内科診察・内視鏡検査随時受付中

tel:0927378855_new env web予約はこちら
tel:0927378855 web予約はこちら
コロナウイルス感染予防対策 WEB問診票 同日内視鏡ドック 消化器専門外来 下剤を飲まない大腸カメラ
胃内視鏡検査 大腸内視鏡検査
ご予約こちら クリニックブログ


当院について
ABOUT CLINIC

がん死因の半数以上を占める食道・胃・大腸がんを早期発見・治療を行い、
「薬に頼らない生活習慣の改善」も都度アドバイスさせて頂ければと考えております。
「おなか」の不調などで日々お困りのことなども“「おなか」何でも相談室”“便通異常相談室”
設けて気軽に相談できるクリニックを目指しております。

「がんで亡くなる人・苦しむ人を一人でも多く減らしたい」 という理念の元、
「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」を広く実践しております医療法人ハートアンドオンリーの福岡院として福岡天神に開院いたしました。
当法人の横浜院であります「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」は平成23年9月の開院以来、
一般外来や「おなか」の不調などの診療を行いながら、 内視鏡検査・治療数は10,502件(2017年9月1日~2018年8月31日)をこなしてきました。
福岡院でも横浜院同様、内視鏡検査・治療を中心に行っておりますが、「おなか」の不調のご相談や生活習慣病の改善方法のご相談など様々な分野のご相談、治療に対応しておりますので、お気軽に相談頂ければと思います。

※当院は先進的な医療機器・医療設備を有していますが、保険医療機関でありますので、医療費は全国一律・同一料金となっております

福岡天神内視鏡クリニック
紹介動画

当院の特徴である「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」を「1分」でご紹介

院内のご案内

診療時間

診療時間一覧表

◎…診療・内視鏡検査・手術      
〇…内科診察・内視鏡検査、手術      
●…内科診察     
ー…休診  
※日曜と祝日は休診です

診療時間一覧表

※平島徹朗医師の診察・内視鏡検査日は第2,4週火曜日となっております
※医師の学会出席などでやむを得ず休診日にさせて頂くことがございます。


医師のご紹介
DIRECTOR CHAIRMAN INTRODUCTION

国立がん研究センターで習得した内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。

国立がん研究センターで習得した内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、
日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。


胃内視鏡検査
GASTROSCOPY

当院では胃内視鏡検査(胃カメラ)を精度の高い検査に徹底的にこだわり、自覚症状の出ないような微細な食道がん・胃がんを早期の段階で発見し、 内視鏡治療を行うことができれば肉体的にも精神的にも負担なくがんを治療することが可能となります。楽な胃カメラを受けることにより初めて「今後も定期的に胃カメラを受けよう」と思っていただき、食道がんや胃がんの早期発見・早期治療につながると確信しております。不安軽減の為、受付からご案内・咽頭麻酔・鎮静剤・内視鏡操作に関しましても様々な細かい工夫を凝らしておりますので、安心して胃カメラを受けていただければと思います。


大腸内視鏡検査
COLONOSCOPY

大腸がんで亡くなられる方が現在、女性で第1位、男性で第3位となっており、今後ますます増加していくことが予想されております。 その原因に、食習慣の欧米化や肥満・アルコール・喫煙など生活習慣の変化が大きく関与している可能性が高いことが分かってきております。 大腸がんは大腸ポリープから進展していくことが多く、早い段階でがん化していない状態の大腸ポリープを大腸内視鏡検査で発見し、切除することが「究極の大腸がん予防」につながると言われております。大腸内視鏡検査当日は、なるべく洗腸剤を楽に、苦痛が少なく服用できるように味と量に配慮して、必要最小限の服用で済むよう細やかな工夫をしております。


一般診療
GENERAL PRACTICE

「胸焼け」、「胃が痛い」、「お腹が張る」などのお腹の症状で困っている方
「便秘」、「下痢」、「血便・下血」などの便通異常がある方
「胃レントゲン検査異常」、「ピロリ菌陽性」、「便潜血陽性」などの検診異常を指摘された方
お腹の症状、便通異常や検診異常をそのままにしていませんか?お腹に関することは専門的な診察と検査及び治療ができる当院をご受診ください。


高濃度ビタミンC点滴療法

胃・大腸内視鏡検査を定期的に受けている健康意識の高い患者さん達は、次の段階として「がんの予防」や「病気の予防」を考えるようになります。高濃度ビタミンC点滴により身体の免疫力を高め、がんの発症のもとである活性酸素を除去し、
「がん予防」と「病気予防」に努めることは健康寿命を延ばす適切な方法です。
さらにビタミンC作用の一つであるコラーゲン生成作用によりお肌の美白やエイジングケア作用にも大きな効果をもたらします。
高濃度ビタミンC点滴などによる病気の予防医療に力を注いでいただくことこそが個人的にも、さらには最終的に国家の医療費削減という我々の究極の目標に対しても貢献できると確信しております。

秋山医師と平島医師が実際に
内視鏡を受けました
I RECEIVED THE ACTUAL INSPECTION

これまで内視鏡検査を受けたことがない方や、健診や人間ドックなどの内視鏡検査で苦しい思いをして検査を避けている方など、前日の食事制限から当日の洗腸剤服用の様子など、当院の「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」がどのような流れで行われているのか、
秋山医師と平島医師自らが内視鏡検査を実際に受け、解説しております。
テレビや新聞報道などで内視鏡検査を受けないといけないと思いつつ、人間ドックなどでの辛い内視鏡検査体験を知人から聞いて検査を避けている方など、実際の当院での「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」の様子を事前に動画で見ることができますので、不安な気持ちや心配が取り除かれるのではと思います。早期の食道がん・胃がん・大腸がんは自覚症状が出ることはまずありませんので、早期発見・早期治療のためにも定期的な内視鏡検査をお勧めいたします。


当院の「苦しさと
痛みに配慮した内視鏡検査」の特徴
CHARACTERISTIC

当院の特徴である「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」は高精度な内視鏡検査・緻密な内視鏡治療を行うために、先進的な医療技術や医療機器にも徹底的にこだわっております。
微細な病変を映し出す大画面のハイビジョンモニターや、そのモニターの位置や角度を自在に変えることができるドイツ製の天吊りモニターアームなど先進的な内視鏡検査機器を導入しております。また、感染防御対策も徹底しており、高洗浄力の内視鏡洗浄機器を導入すると共にデジタル洗浄管理システムも取り入れ、安全・安心に配慮した内視鏡洗浄・管理を行っております。


胃腸内科ドクターの何でも相談室
CONSULTATION ROOM


診療傾向データ
(医療法人ハートアンドオンリー)DATA

2011年9月に開院した医療法人ハートアンドオンリーの横浜院ですが、現在では多数の胃・大腸内視鏡検査・手術を行っております。2017年7月に開院した福岡院でも開院初月より多くの内視鏡検査・手術を行っております。 初期の段階では自覚症状が出ることはまずない食道がん・胃がん・大腸がんでありますので、早期発見・早期治療には内視鏡検査は欠かせないものとなります。

  • 2021年度
  • 2020年度
  • 2019年度
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度

総内視鏡検査数 12,087

(2020.9.1~)

胃内視鏡
検査

8,180

67%

大腸内視鏡
検査

8,029

66%

内視鏡
手術

7,533

94%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 7,629

(2019年9月1日から2020年8月31日)

胃内視鏡
検査

5,833

76%

大腸内視鏡
検査

3,564

34%

内視鏡
手術

5,083

141%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 8,017

(2018年9月1日~2019年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,817

50%

大腸内視鏡
検査

4,789

50%

内視鏡
手術

4,325

90%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 10,502

(2017年9月1日~2018年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,810

45%

大腸内視鏡
検査

5,692

55%

内視鏡
手術

3,743

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 7,396

(2016年9月1日~2017年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,077

55%

大腸内視鏡
検査

3,319

45%

内視鏡
手術

2,809

38%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 8,002

(2015年9月1日~2016年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,720

44%

大腸内視鏡
検査

3,282

31%

内視鏡
手術

2,665

25%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 5,099

(2014年9月1日~2015年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,815

55%

大腸内視鏡
検査

2,284

45%

内視鏡
手術

1,760

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 3,910

(2013年9月1日~2014年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,190

39%

大腸内視鏡
検査

1,720

30%

内視鏡
手術

1,760

31%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 3,734

(2012年9月1日~2013年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,115

57%

大腸内視鏡
検査

1,619

43%

内視鏡
手術

790

49%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 2,287

(2011年9月1日~2012年8月31日)

胃内視鏡
検査

1,054

46%

大腸内視鏡
検査

1,233

54%

内視鏡
手術

618

27%

診療傾向データを見る

クリニックまでのアクセス

当院は九州の交通・経済の中心地であります福岡天神地区に位置し、西鉄天神駅や地下鉄天神駅・天神南駅より徒歩圏内にあり、交通の利便性の良い立地となっております。
西鉄・地下鉄・バス・タクシーなど、どの交通機関を利用して頂いてもアクセスの良い場所に位置しておりますので、
下記の各交通機関を選んでいただきますと道案内をご覧いただけます。
グーグルマップの「ルート案内」機能を使ってのアクセスにも対応しておりますので、初めての受診の方にも安心してご来院いただけると思われます。
「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

住所 : 〒810-0001   
福岡県福岡市中央区天神2-4-11
パシフィーク天神4F


  • 「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

地図を移動させるには指2本で操作します

  • 西鉄福岡天神駅
    からのアクセス

  • 地下鉄空港線
    天神駅からの
    アクセス

  • 地下鉄七隈線
    南天神駅
    からのアクセス

  • 西鉄バス
    からのアクセス

  • 高速バス
    からのアクセス

  • JR博多駅
    からのアクセス

    • 電車

  • 福岡空港
    からのアクセス

    • 電車

  • たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 現役医師、平島徹朗がライザップに挑戦!!
  • 内視鏡医トライアスロンへの道

新着情報

  • 2022.06.20

    7月の診療及び休診日のお知らせ

    7月の診療及び休診日についてお知らせします。

    平島医師の診療日は7月12日(火)・7月26日(火)となります。

    細川医師の休診日は7月12日(火)・7月26日(火)です。

    なお、日曜日と祝日は休診とさせて頂いております。

    皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 2022.06.02

    6月の診療及び休診日のお知らせ

    6月の診療及び休診日についてお知らせします。

    平島医師の診療日は6月14日(火)・6月28日(火)となります。

    細川医師の休診日は6月14日(火)・6月28日(火)です。

    なお、日曜日と祝日は休診とさせていただきます。

    皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 2022.04.21

    5月の診療及び休診日のお知らせ

    5月の診療及び休診日についてお知らせします。

    平島医師の診療日は5月10日(火)・5月24日(火)となります。

    細川医師の休診日は5月10日(火)・5月24日(火)です。

    なお、日曜日と祝日は休診とさせていただきます。

    皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

福岡天神内視鏡クリニックブログ

  • 22.06.24

    NEW

    夏バテになる前に☀

    こんにちは、スタッフのまっちゃんです(^^) 毎日ジメジメと暑い日が続いていますね。   先日、自宅で女子会をしたのですが その時に友人がメロンを持ってきてくれました🍈 その時はまだ食べ頃ではなかったので、 熟すのを数日待ちいただきました♪                                 果物はたまに買いますが、メロンはなかなか頻繁に食べることもないし久しぶりだったのですが、 一口食べて甘さに驚きました(゚∀゚)ちょうど6月から7月あたりがメロンの食べごろのようです。 食べすぎるのもよくないなーと思いながらも、 ほぼ1人で半玉ほど食べていました笑   メロンにはカリウムとβカロテンが豊富に含まれているそうなのですが、 この赤い身のメロンは他のメロンよりも含有量がとても多いそうです。 カリウムは高血圧や動脈硬化などの予防効果が期待でき、 βカロテンは抗酸化作用によって老化抑制やがん予防にも期待ができるとも言われているそうです。 また、メロンだけでなく、果物は朝食べるのがオススメだそうで美肌効果、疲労回復だけでなくダイエットにも効果が期待できるんだとか。 朝はバタバタして時間もないので果物なら手軽に食べれ水分も程よく取れるので 少し意識して食べてみるのもいいかもしれません。                   日に日に暑くなっているので果物でビタミンも取りながら体調に気をつけていきましょうヽ(・∀・)ノ

  • 22.06.22

    NEW

    ピロリ菌を考察する その17 ピロリ菌感染診断1 検査法総論

    おはようございます。医師の細川です。   今回からはピロリ菌の感染診断についてお話ししたいと思います。 ピロリ菌の感染診断には、いくつか検査方法があります。 そこで、今回はまずピロリ菌感染診断の検査法の総論についてお話しします。   ピロリ菌の感染診療では、ピロリ菌の感染診断と除菌治療後の除菌判定は極めて重要で、この診断は正確に行われる必要があります。 この診断を誤ってしまうと、ピロリ菌に感染しているにもかかわらず胃がんのリスクが低いと判断してしまったり、除菌判定を誤った場合は、感染の持続を見逃し胃がんのリスクが高いままになってしまったり、感染していないにもかかわらず感染ありと判断すると、不要な除菌治療が行われることに繋がり、患者さんに不利益を与えてしまいます。   残念ながら、ピロリ菌の感染診断において、未だに感度・特異度がいずれも100%の検査は存在しないため、診断の各検査法の特徴を把握した上で、内視鏡検査を含めて必要に応じ、複数の検査を組み合わせて診断することが肝要となります。   ピロリ菌の感染診断には、様々な検査がありますが、内視鏡検査を要する検査と内視鏡検査を要しない検査の大きく2つに分けられます。   内視鏡専門医を要する侵襲的な検査には、培養法、鏡検法、迅速ウレアーゼ試験の3つの検査がありますが、これらの検査では内視鏡検査時にピロリ菌感染があると思われる部位から胃粘膜の組織を一部採取する生検が必要です。   内視鏡検査を要しない非侵襲的な検査としては、血中抗ピロリ菌抗体検査、便中ピロリ菌抗原検査、尿素呼気試験があります。   いずれの検査も偽陰性と偽陽性の可能性があるため、ピロリ菌の感染診断を行うためには、複数の検査を行うことが望ましいと考えられています。 また、内視鏡検査で実際に胃粘膜を観察することが、ピロリ菌感染の状況を判断する上で重要となります。   各ピロリ菌感染診断の結果と内視鏡検査での胃粘膜所見に矛盾がないかを評価し、両者の結果に乖離がある場合は、追加で他のピロリ菌の感染診断検査を行うことが大切です。   私たち消化器内視鏡専門医は、これらの検査結果を一つずつ丁寧に拾い上げていくことで、患者様一人一人のピロリ菌感染の状態や胃がんリスクを評価し、胃がんの早期発見・早期治療を目指しています。   私たちは、日々、胃がんで亡くなる人を一人でも減らしたいという想いで日々、頑張っています。 ご家族にピロリ菌感染していた人がいる、胃がんにかかった人がいる、胃の不快な症状があるなどがある場合は、若くても一度は胃カメラ検査を受けましょう。   次回からはピロリ菌の各感染診断法についてお話ししたいと思います。

  • 22.06.20

    NEW

    筋トレせずに筋肉を増やしたい!そんなあなたに朗報です。

    おはようございます。医師の秋山です。   皆さんは筋トレをしていますか?   私は学生時代にサッカーをしていましたが、 「筋肉をつけちゃうとスピードが落ちるからね」 とプロサッカー選手が言いそうな言い訳をして筋トレをサボってました。   しかしながら、歳を重ねるにつれて、筋肉の重要性が身にしみてわかるようになりました。   「ただでさえ痩せ型なのに、このままでは将来寝たきりになってしまうかもしれない・・・」   心配になりましたので、筋トレしなくても筋肉がつく方法がないか調べてみました。   なんとあるではないですか。筋トレしなくても筋肉がつく方法が。きちんとしたエビデンスもあります。 しかも簡単な方法ですのでここで皆さんに共有したいと思います。   国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所から出たデータですが、それによると   「運動の有無に関わらず、どんな方もたんぱく質摂取量を増やせば筋肉は増える」   という研究結果が出ていました。   具体的に説明すると、 「1日に体重当たり0.1kgのたんぱく質をプラスするだけで筋肉量が数ヶ月で最大約400g増加」するそうです!   これは、普段から筋トレしている人もしていない人も、また、普段から意識してたんぱく質を摂っている人も摂っていない人も関係なく筋肉量が増えます。さらに、普段からたんぱく質を摂っていない人の方がより筋肉が増える量が多いです。伸びシロがあるという解釈でいいのではないでしょうか。   例えば、50kgの方であれば、1日5gのたんぱく質をプラスするだけで、筋肉量が増える計算になります。 卵1個のたんぱく質量が6gですので、普段の食事に卵を1個追加するだけで数ヶ月後には筋肉が増えます。   この時に注意してほしいのが、パンや麺類などの穀物類のたんぱく質よりも、肉、魚、豆腐、卵などのたんぱく質で摂るようにすることです。   私も早速、普段の食事に卵を1個追加するようにしました。しかも、生卵よりも熱を加えた卵の方がタンパク質の吸収率が良いです!温泉卵なんかいいんじゃないでしょうか。 これで数ヶ月後には筋肉がついてます。楽しみです。   将来のサルコペニアの予防のために、皆さんもぜひ普段の食事に卵を1個追加してみてくださいね。   それでは今週も頑張りましょう。クリニックでお待ちしております。