内科診察・内視鏡検査随時受付中

TEL:0120-000-000 web予約はこちら
TEL:092-737-8855 web予約はこちら


当院について
ABOUT CLINIC

がん死因の半数以上を占める食道・胃・大腸がんを早期発見・治療を行い、
「薬に頼らない生活習慣の改善」も都度アドバイスさせて頂ければと考えております。
「おなか」の不調などで日々お困りのことなども“「おなか」何でも相談外来”“便通異常外来”
設けて気軽に相談できるクリニックを目指しております。

「がんで亡くなる人・苦しむ人を一人でも多く減らしたい」 という理念の元、
「苦しくない無痛内視鏡検査」を広く実践しております医療法人ハートアンドオンリーの福岡院として福岡天神に開院いたしました。
当法人の横浜院であります「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」は平成23年9月の開院以来、
一般外来や「おなか」の不調などの診療を行いながら、 内視鏡検査・治療数は年間約8000件と一般的な総合病院や大学病院をもしのぎ、
クリニックとしては全国トップレベルの検査・治療数を誇っております。
福岡院でも横浜院同様、内視鏡検査・治療を中心に行っておりますが、「おなか」の不調のご相談や生活習慣病の改善方法のご相談など様々な分野のご相談、治療に対応しておりますので、お気軽に相談頂ければと思います。

※当院は最新の医療機器、最先端の医療設備を有していますが、保険医療機関でありますので、医療費は全国一律・同一料金となっております

福岡天神内視鏡クリニック
紹介動画

当院の特徴である「苦しくない無痛内視鏡
検査」を「1分」でご紹介

院内のご案内

診療時間

診療時間一覧表

〇…内科診察・内視鏡検査、手術      
●…内科診察     
ー…休診  
※日曜と祝日は休診です

診療時間一覧表

※理事長平島徹朗の診察・内視鏡検査日は第1,2,4週火曜日となっております


院長・理事長のご紹介
DIRECTOR CHAIRMAN INTRODUCTION

国立がん研究センターで習得した世界最先端の内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。

国立がん研究センターで習得した世界最先端の内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、
日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。


胃内視鏡検査
GASTROSCOPY

当院では胃内視鏡検査(胃カメラ)を精度の高い検査に徹底的にこだわり、自覚症状の出ないような微細な食道がん・胃がんを早期の段階で発見し、 内視鏡治療を行うことができれば肉体的にも精神的にも負担なくがんを完治することが可能となります。楽な胃カメラを受けることにより初めて「今後も定期的に胃カメラを受けよう」と思っていただき、食道がんや胃がんの早期発見・早期治療につながると確信しております。不安軽減の為、受付からご案内・咽頭麻酔・鎮静剤・内視鏡操作に関しましても様々な細かい工夫を凝らしておりますので、安心して胃カメラを受けていただければと思います。


大腸内視鏡検査
COLONOSCOPY

大腸がんで亡くなられる方が現在、女性で第1位、男性で第3位となっており、今後ますます増加していくことが予想されております。 その原因に、食習慣の欧米化や肥満・アルコール・喫煙など生活習慣の変化が大きく関与している可能性が高いことが分かってきております。 大腸がんは大腸ポリープから進展していくことが多く、早い段階でがん化していない状態の大腸ポリープを大腸内視鏡検査で発見し、切除することが「究極の大腸がん予防」につながると言われております。大腸内視鏡検査当日は、なるべく洗腸剤を楽に、苦痛なく服用できるように味と量に配慮して、必要最小限の服用で済むよう細やかな工夫をしております。


高濃度ビタミンC点滴療法

胃・大腸内視鏡検査を定期的に受けている健康意識の高い患者さん達は、次の段階として「がんの予防」や「病気の予防」を考えるようになります。高濃度ビタミンC点滴により身体の免疫力を高め、がんの発症のもとである活性酸素を除去し、
「がん予防」と「病気予防」に努めることこそが健康寿命を延ばす最適で最善の方法です。
さらにビタミンC作用の一つであるコラーゲン生成作用によりお肌の美白やアンチエイジング作用にも大きな効果をもたらします。
高濃度ビタミンC点滴などによる病気の予防医療に力を注いでいただくことこそが個人的にも、さらには最終的に国家の医療費削減という我々の究極の目標に対しても貢献できると確信しております。

院長と理事長が実際に
内視鏡を受けました
I RECEIVED THE ACTUAL INSPECTION

これまで内視鏡検査を受けたことがない方や、健診や人間ドックなどの内視鏡検査で苦しい思いをして検査を避けている方など、前日の食事制限から当日の洗腸剤服用の様子など、当院の「苦しくない無痛内視鏡検査」がどのような流れで行われているのか、
院長・理事長自らが内視鏡検査を実際に受け、解説しております。
テレビや新聞報道などで内視鏡検査を受けないといけないと思いつつ、人間ドックなどでの辛い内視鏡検査体験を知人から聞いて検査を避けている方など、実際の当院での「苦しくない無痛内視鏡検査」の様子を事前に動画で見ることができますので、不安な気持ちや心配が取り除かれるのではと思います。早期の食道がん・胃がん・大腸がんは自覚症状が出ることはまずありませんので、早期発見・早期治療のためにも定期的な内視鏡検査をお勧めいたします。

相馬院長


当院の「苦しくない
無痛内視鏡検査」の特徴
CHARACTERISTIC

当院の特徴である「苦しくない無痛内視鏡検査」は高精度な内視鏡検査・緻密な内視鏡治療を行うために、最新鋭の医療技術や医療機器にも徹底的にこだわっております。
微細な病変を映し出す大画面のハイビジョンモニターや、そのモニターの位置や角度を自在に変えることができるドイツ製の天吊りモニターアームなど最新鋭の内視鏡検査機器を導入しております。また、感染防御対策も徹底しており、高洗浄力の内視鏡洗浄機器を他院に先駆けていち早く導入すると共にデジタル洗浄管理システムも取り入れ、安全・安心の内視鏡洗浄・管理を行っております。


胃腸内科医の何でも相談室
CONSULTATION ROOM


患者様からの高い満足度
LEVEL OF SATISFACTION

当法人の横浜院である「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」にて内視鏡検査を受けられた患者さんに以前よりアンケートを定期的に行っており、95%以上の患者さんから「内視鏡検査がとても楽で感動した」との感想をいただき、ご家族や知人などがその方の紹介で受診されるという患者さんが当クリニック受診者の大部分を占めるようになっております。

満足度97.6%
患者様アンケート一覧へ
満足度97.6%


診療傾向データ
(医療法人ハートアンドオンリー)DATA

2011年9月に開院した医療法人ハートアンドオンリーの横浜院ですが、現在では大学病院や総合病院に匹敵する検査数の胃・大腸内視鏡検査・手術を行っております。2017年7月に開院した福岡院でも開院初月より多くの内視鏡検査・手術を行っております。 初期の段階では自覚症状が出ることはまずない食道がん・胃がん・大腸がんでありますので、早期発見・早期治療には内視鏡検査は欠かせないものとなります。

  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度

総内視鏡検査数 10,502

(2017年9月1日~2018年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,810

45%

大腸内視鏡
検査

5,692

55%

内視鏡
手術

3,743

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 7,517

(2016年9月1日~2017年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,144

55%

大腸内視鏡
検査

3,373

45%

内視鏡
手術

2,839

38%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 8,002

(2015年9月1日~2016年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,720

44%

大腸内視鏡
検査

3,282

31%

内視鏡
手術

2,665

25%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 5,119

(2014年9月1日~2015年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,815

55%

大腸内視鏡
検査

2,304

45%

内視鏡
手術

1,760

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 3,910

(2013年9月1日~2014年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,190

39%

大腸内視鏡
検査

1,720

30%

内視鏡
手術

1,760

31%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 2,287

(2012年9月1日~2013年8月31日)

胃内視鏡
検査

1,054

36%

大腸内視鏡
検査

1,233

42%

内視鏡
手術

618

21%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 2,287

(2011年9月1日~2012年8月31日)

胃内視鏡
検査

1,054

46%

大腸内視鏡
検査

1,233

54%

内視鏡
手術

618

27%

診療傾向データを見る

クリニックまでのアクセス

当院は九州の交通・経済の中心地であります福岡天神地区に位置し、西鉄天神駅や地下鉄天神駅・天神南駅より徒歩圏内にあり、交通の利便性の良い立地となっております。
西鉄・地下鉄・バス・タクシーなど、どの交通機関を利用して頂いてもアクセスの良い場所に位置しておりますので、
下記の各交通機関を選んでいただきますと道案内をご覧いただけます。
グーグルマップの「ルート案内」機能を使ってのアクセスにも対応しておりますので、初めての受診の方にも安心してご来院いただけると思われます。
「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

住所 : 〒810-0001   
福岡県福岡市中央区天神2-4-11
パシフィーク天神4F


  • 「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

地図を移動させるには指2本で操作します

  • 西鉄福岡天神駅
    からのアクセス

  • 地下鉄空港線
    天神駅からの
    アクセス

  • 地下鉄七隈線
    南天神駅
    からのアクセス

  • 西鉄バス
    からのアクセス

  • 高速バス
    からのアクセス

  • JR博多駅
    からのアクセス

    • 電車

  • 福岡空港
    からのアクセス

    • 電車

  • たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 現役医師、平島徹朗がライザップに挑戦!!
  • たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 現役医師、相馬渉がライザップに挑戦!!
  • 内視鏡医トライアスロンへの道

新着情報

  • 2019.02.10

    「NHKあさイチ」でたまプラーザ南口胃腸内科クリニックが紹介されます!

    番組名:NHK総合テレビ「あさイチ」

     

    ◆放送日時:2019年2月12日(火曜日)午前8時15分~9時54分
    ※放送日、時間は変更になることがございます。

    ◆内容:「クイズとくもり ~病院のイタイ&ツライを攻略するスゴ技~」

     

     

    最近、健康診断に行きましたか?

     

    ある調査では「30~50代女性の約2割は、5年以上病院の検査を受けていない」という結果も。

    今回ご紹介するのは、病院に行ったときにぜひ使ってほしい“イタイ&ツライ”を解消するスゴ技!

     

    血管が細くて、注射を何度もやり直しされるのがツライ・・・。

    胸を挟むマンモグラフィがイタすぎる・・・。

    とにかく胃カメラがツライ・・・。

     

    これらのお悩みを一挙に攻略します。

    どうやって攻略するのか、どれほど効果があるのかは見てのお楽しみ!

    番組を見て、「そろそろ検査を受けに行こうかな」と少しでも思っていただければ幸いです。

     

     

     

    【オンエアではここをチェック! 苦しくない無痛内視鏡検査】
    たまプラーザ南口胃腸内科クリニックでは、鎮静剤を使用した無痛内視鏡検査を取り入れています。
    一人ひとりにあった量の軽い鎮静剤を調合し、検査前に注射を行います。実際はウトウトするぐらいの軽い鎮静剤の量ですが、熟練した内視鏡技術と丁寧な内視鏡操作で、ほとんどの方が検査中の事をあまり覚えていないか、なんとなくの記憶がある程度だったとおっしゃります。検査後に声を掛けると、「もう検査終わったの?」「今から検査?」「こんな苦しくない検査は初めてです」という声を耳にします。「ゲーゲーなるような苦しい内視鏡検査は検査ではない」のポリシーのもと多くの工夫を施しながら「楽で、苦痛のない内視鏡検査」に徹底的にこだわっております。

     

     

    オンエアでは平島院長が出演しております。ぜひご覧ください!

     

    あさイチHPはこちら

     

    福岡天神内視鏡クリニック トップページへ

  • 2019.01.23

    2月の診療及び休診日のおしらせ

    2月の診療及び休診日についてお知らせします。

    理事長の診療日は2月5日(火)・2月19日(火)・2月26日(火)となります。

    秋山医師の診療日は2月2日(土)・2月9日(土)・2月16日(土)・2月23日(土)となります。

    2月20日(水)はビルメンテナンスの為、休診とさせて頂きます。

    なお、日曜日と祝日は休診とさせて頂いております。

    皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 2019.01.23

    臨時休診のお知らせ

    1月26日(土)は、臨時休診とさせていただきます。

    皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

福岡天神内視鏡クリニックブログ

  • 19.02.23

    院長ブログ

    NEW

    自分を信じぬくこと ~受験生へ最後のメッセージ

    おはようございます。院長の相馬です。 受験シーズンもいよいよ終盤です。 国公立2次試験を残すのみとなりました。 私は、国公立試験を3年間、通算4回受験しました。 本当は6回受けたかったのですが、2回は足切りで2次試験を受けられませんでした。 「足切り」とはセンター試験の点数が足りず、2次試験に進めないことを言います。 最後の1回でなぜか合格でき、今に至ります。 合格できた理由は、ただ「運がよかったから」です。 最後に受けた2次試験の問題の大半が、信じられないことにこれまで受けて落ちてきた試験問題ととほぼ同一の文章だったのです。 でも3年間も受験していつまでも諦めが悪く、最後まで頑張ったことが運を引き寄せたのかもしれないなと思っています。 遠回りしたようにも思いますが、「試験は最後に勝つことができたならば、それはつらかった思い出ではなく、全てが報われる想い出に変わる」と思いました。 最後に、私の尊敬する本田圭佑選手の数々のことばをお借りしたいと思います。 「俺の人生は挫折の連続なのです。 でもそこから這い上がろうとして、 未知の世界を知ることでもある。」 「挫折は過程、 最後に成功すれば挫折は過程に変わる だから成功するまで諦めないだけ」 受験生の皆さん、お父さん・お母さん、春はもうそこまで来ています。 ツラくて逃げ出したくなるときこそ、どうか「自分を信じること」を忘れないでいてください。

  • 19.02.22

    スタッフ

    NEW

    福岡cafe☕

    こんにちは。 スタッフの「ラプンチェル」です☆   2月も残すところ1週間となり、だんだん過ごしやすい時期になりましたがいかがお過ごしですか(^^♪   私は休日、特に予定がない日はカフェに行くことが多いです。 福岡にはお洒落なカフェがたくさんあります(^▽^)/ 私が出かける前にチェックするのは「Instagram」です。 #福岡cafe #福岡カフェ巡り #福岡カフェ部 #天神カフェ #大名カフェ #薬院カフェ  などハッシュタグで検索するとたくさんのカフェの投稿がでてきます。その中で気になるカフェを見つけお出かけします☆   今日は最近、私が行ったカフェをご紹介します☕   ★カフェ①   「カフェ ナンバー 福岡店」 福岡県福岡市中央区大名1-2 この店は特に飲み物がメインで可愛いケースに入っています。 私は抹茶ラテが大好きなので迷いなく抹茶ラテです(笑) お店の中もインスタ映えするような壁紙でいたるところで皆さん写真を撮っていました。                   ★カフェ②   「マンハッタンロールアイスクリーム 福岡大名店」 福岡県福岡市中央区大名1-3-51 原宿で流行ったロールアイスが福岡に上陸! 行ったときはまだオープンしてすぐだったのでおよそ1時間半並びました。。平日です(*_*; ロールアイスを作ってくださるお姉さんがすごく気さくな方で出来上がるまでたくさんお話ししました。 この店も店内が可愛いです☆                   ★カフェ③   「デイズカップカフェ」 福岡県福岡市中央区六本松1-3-13 この店はケーキもサンドウィッチもありました! ちょうど15時くらいだったのでケーキを食べましたがきんぴらごぼうのサンドウィッチがあり凄く気になっています!(^^)! 六本松駅を降りてから近いので交通も◎です。                   ★カフェ④   「マンリー Manly」 福岡県福岡市中央区今泉1-18-55 お昼ごはん目的に行きました! ここもInstagramで見てこのお肉に惹かれました(笑) カフェのワンプレートはすごくお腹いっぱいになるので安くて大満足です( *´艸`) このお店はパンケーキが1番人気みたいで私が行ったときは12時頃でしたが8割がパンケーキを召し上がっていました。                   糸島エリアにもお洒落なカフェがたくさんあるのでまた今度の休日はカフェ巡りをしたいなと思います(*^^*) 皆様も是非、福岡のカフェを巡ってみてください☕    

  • 19.02.20

    院長ブログ

    NEW

    胆石ができやすい人の特徴

    おはようございます。院長の相馬です。 今回は趣向を変えて、「胆石」について書きたいと思います。 私は学生時代に「胆石ができやすい人の4Fや5F」というのを習いました。 建物の何階のF(floor)ではありません。 ● female (女性) ● fatty(太っている) ● forty or fifty(40代から50代) ● fair (白人系) ● fecund(多産) と習いました。 ギクッ、としなくても大丈夫です。 どうも診療をしていると、胆石持ちの人の特徴が教科書と違うのではないかと思うようになりました。 私は若いころ、胆石発作で夜中にうずくまりながら病院を受診する患者さんを多く診てきました。 胆石発作は、急性腹症(耐えがたい痛み:虫垂炎や尿管結石など)の1つです。 エコーで見てみると、胆石のために胆嚢(胆汁が蓄えられる袋です)がパンパンに腫れ上がっています。   救急処置として、胆嚢に針を刺して中の感染を起こした胆汁を抜き取ります。 すると胆石はなくなりませんが、痛みは瞬時に消えていきます。 その後は入院して、「胆嚢摘出術」という外科手術を受けるために外科の先生に託します。   では胆石ができる原因は何でしょうか? 正解は、「食事と食事の感覚が長い場合にできることがある」です。 もし胆石を持っている方がいたら、思い当たる節がないでしょうか? 私は30代の頃、大腸憩室炎で入院したことがあります(←とても痛かったです)。 1週間絶食で点滴治療を受けたのですが、念のために先輩医師にエコーをしてもらったところ、胆嚢内が砂で充満していました。 つまり食事を摂らないと、胆嚢が動かない(胆汁は、食物が入ってきたときに脂肪を分解する働きをしています)のです。 動かないで澱んでしまうと、そこに胆石や胆嚢炎という炎症が発生しやすくなります。 尿道が短くトイレを我慢してしまう(尿が澱みやすい)女性の方が、膀胱炎になりやすいのと同じ原理です。 胆石を持っているけど、痛んだことは一度もないよ、という方も多いでしょう。 胆石を持っている方で、将来耐え難い痛み(発作)を生じる人は20%と言われています。 では痛みが出なければ、手術を受けなくてもいいのではないか、という疑問が出てきます。 たしかに仕事や家事を休んで入院して、全身麻酔をしてまで胆嚢摘出手術を受けなくてもよいかもしれません。 でも慢性的に胆石があると、常に胆嚢壁と石が擦れ合い、胆嚢壁が徐々に分厚くなっていき、胆のうがんができる可能性があります。 胆のうがんはもし発症すると、かなり予後(5年生存率など)が悪いがんです。 私はもし自分に胆石があることが分かったら、手術して胆嚢を切除してもらいたいと考えています。   まとめ ● 昼間に食事を摂る時間の取れない方、朝ご飯を食べない方、など食事の間隔が長くあく人に胆石ができやすい。 ● 胆石があっても強烈な痛みを生じることは20%だが、胆のうがん発生のリスクが上昇する。   私が「絶食中に胆嚢内に砂ができた」と書いてあったけどとご指摘の方、スルドイです。 私にできていたのは「胆砂」であったので、食事を開始したら1週間ほどで胆管を流れて無事に十二指腸に排出されていました。 仕事で昼食が取れない方、朝ご飯を食べない方は要注意ですので、軽食だけでもつまむ習慣をつけて、胆石発生を予防しましょう。 バナナや軽食などをササっとつまむだけでも胆嚢は動き出し、胆石生成を抑えることができると思います。 まだ私が研修医が終わった、3年目の話です。 当直をしていたら、夜中に「胆石胆嚢炎」の男性が苦しそうな表情でやってきました。 痛みを必死に耐えているので、冷や汗が出ていました。 「お願いだから、この痛みを取ってください」と男性は言いました。 私はエコーでパンパンに腫れた胆嚢をエコーで確認して、真ん中を針で突き刺します。 出てきた胆汁は、茶色く汚れている(感染している)ことはなかったのですが、沖縄の海岸の砂のように、白い砂状のものでした。 痛みが取れた時点で外科の先生にお願いして胆嚢切除が行われ、無事退院となりました。 退院時に、その男性が私の所に来てくれて、 「外科の先生にも感謝しているが、先生が真夜中に私の耐えられない痛みを取ってくれたことが一番嬉しかったです」 と言って帰られました。 私が医師をしていて、とても嬉しかったことの1つです。。