内科診察・内視鏡検査随時受付中

tel:0927378855_new env web予約はこちら
tel:0927378855 web予約はこちら
同日内視鏡ドック 消化器専門外来 コロナウイルス感染予防対策 WEB問診票
胃内視鏡検査 大腸内視鏡検査
ご予約こちら クリニックブログ


当院について
ABOUT CLINIC

がん死因の半数以上を占める食道・胃・大腸がんを早期発見・治療を行い、
「薬に頼らない生活習慣の改善」も都度アドバイスさせて頂ければと考えております。
「おなか」の不調などで日々お困りのことなども“「おなか」何でも相談室”“便通異常相談室”
設けて気軽に相談できるクリニックを目指しております。

「がんで亡くなる人・苦しむ人を一人でも多く減らしたい」 という理念の元、
「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」を広く実践しております医療法人ハートアンドオンリーの福岡院として福岡天神に開院いたしました。
当法人の横浜院であります「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」は平成23年9月の開院以来、
一般外来や「おなか」の不調などの診療を行いながら、 内視鏡検査・治療数は10,502件(2017年9月1日~2018年8月31日)をこなしてきました。
福岡院でも横浜院同様、内視鏡検査・治療を中心に行っておりますが、「おなか」の不調のご相談や生活習慣病の改善方法のご相談など様々な分野のご相談、治療に対応しておりますので、お気軽に相談頂ければと思います。

※当院は先進的な医療機器・医療設備を有していますが、保険医療機関でありますので、医療費は全国一律・同一料金となっております

福岡天神内視鏡クリニック
紹介動画

当院の特徴である「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」を「1分」でご紹介

院内のご案内

診療時間

診療時間一覧表

◎…診療・内視鏡検査・手術      
〇…内科診察・内視鏡検査、手術      
●…内科診察     
ー…休診  
※日曜と祝日は休診です

診療時間一覧表

※平島徹朗医師の診察・内視鏡検査日は第2,4週火曜日となっております
※医師の学会出席などでやむを得ず休診日にさせて頂くことがございます。


医師のご紹介
DIRECTOR CHAIRMAN INTRODUCTION

国立がん研究センターで習得した内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。

国立がん研究センターで習得した内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、
日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。


胃内視鏡検査
GASTROSCOPY

当院では胃内視鏡検査(胃カメラ)を精度の高い検査に徹底的にこだわり、自覚症状の出ないような微細な食道がん・胃がんを早期の段階で発見し、 内視鏡治療を行うことができれば肉体的にも精神的にも負担なくがんを治療することが可能となります。楽な胃カメラを受けることにより初めて「今後も定期的に胃カメラを受けよう」と思っていただき、食道がんや胃がんの早期発見・早期治療につながると確信しております。不安軽減の為、受付からご案内・咽頭麻酔・鎮静剤・内視鏡操作に関しましても様々な細かい工夫を凝らしておりますので、安心して胃カメラを受けていただければと思います。


大腸内視鏡検査
COLONOSCOPY

大腸がんで亡くなられる方が現在、女性で第1位、男性で第3位となっており、今後ますます増加していくことが予想されております。 その原因に、食習慣の欧米化や肥満・アルコール・喫煙など生活習慣の変化が大きく関与している可能性が高いことが分かってきております。 大腸がんは大腸ポリープから進展していくことが多く、早い段階でがん化していない状態の大腸ポリープを大腸内視鏡検査で発見し、切除することが「究極の大腸がん予防」につながると言われております。大腸内視鏡検査当日は、なるべく洗腸剤を楽に、苦痛が少なく服用できるように味と量に配慮して、必要最小限の服用で済むよう細やかな工夫をしております。


一般診療
GENERAL PRACTICE

「胸焼け」、「胃が痛い」、「お腹が張る」などのお腹の症状で困っている方
「便秘」、「下痢」、「血便・下血」などの便通異常がある方
「胃レントゲン検査異常」、「ピロリ菌陽性」、「便潜血陽性」などの検診異常を指摘された方
お腹の症状、便通異常や検診異常をそのままにしていませんか?お腹に関することは専門的な診察と検査及び治療ができる当院をご受診ください。


高濃度ビタミンC点滴療法

胃・大腸内視鏡検査を定期的に受けている健康意識の高い患者さん達は、次の段階として「がんの予防」や「病気の予防」を考えるようになります。高濃度ビタミンC点滴により身体の免疫力を高め、がんの発症のもとである活性酸素を除去し、
「がん予防」と「病気予防」に努めることは健康寿命を延ばす適切な方法です。
さらにビタミンC作用の一つであるコラーゲン生成作用によりお肌の美白やエイジングケア作用にも大きな効果をもたらします。
高濃度ビタミンC点滴などによる病気の予防医療に力を注いでいただくことこそが個人的にも、さらには最終的に国家の医療費削減という我々の究極の目標に対しても貢献できると確信しております。

秋山医師と平島医師が実際に
内視鏡を受けました
I RECEIVED THE ACTUAL INSPECTION

これまで内視鏡検査を受けたことがない方や、健診や人間ドックなどの内視鏡検査で苦しい思いをして検査を避けている方など、前日の食事制限から当日の洗腸剤服用の様子など、当院の「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」がどのような流れで行われているのか、
秋山医師と平島医師自らが内視鏡検査を実際に受け、解説しております。
テレビや新聞報道などで内視鏡検査を受けないといけないと思いつつ、人間ドックなどでの辛い内視鏡検査体験を知人から聞いて検査を避けている方など、実際の当院での「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」の様子を事前に動画で見ることができますので、不安な気持ちや心配が取り除かれるのではと思います。早期の食道がん・胃がん・大腸がんは自覚症状が出ることはまずありませんので、早期発見・早期治療のためにも定期的な内視鏡検査をお勧めいたします。


当院の「苦しさと
痛みに配慮した内視鏡検査」の特徴
CHARACTERISTIC

当院の特徴である「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」は高精度な内視鏡検査・緻密な内視鏡治療を行うために、先進的な医療技術や医療機器にも徹底的にこだわっております。
微細な病変を映し出す大画面のハイビジョンモニターや、そのモニターの位置や角度を自在に変えることができるドイツ製の天吊りモニターアームなど先進的な内視鏡検査機器を導入しております。また、感染防御対策も徹底しており、高洗浄力の内視鏡洗浄機器を導入すると共にデジタル洗浄管理システムも取り入れ、安全・安心に配慮した内視鏡洗浄・管理を行っております。


胃腸内科ドクターの何でも相談室
CONSULTATION ROOM


診療傾向データ
(医療法人ハートアンドオンリー)DATA

2011年9月に開院した医療法人ハートアンドオンリーの横浜院ですが、現在では多数の胃・大腸内視鏡検査・手術を行っております。2017年7月に開院した福岡院でも開院初月より多くの内視鏡検査・手術を行っております。 初期の段階では自覚症状が出ることはまずない食道がん・胃がん・大腸がんでありますので、早期発見・早期治療には内視鏡検査は欠かせないものとなります。

  • 2021年度
  • 2020年度
  • 2019年度
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度

総内視鏡検査数 12,087

(2020.9.1~)

胃内視鏡
検査

8,180

67%

大腸内視鏡
検査

8,029

66%

内視鏡
手術

7,533

94%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 7,629

(2019年9月1日から2020年8月31日)

胃内視鏡
検査

5,833

76%

大腸内視鏡
検査

3,564

34%

内視鏡
手術

5,083

141%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 8,017

(2018年9月1日~2019年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,817

50%

大腸内視鏡
検査

4,789

50%

内視鏡
手術

4,325

90%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 10,502

(2017年9月1日~2018年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,810

45%

大腸内視鏡
検査

5,692

55%

内視鏡
手術

3,743

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 7,396

(2016年9月1日~2017年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,077

55%

大腸内視鏡
検査

3,319

45%

内視鏡
手術

2,809

38%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 8,002

(2015年9月1日~2016年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,720

44%

大腸内視鏡
検査

3,282

31%

内視鏡
手術

2,665

25%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 5,099

(2014年9月1日~2015年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,815

55%

大腸内視鏡
検査

2,284

45%

内視鏡
手術

1,760

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 3,910

(2013年9月1日~2014年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,190

39%

大腸内視鏡
検査

1,720

30%

内視鏡
手術

1,760

31%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 3,734

(2012年9月1日~2013年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,115

57%

大腸内視鏡
検査

1,619

43%

内視鏡
手術

790

49%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 2,287

(2011年9月1日~2012年8月31日)

胃内視鏡
検査

1,054

46%

大腸内視鏡
検査

1,233

54%

内視鏡
手術

618

27%

診療傾向データを見る

クリニックまでのアクセス

当院は九州の交通・経済の中心地であります福岡天神地区に位置し、西鉄天神駅や地下鉄天神駅・天神南駅より徒歩圏内にあり、交通の利便性の良い立地となっております。
西鉄・地下鉄・バス・タクシーなど、どの交通機関を利用して頂いてもアクセスの良い場所に位置しておりますので、
下記の各交通機関を選んでいただきますと道案内をご覧いただけます。
グーグルマップの「ルート案内」機能を使ってのアクセスにも対応しておりますので、初めての受診の方にも安心してご来院いただけると思われます。
「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

住所 : 〒810-0001   
福岡県福岡市中央区天神2-4-11
パシフィーク天神4F


  • 「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

地図を移動させるには指2本で操作します

  • 西鉄福岡天神駅
    からのアクセス

  • 地下鉄空港線
    天神駅からの
    アクセス

  • 地下鉄七隈線
    南天神駅
    からのアクセス

  • 西鉄バス
    からのアクセス

  • 高速バス
    からのアクセス

  • JR博多駅
    からのアクセス

    • 電車

  • 福岡空港
    からのアクセス

    • 電車

  • たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 現役医師、平島徹朗がライザップに挑戦!!
  • 内視鏡医トライアスロンへの道

新着情報

  • 2022.04.21

    5月の診療及び休診日のお知らせ

    5月の診療及び休診日についてお知らせします。

    平島医師の診療日は5月10日(火)・5月24日(火)となります。

    細川医師の休診日は5月10日(火)・5月24日(火)です。

    なお、日曜日と祝日は休診とさせていただきます。

    皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 2022.03.22

    4月の診療及び休診日のお知らせ

    4月の診療及び休診日についてお知らせします。

    平島医師の診療日は4月12日(火)・4月26日(火)となります。

    秋山医師の休診日は4月15日(金)・4月16日(土)・4月18日(月)です。

    細川医師の休診日は4月12日(火)・4月26日(火)です。

    なお、日曜日と祝日、4月29日(金)~5月5日(木)まで長期休暇の為、休診とさせて頂きます。

    皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 2022.01.20

    3月の診療及び休診日のお知らせ

    3月の診療及び休診日についてお知らせします。

    平島医師の診療日は3月8日(火)・3月15日(火)となります。

    細川医師の休診日は3月8日(火)・3月15日(火)です。

    なお、日曜日と祝日は休診とさせて頂いております。

    皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

福岡天神内視鏡クリニックブログ

  • 22.05.23

    NEW

    便秘についての知識のおさらいです。

    おはようございます。医師の秋山です。 先日、製薬会社の方と話をしたのですが、コロナ禍前と比べ、市販の漢方薬で販売数が伸びているのが、抗不安薬と便秘薬だそうです。 確かに、昨今のコロナ禍の影響により、便秘で受診される患者さんが増えています。 そこで今回、便秘について改めて知識の再確認をしたいと思います。 2017年10月に、日本消化器病学会から、「慢性便秘症診療ガイドライン」が発表されました。これにより、今まであやふやだった便秘症の診断基準が、日本で初めて発表されました。 まず、便秘症ですが 「本来、体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」と定義されました。 そして便秘症の診断基準ですが ①強く生きむ必要がある ②兎糞、硬便の硬い便である ③残便感がある ④排便回数が週に3回未満である ⑤肛門の閉塞感や排便困難感がある これらのうち、2項目以上を満たした場合を「便秘症」と診断することになりました。 さらに、「6ヶ月以上前から症状があり、最近3ヶ月間は便秘症の基準を満たしている」場合を「慢性便秘症」と定義されています。 いかがでしょうか。2項目以上満たしている方って結構多いのではないかと思います。 最近の知見ですが、便秘を放置していると、高血圧、脳卒中、腎臓病など、生命予後に関わるような病気との関連が示唆されておりますので注意が必要です。 便秘の原因として一番怖いのは大腸がんです。長年便秘だからと放置するのではなく、一度便秘の原因を調べた方が良いと思います。 以上、便秘の知識についてのおさらいでした。 お気に入りのスタバのテラス席でティータイムです。 スカしてストロベリーフラペチーノを少しだけいただきました。 それでは今週も頑張りましょう。クリニックでお待ちしております。

  • 22.05.20

    NEW

    穏やかな休日

    こんにちは! スタッフの「にっしー」です。   ゴールデンウィークも終わり、やっと日常のリズムに慣れてきた今日この頃。 梅雨入りを前にして、今週は雨も降らず比較的過ごしやすい天気が続いていますね。   先日、福岡アジア美術館で開催中の「アニメージュとジブリ展」へ行って来ました。   10代の頃によく買って見ていた雑誌、アニメージュ❗️ 入り口から懐かしい表紙の数々に見入ってしまいました。 ほぼ何のアニメが分かる私って。。。(笑)と、思いつつ昔を思い出しながら、じっくりと鑑賞してきました。 貴重な資料やセル画などの展示物も多く撮影可のエリアもあったりと、見応えたっぷりでとても楽しめましたよ😊 久しぶりにゆったりとした気持ちで穏やかな休日を過ごせたように思います。   と言うのも。。。   この度、消化器内視鏡技師試験に無事に「合格」することが出来ました❗️ 合否通知書が届くまで不安な日々を過ごしておりましたが、やっと一安心できました。   2020年3月の技師学術試験が新型コロナウイルスの影響で延期を繰り返し、2020年度、2021年度(第39回・第40回)の合同開催で今年4月に受験することが出来ました。 消化器内視鏡技師とは、日本消化器内視鏡学会の認定資格で、医学基礎知識と内視鏡の専門知識と技術を備え消化器内視鏡業務に従事します。   これからは現在の知識、技術をさらに高められるよう専門知識に磨きをかけて、ご来院される皆様に安心して安全に検査が受けれるよう努めてまいります。   では、また👋

  • 22.05.18

    NEW

    ピロリ菌を考察する その12 胃炎内視鏡所見⑥ 鳥肌胃炎について

    おはようございます。医師の細川です。   前回、ピロリ菌感染胃炎の中でもこの内視鏡所見があると、ピロリ菌の現感染(現在も胃にピロリ菌感染が継続している状態)があると考えられる「粘膜腫脹・皺襞腫大」についてお話ししました。   今回は、前回同様にピロリ菌の現感染があると考えられる鳥肌胃炎についてお話ししたいと思います。   胃カメラ検査を行った際に、腕の皮膚に見られる鳥肌の様に胃粘膜に均一なつぶつぶした顆粒状の隆起が密集して認められることがあります。この密集した隆起が鳥肌胃炎です。 特に胃の出口付近である幽門前庭部から胃角部にかけて認められることが多い胃炎です。 内視鏡検査時にインジゴカルミンという青い色素を胃粘膜に散布して観察すると粘膜の凹凸が更に目立つようになり視認し易くなります。   ヘリコバクター・ピロリ菌に感染すると、通常は、ピロリ菌が産生する病原性タンパク質により胃粘膜に持続的な炎症が引き起こされます。この炎症が継続し、慢性活動性胃炎の状態になると徐々に胃粘膜が薄くなっていく胃の老化(胃粘膜の萎縮)が進行するという経過をとります。   しかし、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染によりこのような慢性活動性胃炎の経過をとらず、胃粘膜の萎縮が起こる前にピロリ菌感染により過剰なリンパ組織の免疫応答を引き起こす経過をとることがあります。 この経過で過剰なリンパ組織の免疫応答によりリンパ濾胞が増生すると、胃の出口付近に鳥肌の様な胃粘膜のつぶつぶした顆粒状の隆起が形成され、鳥肌胃炎として観察されます。 鳥肌胃炎は、ピロリ菌の初感染後に見られる過剰なリンパ組織の免疫応答が原因のため、若い人に見られやすい胃炎です。 鳥肌胃炎があると通常のヘリコバクター・ピロリ菌感染による慢性胃炎よりも胃がんのリスクが60倍以上も高くなると言われています。特に悪性度が高く、正常な胃粘膜の下に浸潤して拡がりやすい未分化型胃がん(いわゆるスキルス型胃がん)の発生母地になりやすいと考えられています。   鳥肌胃炎を認めた場合は、胃がんがある可能性が高いため、胃内をしっかりと内視鏡で観察する必要があります。特に早期の未分化型胃がんは見つけづらいことも多く、注意が必要です。 鳥肌胃炎(通常光観察) 鳥肌胃炎(インジゴカルミン特殊染色観察)   鳥肌胃炎の原因は、ヘリコバクター・ピロリ菌感染であるため、ピロリ菌の除菌で治療が可能です。 除菌治療が成功すると、鳥肌様の粘膜の凹凸は徐々に目立たなくなっていき、胃がん発生のリスクは低下しますが、ゼロにはならないため1年に1回の定期的な胃カメラ検査を受ける事が絶対に必要です。   これらの胃炎の京都分類で定義されている胃炎の内視鏡所見は、ピロリ菌感染の有無・胃がんリスクを評価する上で、非常に重要な所見です。 私たち消化器内視鏡専門医は、これらの所見を一つずつ丁寧に拾い上げていくことで、患者様一人一人のピロリ菌感染の状態や胃がんリスクを評価し、胃がんの早期発見・早期治療を目指しています。   専門的な難しいお話しですが、私たち消化器内視鏡専門医が、普段どういったところに気をつけながら、検査をしているのかということが少しでも伝われば幸いです。 これらの所見を見落とすこと無く、しっかりと拾い上げて胃カメラ検査時に患者様一人一人のピロリ菌感染診断、ひいては将来の胃がんの発生リスクを推測し、必要な内視鏡検査のフォローアップのタイミングを提案していきます。ご不明な点がありましたら、是非一度、ご相談ください。   私たちは、日々、胃がんで亡くなる人を一人でも減らしたいという想いで日々、頑張っています。 ご家族にピロリ菌感染していた人がいる、胃がんにかかった人がいる、胃の不快な症状があるなどがある場合は、若くても一度は胃カメラ検査を受けましょう。