高校球児の皆様、お疲れ様でした。 さて、先日の夏期休暇に東京・横浜に行ってきました。 ふらっと行ったお台場で「マンモス展」が開催されていたので見に行きました。 日本初公開はもちろん、世界初公開のものもあり、とても見ごたえがありました。 撮影も可能だったので少しだけ、、、   ↑ 32,700年前 ケナガマンモスの鼻   ↑ 手前→41,000~42,000年前 仔ウマ「フジ」 奥→31,150年前 ケナガマンモスの皮膚   31,150年前のマンモスの毛に触れるコーナーもあり、子供から大人まで楽しめる展示でした。 11月4日まで開催されているので、機会があれば皆様の目で見てください(*^^*)   只今クリニックでは開院2周年記念特別企画をおこなっております。 胃がん、大腸がんは「早期発見」が何よりも重要です。 この機会に皆様の健康管理にお役立ていただければ幸いです。ぜひご利用ください。 https://www.fukuoka-tenjin-naishikyo.com/campaign/

  • 19.08.23

    NEW

    PayPayが使用可能になりました。

    おはようございます。総院長の秋山です。 本日より、当クリニックもPayPayでの支払いが可能になりました。 PayPay利用者数は、福岡県は全国第3位とのことです。PayPayはソフトバンクとヤフーが設立していますので、福岡県はソフトバンクホークスの影響がかなりあるのではないかと思います。ヤフオクドームでは生ビールをPayPayで購入すると、生ビール半額で購入できますからね。 当クリニックはその他各種クレジットカード払い、交通系カード払いも可能ですのでぜひご利用ください。 それでは本日もクリニックでお待ちしています。

  • 19.08.21

    NEW

    なぜお腹がなるのか

    こんにちは、院長の相馬です。 「お腹がグルグル鳴るので、どうにかしたい」という方がいます。 なぜお腹が鳴るのかを知っていると、お腹が鳴ることを改善することができると思います。 お腹の音の原因は、「空気」です。 胃は広がったり縮んだりする蠕動運動をしています。 だんだんと空気が胃の出口の方へ押しつぶされていきます。 胃の出口にたまった空気が一気に小腸に出ていきます。 そのときに押し出された空気が、音になって聞こえるのです。 こうして見るとお腹がなるのが胃腸が正常に動いている証拠なります。 でも、この音が過剰に鳴ったり周りの人に聞こえてしまうのではないかと心配する人もいます。 胃の中に食べ物がないとお腹が鳴ることが多いので、以下のような対策をするとよいと思います。 〇1日3食、ゆっくり食べる。 胃の中に食べ物がない時間が多いとお腹が鳴るし、急いで食べると空気を飲み込んでしまいます。 〇炭酸飲料を飲みすぎない。 炭酸が胃の中にたまりやすくなります。 〇背筋を伸ばして姿勢を良くする。 姿勢が悪いと、お腹の筋肉が胃を押して空気が出やすくなります。 薬としては上のようなガスを小さくして体内に吸収されやすくなったり、おならとして出しやすくものもあります。 ですがこの薬は、根本的に解決するものではないので、日ごろの食生活を習慣づけることがよいと思います。