内科診察・内視鏡検査随時受付中

tel:0927378855_new env web予約はこちら
tel:0927378855 web予約はこちら
コロナウイルス感染予防対策 WEB問診票 同日内視鏡ドック 消化器専門外来 下剤を飲まない大腸カメラ
胃内視鏡検査 大腸内視鏡検査
ご予約こちら クリニックブログ


当院について
ABOUT CLINIC

がん死因の半数以上を占める食道・胃・大腸がんを早期発見・治療を行い、
「薬に頼らない生活習慣の改善」も都度アドバイスさせて頂ければと考えております。
「おなか」の不調などで日々お困りのことなども“「おなか」何でも相談室”“便通異常相談室”
設けて気軽に相談できるクリニックを目指しております。

「がんで亡くなる人・苦しむ人を一人でも多く減らしたい」 という理念の元、
「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」を広く実践しております医療法人ハートアンドオンリーの福岡院として福岡天神に開院いたしました。
当法人の横浜院であります「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」は平成23年9月の開院以来、
一般外来や「おなか」の不調などの診療を行いながら、 内視鏡検査・治療数は10,502件(2017年9月1日~2018年8月31日)をこなしてきました。
福岡院でも横浜院同様、内視鏡検査・治療を中心に行っておりますが、「おなか」の不調のご相談や生活習慣病の改善方法のご相談など様々な分野のご相談、治療に対応しておりますので、お気軽に相談頂ければと思います。

※当院は先進的な医療機器・医療設備を有していますが、保険医療機関でありますので、医療費は全国一律・同一料金となっております

福岡天神内視鏡クリニック
紹介動画

当院の特徴である「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」を「1分」でご紹介

院内のご案内

診療時間

診療時間一覧表

◎…診療・内視鏡検査・手術      
〇…内科診察・内視鏡検査、手術      
●…内科診察     
ー…休診  
※日曜と祝日は休診です

診療時間一覧表

※平島徹朗医師の診察・内視鏡検査日は第2,4週火曜日となっております
※医師の学会出席などでやむを得ず休診日にさせて頂くことがございます。


医師のご紹介
DIRECTOR CHAIRMAN INTRODUCTION

国立がん研究センターで習得した内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。

国立がん研究センターで習得した内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、
日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。


胃内視鏡検査
GASTROSCOPY

当院では胃内視鏡検査(胃カメラ)を精度の高い検査に徹底的にこだわり、自覚症状の出ないような微細な食道がん・胃がんを早期の段階で発見し、 内視鏡治療を行うことができれば肉体的にも精神的にも負担なくがんを治療することが可能となります。楽な胃カメラを受けることにより初めて「今後も定期的に胃カメラを受けよう」と思っていただき、食道がんや胃がんの早期発見・早期治療につながると確信しております。不安軽減の為、受付からご案内・咽頭麻酔・鎮静剤・内視鏡操作に関しましても様々な細かい工夫を凝らしておりますので、安心して胃カメラを受けていただければと思います。


大腸内視鏡検査
COLONOSCOPY

大腸がんで亡くなられる方が現在、女性で第1位、男性で第3位となっており、今後ますます増加していくことが予想されております。 その原因に、食習慣の欧米化や肥満・アルコール・喫煙など生活習慣の変化が大きく関与している可能性が高いことが分かってきております。 大腸がんは大腸ポリープから進展していくことが多く、早い段階でがん化していない状態の大腸ポリープを大腸内視鏡検査で発見し、切除することが「究極の大腸がん予防」につながると言われております。大腸内視鏡検査当日は、なるべく洗腸剤を楽に、苦痛が少なく服用できるように味と量に配慮して、必要最小限の服用で済むよう細やかな工夫をしております。


一般診療
GENERAL PRACTICE

「胸焼け」、「胃が痛い」、「お腹が張る」などのお腹の症状で困っている方
「便秘」、「下痢」、「血便・下血」などの便通異常がある方
「胃レントゲン検査異常」、「ピロリ菌陽性」、「便潜血陽性」などの検診異常を指摘された方
お腹の症状、便通異常や検診異常をそのままにしていませんか?お腹に関することは専門的な診察と検査及び治療ができる当院をご受診ください。


高濃度ビタミンC点滴療法

胃・大腸内視鏡検査を定期的に受けている健康意識の高い患者さん達は、次の段階として「がんの予防」や「病気の予防」を考えるようになります。高濃度ビタミンC点滴により身体の免疫力を高め、がんの発症のもとである活性酸素を除去し、
「がん予防」と「病気予防」に努めることは健康寿命を延ばす適切な方法です。
さらにビタミンC作用の一つであるコラーゲン生成作用によりお肌の美白やエイジングケア作用にも大きな効果をもたらします。
高濃度ビタミンC点滴などによる病気の予防医療に力を注いでいただくことこそが個人的にも、さらには最終的に国家の医療費削減という我々の究極の目標に対しても貢献できると確信しております。

細川医師と平島医師が実際に
内視鏡を受けました
I RECEIVED THE ACTUAL INSPECTION

これまで内視鏡検査を受けたことがない方や、健診や人間ドックなどの内視鏡検査で苦しい思いをして検査を避けている方など、前日の食事制限から当日の洗腸剤服用の様子など、当院の「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」がどのような流れで行われているのか、
細川医師と平島医師自らが内視鏡検査を実際に受け、解説しております。
テレビや新聞報道などで内視鏡検査を受けないといけないと思いつつ、人間ドックなどでの辛い内視鏡検査体験を知人から聞いて検査を避けている方など、実際の当院での「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」の様子を事前に動画で見ることができますので、不安な気持ちや心配が取り除かれるのではと思います。早期の食道がん・胃がん・大腸がんは自覚症状が出ることはまずありませんので、早期発見・早期治療のためにも定期的な内視鏡検査をお勧めいたします。


当院の「苦しさと
痛みに配慮した内視鏡検査」の特徴
CHARACTERISTIC

当院の特徴である「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」は高精度な内視鏡検査・緻密な内視鏡治療を行うために、先進的な医療技術や医療機器にも徹底的にこだわっております。
微細な病変を映し出す大画面のハイビジョンモニターや、そのモニターの位置や角度を自在に変えることができるドイツ製の天吊りモニターアームなど先進的な内視鏡検査機器を導入しております。また、感染防御対策も徹底しており、高洗浄力の内視鏡洗浄機器を導入すると共にデジタル洗浄管理システムも取り入れ、安全・安心に配慮した内視鏡洗浄・管理を行っております。


胃腸内科ドクターの何でも相談室
CONSULTATION ROOM


診療傾向データ
(医療法人ハートアンドオンリー)DATA

2011年9月に開院した医療法人ハートアンドオンリーの横浜院ですが、現在では多数の胃・大腸内視鏡検査・手術を行っております。2017年7月に開院した福岡院でも開院初月より多くの内視鏡検査・手術を行っております。 初期の段階では自覚症状が出ることはまずない食道がん・胃がん・大腸がんでありますので、早期発見・早期治療には内視鏡検査は欠かせないものとなります。

  • 2021年度
  • 2020年度
  • 2019年度
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度

総内視鏡検査数 12,087

(2020.9.1~)

胃内視鏡
検査

8,180

67%

大腸内視鏡
検査

8,029

66%

内視鏡
手術

7,533

94%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 7,629

(2019年9月1日から2020年8月31日)

胃内視鏡
検査

5,833

76%

大腸内視鏡
検査

3,564

34%

内視鏡
手術

5,083

141%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 8,017

(2018年9月1日~2019年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,817

50%

大腸内視鏡
検査

4,789

50%

内視鏡
手術

4,325

90%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 10,502

(2017年9月1日~2018年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,810

45%

大腸内視鏡
検査

5,692

55%

内視鏡
手術

3,743

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 7,396

(2016年9月1日~2017年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,077

55%

大腸内視鏡
検査

3,319

45%

内視鏡
手術

2,809

38%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 8,002

(2015年9月1日~2016年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,720

44%

大腸内視鏡
検査

3,282

31%

内視鏡
手術

2,665

25%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 5,099

(2014年9月1日~2015年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,815

55%

大腸内視鏡
検査

2,284

45%

内視鏡
手術

1,760

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 3,910

(2013年9月1日~2014年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,190

39%

大腸内視鏡
検査

1,720

30%

内視鏡
手術

1,760

31%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 3,734

(2012年9月1日~2013年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,115

57%

大腸内視鏡
検査

1,619

43%

内視鏡
手術

790

49%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 2,287

(2011年9月1日~2012年8月31日)

胃内視鏡
検査

1,054

46%

大腸内視鏡
検査

1,233

54%

内視鏡
手術

618

27%

診療傾向データを見る

クリニックまでのアクセス

当院は九州の交通・経済の中心地であります福岡天神地区に位置し、西鉄天神駅や地下鉄天神駅・天神南駅より徒歩圏内にあり、交通の利便性の良い立地となっております。
西鉄・地下鉄・バス・タクシーなど、どの交通機関を利用して頂いてもアクセスの良い場所に位置しておりますので、
下記の各交通機関を選んでいただきますと道案内をご覧いただけます。
グーグルマップの「ルート案内」機能を使ってのアクセスにも対応しておりますので、初めての受診の方にも安心してご来院いただけると思われます。
「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

住所 : 〒810-0001   
福岡県福岡市中央区天神2-4-11
パシフィーク天神4F


  • 「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

地図を移動させるには指2本で操作します

  • 西鉄福岡天神駅
    からのアクセス

  • 地下鉄空港線
    天神駅からの
    アクセス

  • 地下鉄七隈線
    南天神駅
    からのアクセス

  • 西鉄バス
    からのアクセス

  • 高速バス
    からのアクセス

  • JR博多駅
    からのアクセス

    • 電車

  • 福岡空港
    からのアクセス

    • 電車

  • たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 現役医師、平島徹朗がライザップに挑戦!!
  • 内視鏡医トライアスロンへの道

新着情報

  • 2022.10.01

    NEW

    腹部超音波検査・栄養相談開始のご案内

    2022年9月1日より腹部超音波検査が開始しております。肝機能で何か気になる症状がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

    また2022年10月1日から栄養士による栄養相談を開始致します。

    栄養相談は管理栄養士が患者様の食事や生活で困っていることについて一人ひとりにあった調理法や食事内容についてご提案させていただきます。

    いずれも完全予約制でお電話のみご予約承りますので、一度福岡院までご相談下さい。

  • 2022.09.30

    NEW

    医療情報・システム基盤整備体制充実加算(10/1開始)に 関するお知らせ

    当院では、マイナンバーカードを健康保険証としてご提示いただいた患者様に対し、オンライン資格確認を行う体制を有しています。
    必要な診療情報(受診歴、薬剤情報、特定健診情報その他)を取得・活用して診療にあたり、今まで以上に良質な医療を提供します。

  • 2022.09.29

    NEW

    高濃度ビタミン点滴 価格改定のお知らせ

    当院では防腐剤が一切入っていない高品質の高濃度ビタミンC製剤をアイルランドの製造工場から、冷蔵船便で直輸入しております。

    この度、原材料費の高騰に伴い製造元のMylan社の大幅な値上げがあり、Mylan社ビタミンC注射剤の従来の価格を維持することが、残念ながら困難な状態になりました。

     

    つきましては、当院といたしましては誠に不本意ではございますが、2022年10月1日より、高濃度ビタミンC点滴の料金を下記の通り改訂させていただくこととなりました。

    何卒、諸般の事情をご賢察の上、ご了承賜りますようお願い申しあげます。

     

    ◆高濃度ビタミンC点滴 25グラム

    現行 14,410円 → 改定後 14,800円(税込)

     

    ◆高濃度ビタミンC点滴 50グラム

    現行 20,570円 → 改定後 21,340円(税込)

福岡天神内視鏡クリニックブログ

  • 22.09.30

    NEW

    スーパーフードおから

    こんにちは。 スタッフのもっちーです。   朝晩は涼しくなり過ごしやすい陽気となってきました。 皆さまいかがお過ごしですか(*^^*)   先日、お豆腐屋さんに行くとおからをもらったので早速食べてみました。                     今回はおからについてどんな効果効能があるのか少し調べてみました♪ まずおからとは、大豆から豆腐を作る過程で、豆乳を絞った際に残るかすのことです。   たんぱく質や食物繊維、マグネシウム、カルシウム、ビタミンB2などの栄養素が多く含まれます。 その中でも特に食物繊維が豊富で、100gあたり11.5g、ごぼうの約2倍に当たるそうです。   食物繊維には水に溶けにくい不溶性食物繊維と、水に溶けやすい水溶性食物繊維の2種類がありますが、おからには不溶性のものが多く含まれます。 不溶性食物繊維は、便の量を増やすことで腸を刺激し便通を促します。その働きにより便秘解消が期待できます。   低カロリーでありながら食物繊維が豊富なので満腹感が得られやすくダイエットにも良いですね♪   お豆腐屋さんで食べた豆乳ソフト、美味しかったです(*^^*)                     季節の変わり目体調に気をつけてお過ごしください(*^^*) それではまた!

  • 22.09.28

    NEW

    胃カメラ検査ってどんな検査? その1

    おはようございます。医師の細川です。 当院は受診される患者さんの年齢層が比較的若いです。 このため、胃の調子が悪いから原因を調べてみたいけど、胃カメラ検査まで受けるのはちょっと怖い・・・、っていう患者さんが多くいらっしゃいます。 そこで今回から胃カメラ検査がどんな検査なのかを簡単に解説していきたいと思います。   実は胃内を直接観察可能なファイバースコープ付きの胃カメラが登場したのは、1964年(昭和39年)です。その後、様々な改良がなされ、現在のようなハイビジョン内視鏡システムを搭載した胃カメラが2002年に登場しました。 この素晴らしい医療機器のお陰で飛躍的に診断能が高まり、多くの胃がん患者さんを早期発見・早期治療へと導くことが可能になりましたが、実はその歴史は以外と浅く、胃がん検診の検査として胃カメラ検査が受けることが出来るようになったのも比較的最近の話なんです。 このため、胃がん検診の検査としては、胃X線検査が主流でした。   もちろん胃カメラ検査自体は、登場して20年以上の歴史があるため、人間ドックなどの自費の検査、胃の不調な症状がある方や胃がん検診の胃X線検査で異常を指摘された方の精密検査などの保険診療としての胃カメラ検査は行われていました。 しかし、各市町村が費用負担する対策型胃がん検診といえば長く胃X線検査が中心でした。 このため、胃がん検診といえば胃X線検査の方を多くの人が思い浮かべるかもしれません。   胃がん検診として胃カメラ検査が導入されるようになったのは、実はまだ比較的最近のことで厚生労働省より「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」が通知された2016年からです。 それまで胃がん検診は、胃X線検査のみであったため、「胃がん検診=胃X線検査」というイメージが定着しています。   もちろん胃X線検査も胃がん検診として有用な検査ではありますが、胃X線検査で発見される胃がんの数は、1年間で発見される胃がん全体の5%程度にすぎないと報告されています。 発見された胃がんのほとんどは胃カメラ検査で発見されています。   この理由は、胃カメラ検査は胃粘膜のちょっとした異常も直接観察可能であり、必要に応じて異常のある部位から組織を一部採取し、病理組織検査も可能なため、自覚症状がないような早期胃がんも発見しやすいためです。 もちろん胃X線検査の方が発見しやすい胃がんもありますが、多くの胃がんは胃カメラ検査の方が発見しやすいと考えられています。   せっかく、年1回胃に病気が無いかを調べるために検査を受けるのであれば、胃がんの早期発見に非常に適した胃カメラ検査で受けることを強くお勧め致します。 次回以降も胃カメラ検査を身近に感じてもらうため、どんな検査なのかについてお話ししたいと思います。 ご不明な点があれば、是非クリニックにご相談ください。

  • 22.09.26

    NEW

    自分の腸内細菌をもう一度見直してみました。

    おはようございます。医師の秋山です。 台風が去った途端に肌寒くなってきました。季節はすっかり秋ですね。私が一番好きな季節です。   さて、私は以前自分の腸内細菌を調べたことがあるのですが、もう一度自分の腸内細菌の結果を見直すことにしました。   なぜ見直すことにしたのか?それは、私は痩せ型の体型なのに、なんでデブ菌が存在する「ファーミキューテス門」が多いんだろう?とずっと疑問に思っていたからです。   まずは私の腸内細菌の割合と、日本人の平均の腸内細菌の割合です。グラフ上段が私の腸内細菌の割合、グラフ下段が日本人の成人の平均の腸内細菌の割合です。 バクテロイデーテス門は「ヤセ菌」が属します。 ファーミキューテス門は「デブ菌」が属します。 グラフの通りで、日本人は一般的にバクテロイデーテス門がファーミキューテス門より多いんです。 でも、私の場合はファーミキューテス門の方がバクテロイデーテス門よりも多くなってます。   ここで、私の個々の腸内細菌の割合トップ10を見てみましょう。 なんと、ファーミキューテス門に属する菌が6つも入っているではありませんか。   実はこの6つのうち5つが「酪酸菌」です。酪酸菌の一部も「ファーミキューテス門」に属してるんですね。   なるほど、私のファーミキューテス門の割合が多いのは、デブ菌が多いわけではなく、酪酸菌が多いからなんだ!ということが分かりました。 つまり、私の腸内には、日本人の平均以上の酪酸菌が住み着いていることになります。 酪酸菌が多い方は、長生きしたり、寝たきりになりにくいと言われています。一流のアスリートも酪酸菌が多いそうです。アンチエイジング効果もあります。   自前の酪酸菌を育てるのに一番良いのは「玄米」です。私はよく玄米を食べていますので、自前の酪酸菌がすくすくと育っているのでしょう。   これからも不摂生をせずに、腸活に励んでいきたいと思います   以上、私の腸内細菌の話でした。 それでは今週も頑張りましょう。クリニックでお待ちしております。