内科診察・内視鏡検査随時受付中

TEL:0120-000-000 web予約はこちら
TEL:092-737-8855 web予約はこちら


当院について
ABOUT CLINIC

がん死因の半数以上を占める食道・胃・大腸がんを早期発見・治療を行い、
「薬に頼らない生活習慣の改善」も都度アドバイスさせて頂ければと考えております。
「おなか」の不調などで日々お困りのことなども“「おなか」何でも相談外来”“便通異常外来”
設けて気軽に相談できるクリニックを目指しております。

「がんで亡くなる人・苦しむ人を一人でも多く減らしたい」 という理念の元、
「苦しくない無痛内視鏡検査」を広く実践しております医療法人ハートアンドオンリーの福岡院として福岡天神に開院いたしました。
当法人の横浜院であります「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」は平成23年9月の開院以来、
一般外来や「おなか」の不調などの診療を行いながら、 内視鏡検査・治療数は年間約8000件と一般的な総合病院や大学病院をもしのぎ、
クリニックとしては全国トップレベルの検査・治療数を誇っております。
福岡院でも横浜院同様、内視鏡検査・治療を中心に行っておりますが、「おなか」の不調のご相談や生活習慣病の改善方法のご相談など様々な分野のご相談、治療に対応しておりますので、お気軽に相談頂ければと思います。

※当院は最新の医療機器、最先端の医療設備を有していますが、保険医療機関でありますので、医療費は全国一律・同一料金となっております

福岡天神内視鏡クリニック
紹介動画

当院の特徴である「苦しくない無痛内視鏡
検査」を「1分」でご紹介

院内のご案内

診療時間

診療時間一覧表

〇…内科診察・内視鏡検査、手術      
●…内科診察     
ー…休診  
※日曜と祝日は休診です

診療時間一覧表

※理事長平島徹朗の診察・内視鏡検査日は第1,2,4週火曜日となっております


院長・理事長のご紹介
DIRECTOR CHAIRMAN INTRODUCTION

国立がん研究センターで習得した世界最先端の内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。

国立がん研究センターで習得した世界最先端の内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、
日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。


胃内視鏡検査
GASTROSCOPY

当院では胃内視鏡検査(胃カメラ)を精度の高い検査に徹底的にこだわり、自覚症状の出ないような微細な食道がん・胃がんを早期の段階で発見し、 内視鏡治療を行うことができれば肉体的にも精神的にも負担なくがんを完治することが可能となります。楽な胃カメラを受けることにより初めて「今後も定期的に胃カメラを受けよう」と思っていただき、食道がんや胃がんの早期発見・早期治療につながると確信しております。不安軽減の為、受付からご案内・咽頭麻酔・鎮静剤・内視鏡操作に関しましても様々な細かい工夫を凝らしておりますので、安心して胃カメラを受けていただければと思います。


大腸内視鏡検査
COLONOSCOPY

大腸がんで亡くなられる方が現在、女性で第1位、男性で第3位となっており、今後ますます増加していくことが予想されております。 その原因に、食習慣の欧米化や肥満・アルコール・喫煙など生活習慣の変化が大きく関与している可能性が高いことが分かってきております。 大腸がんは大腸ポリープから進展していくことが多く、早い段階でがん化していない状態の大腸ポリープを大腸内視鏡検査で発見し、切除することが「究極の大腸がん予防」につながると言われております。大腸内視鏡検査当日は、なるべく洗腸剤を楽に、苦痛なく服用できるように味と量に配慮して、必要最小限の服用で済むよう細やかな工夫をしております。


高濃度ビタミンC点滴療法

胃・大腸内視鏡検査を定期的に受けている健康意識の高い患者さん達は、次の段階として「がんの予防」や「病気の予防」を考えるようになります。高濃度ビタミンC点滴により身体の免疫力を高め、がんの発症のもとである活性酸素を除去し、
「がん予防」と「病気予防」に努めることこそが健康寿命を延ばす最適で最善の方法です。
さらにビタミンC作用の一つであるコラーゲン生成作用によりお肌の美白やアンチエイジング作用にも大きな効果をもたらします。
高濃度ビタミンC点滴などによる病気の予防医療に力を注いでいただくことこそが個人的にも、さらには最終的に国家の医療費削減という我々の究極の目標に対しても貢献できると確信しております。

院長と理事長が実際に
内視鏡を受けました
I RECEIVED THE ACTUAL INSPECTION

これまで内視鏡検査を受けたことがない方や、健診や人間ドックなどの内視鏡検査で苦しい思いをして検査を避けている方など、前日の食事制限から当日の洗腸剤服用の様子など、当院の「苦しくない無痛内視鏡検査」がどのような流れで行われているのか、
院長・理事長自らが内視鏡検査を実際に受け、解説しております。
テレビや新聞報道などで内視鏡検査を受けないといけないと思いつつ、人間ドックなどでの辛い内視鏡検査体験を知人から聞いて検査を避けている方など、実際の当院での「苦しくない無痛内視鏡検査」の様子を事前に動画で見ることができますので、不安な気持ちや心配が取り除かれるのではと思います。早期の食道がん・胃がん・大腸がんは自覚症状が出ることはまずありませんので、早期発見・早期治療のためにも定期的な内視鏡検査をお勧めいたします。

相馬院長


当院の「苦しくない
無痛内視鏡検査」の特徴
CHARACTERISTIC

当院の特徴である「苦しくない無痛内視鏡検査」は高精度な内視鏡検査・緻密な内視鏡治療を行うために、最新鋭の医療技術や医療機器にも徹底的にこだわっております。
微細な病変を映し出す大画面のハイビジョンモニターや、そのモニターの位置や角度を自在に変えることができるドイツ製の天吊りモニターアームなど最新鋭の内視鏡検査機器を導入しております。また、感染防御対策も徹底しており、高洗浄力の内視鏡洗浄機器を他院に先駆けていち早く導入すると共にデジタル洗浄管理システムも取り入れ、安全・安心の内視鏡洗浄・管理を行っております。


胃腸内科医の何でも相談室
CONSULTATION ROOM


患者様からの高い満足度
LEVEL OF SATISFACTION

当法人の横浜院である「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」にて内視鏡検査を受けられた患者さんに以前よりアンケートを定期的に行っており、95%以上の患者さんから「内視鏡検査がとても楽で感動した」との感想をいただき、ご家族や知人などがその方の紹介で受診されるという患者さんが当クリニック受診者の大部分を占めるようになっております。

満足度97.6%
患者様アンケート一覧へ
満足度97.6%


診療傾向データ
(医療法人ハートアンドオンリー)DATA

2011年9月に開院した医療法人ハートアンドオンリーの横浜院ですが、現在では大学病院や総合病院に匹敵する検査数の胃・大腸内視鏡検査・手術を行っております。2017年7月に開院した福岡院でも開院初月より多くの内視鏡検査・手術を行っております。 初期の段階では自覚症状が出ることはまずない食道がん・胃がん・大腸がんでありますので、早期発見・早期治療には内視鏡検査は欠かせないものとなります。

  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度

総内視鏡検査数 7,517

(2016年9月1日~2017年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,144

55%

大腸内視鏡
検査

3,373

45%

内視鏡
手術

2,839

38%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 8,002

(2015年9月1日~2016年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,720

44%

大腸内視鏡
検査

3,282

31%

内視鏡
手術

2,665

25%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 5,119

(2014年9月1日~2015年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,815

55%

大腸内視鏡
検査

2,304

45%

内視鏡
手術

1,760

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 3,910

(2013年9月1日~2014年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,190

39%

大腸内視鏡
検査

1,720

30%

内視鏡
手術

1,760

31%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 2,287

(2012年9月1日~2013年8月31日)

胃内視鏡
検査

1,054

36%

大腸内視鏡
検査

1,233

42%

内視鏡
手術

618

21%

診療傾向データを見る

クリニックまでのアクセス

当院は九州の交通・経済の中心地であります福岡天神地区に位置し、西鉄天神駅や地下鉄天神駅・天神南駅より徒歩圏内にあり、交通の利便性の良い立地となっております。
西鉄・地下鉄・バス・タクシーなど、どの交通機関を利用して頂いてもアクセスの良い場所に位置しておりますので、
下記の各交通機関を選んでいただきますと道案内をご覧いただけます。
グーグルマップの「ルート案内」機能を使ってのアクセスにも対応しておりますので、初めての受診の方にも安心してご来院いただけると思われます。
「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

住所 : 〒810-0001   
福岡県福岡市中央区天神2-4-11
パシフィーク天神4F


  • 「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

地図を移動させるには指2本で操作します

  • 西鉄福岡天神駅
    からのアクセス

  • 地下鉄空港線
    天神駅からの
    アクセス

  • 地下鉄七隈線
    南天神駅
    からのアクセス

  • 西鉄バス
    からのアクセス

  • 高速バス
    からのアクセス

  • JR博多駅
    からのアクセス

    • 電車

  • 福岡空港
    からのアクセス

    • 電車

  • たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 現役医師、平島徹朗がライザップに挑戦!!
  • たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 現役医師、相馬渉がライザップに挑戦!!
  • 内視鏡医トライアスロンへの道

新着情報

  • 2018.04.19

    5月の診療及び休診日のお知らせ

    5月の診療及び休診日についてお知らせいたします。

    理事長の診療日は5月8日(火)・5月22日(火)となります。

    なお、日曜日と祝日、4月30日~5月6日は長期休暇の為休診とさせて頂いております。

    皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 2018.03.23

    4月の診療及び休診日のおしらせ

    4月の診療及び休診日についてお知らせします。

    理事長の診療日は4月3日(火)・4月10日(火)・4月24日(火)となります。

    また、日曜日と祝日は休診とさせて頂いております。

    ただし、4月29日(日)のみ9時~17時まで診療を行っております。

    皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

福岡天神内視鏡クリニックブログ

  • 18.05.18

    スタッフ

    NEW

    GW(*^^*)

    こんにちは! スタッフのゆいあんです。 暖かかった毎日から段々と暑くなってきましたね(*^^*) みなさんゴールデンウィークはどのように過ごされましたか?   先日、私は久しぶりにコンサートへ行ってきました! 久しぶりのコンサートだったので、とっても楽しみにしておりました♪ 3時間のコンサートでしたが、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました(*^^*) 来年も福岡でコンサートがあることを期待して待ちたいと思います♪ そして、ゴールデンウィーク中には甥っ子と一緒に動植物園へも行ってきました! あまりに久しぶりなので、最後に行ったのがいつかも覚えてないくらいです... 久しぶりの動植物園は新しいところも増えていていましたが、まだまだ懐かしさが残ったままでした! お天気も良く、芝生でお弁当を食べることができ、とても気持ちよかったです(*^^*) 甥っ子に動物を見せるために行ったのですが、あまり動物には興味を示してくれなかったので... もう少し大きくなってからまた行きたいと思います♪        

  • 18.05.16

    院長ブログ

    NEW

    ストレッチの効能

    おはようございます、院長の相馬です。 今日は、私の最近の趣味について書きます。 それは、”ストレッチ”です。 3月からストレッチ専門店「Dr.ストレッチ」に行き始めました。 最近は診療や検査の合間にも、隙間時間でストレッチをしています。 きっかけは、「姿勢を良くしたかった」ことと、「首や肩のコリを良くしたかった」ことです。 私は子供のころから腰痛持ちだったので、これまで姿勢が悪いまま仕事をしていました。 昨年から福岡で仕事をするにあたり、「院長らしく姿勢を良くしたい」と思いました。 しかし姿勢に意識が行かないと、すぐに猫背に戻ってしまいます。 ”意識が足りないせいだ” と頑張って背筋を伸ばすのですが、やはりいつの間にか「自分の楽な姿勢」に戻っています。 また視力が悪いせいか、常に眼精疲労と首の疲れ・痛みがあり、何とか改善できないものかと思っていました。 ドクターストレッチでは、初日にトレーナーが私の姿勢のクセを分析しました。 原因は、「胸周りと肩回りの筋肉がガチガチに固まっていたこと」にありました。 それからは週に1回程度ストレッチに通い、気長に姿勢改善に取り組んでいます。 通いだして一番はじめに驚いたことは、「手足の冷えが改善している」ことです。 長年、秋から冬場は手足の冷えがひどく、患者さんがお腹の触診で「冷たい!」と飛び上がるくらい手が冷えていました。 手足は冷たいのに、頭と顔だけがのぼせる「冷えのぼせ」という状態だったのです。 ショウガのサプリを飲んだこともありましたが、根本的な解決にはなりませんでした。 「冷える体質だから仕方がない」とあきらめ、診察前はカイロで手を温めるようにしていました。 ところが、ストレッチを始めてから手足の冷えが改善したため、診療前に手を温める手間が省けるようになりました。 姿勢については、今は特に意識していませんが、こちらも自然と改善してしまいました。 姿勢の悪さは、意識の低さではなく、筋肉の硬さにあったということになります。 胸や肩の硬さは改善してきましたが、肩こりや首の凝りは今でもまだしつこく残っています。 まだまだ全身の改善点がたくさんあるので、これからも楽しみです。 診療室に「姿勢ケアのイス」を持ってきました。 これに座っていると、さらに姿勢が良くなります。 一回これに慣れると、普通のイスに座ることが気持ち悪くなります。   次に取り組んだのが、下肢の硬さの改善です。 私は生まれついての身体の硬さは、誰にも負けない自信があります💦 今は、大腿四頭筋(太ももの前面)と足首(高校時代にバレーボールで捻挫クセがついていました)の柔軟性の改善に取り組んでいます。 全身の筋肉の柔軟性が改善すると、ふと走った時の身体が軽く感じます。 まるで学生時代に戻ったかのように、体が思うように動いてくれます(^^♪ 私は11月の福岡マラソンにエントリーしました。 私はマラソン初心者なので、無理してケガすることが恐怖です。 昨年のトライアスロンの練習で膝を痛めてしまい、2か月走れなくなったからです。 今回当面はランニングではなくウォーキングで脚力をつけ、ストレッチで柔軟性を高めてケガのしにくい身体になったらいいなぁと考えています。 現在の目標は、「フルマラソン完走」になりましたので、さらにストレッチのモチベーションが上がっています。 今日も隙間時間にストレッチに励んでいます(#^^#)。 2か月前にマイナス25㎝で始まった立位体前屈ですが、今は床に指が付くようになりました!

  • 18.05.12

    院長ブログ

    消化器医が便潜血検査を受けない理由

    こんにちは、院長の相馬です。 前回は「胃バリウム検査が勧められない理由」を書きました。 詳しくは、下記をご覧ください。 https://www.fukuoka-tenjin-naishikyo.com/blogpage/2018/05/02/1560/ 毎日胃カメラや大腸内視鏡検査をしている消化器医は、声を大にしては言えませんが、 ”便潜血検査が無意味であること”を知っています。 ですから、私たちが便を提出することはありません。 その代わり、必ず定期的に大腸内視鏡検査を受けています。 内視鏡検査を受けなければ、「何もしていないのと同じ」ですから、大腸がんになってしまう確率が高くなります。 自らが胃がんや大腸がんにはなりたくないので、胃カメラは毎年、大腸内視鏡検査は数年に1回(ポリープが多発している間は1年に1回)受けるようにしています。 ほとんどの大腸ポリープが内視鏡で切除できます。 検査そのものが、大腸がんの予防になるのです。 「ポリープが大きくなってがんになる前に取ってしまう。」 これこそが大腸内視鏡検査を受ける、一番のメリットです。   便潜血検査はなぜ無意味なのでしょうか? 便潜血が陽性になる理由は以下の2つです。 ① 大腸内に「進行がん」があり、便が腫瘍にこすれて出血している場合 進行大腸がん症例です。これくらい進行してやっと、便潜血が陽性になります。 他の進行大腸がん症例です。向こう側の大腸が見えなくなっていますので、腸閉塞を起こす一歩手前です。 ここまで進行して初めて、便潜血が陽性になります。 逆に言うと、大腸がんがここまで進行しなければ、便潜血は陽性になりません。   ② 便の提出時に、肛門部が刺激で切れてしまった場合 便潜血陽性の方のほとんどが、この②が原因です。 検診で初めて便潜血検査が陽性になって、不安になっている方がたくさんいると思います。 でも、便潜血が陽性になる理由のほとんどが②なので、いたずらに不安を感じることなく、気楽に大腸内視鏡検査を受ければよいということになります。   次に便潜血が陰性になる理由を説明します。 陰性ならば関係ないのでは?と思われた方、ここに便潜血の大きな落とし穴があります。 ① 大腸内に何も異常がない場合 大腸内視鏡検査でがんやポリープが見つからなかった場合は、今後大腸検査は数年ごとに1回で十分です。   ② 大腸がんや大腸ポリープがあるが、便が腫瘍に擦れなかった場合 この②が厄介です。 ポリープが大腸がんがあっても、便が腫瘍に擦れなければ、理論的に便潜血は陰性になります。 この種類はLST(側方発育型腫瘍)と言われます。良性腫瘍であったり、一部ががん化している場合があります。 いずれにせよこの腫瘍は切除をしなければ、がんになるのは時間の問題です。 しかしこのような平たい腫瘍は、便が擦れないので便潜血は理論的に陰性になります。 陽性になれない、といった方が正しいかもしれません。   ここまで見てくると、「何だ、もしかして便潜血って意味ないんじゃないか」 と思われるのではないかと思います。 その通りです。 これは便潜血の限界というか、そもそもが精度(陽性でがんである確率と、陰性でがんでないとはっきり言える確率)の低すぎる検査です。 ただ便に血がついているかどうかを見ているだけなので、仕方がないのかもしれません。   あまりにも精度が低すぎて、消化器医は便潜血検査を受けません。 ・・・正直 便を提出するなんて恥ずかしいし、トイレで踏ん張りたくもありません。 消化器医は、この辺の感覚は検診を受ける皆さまとほとんど変わらないと思います。 むしろ、面倒くさいことを嫌う先生が多い印象です。 必要のない検診は受けたくありませんので、やっぱり便潜血は受けません。   便潜血検査を「大腸がん検診」とするのは良くないと思います。 検診を受ける側は、便潜血で当然大腸がんの有無がわかると勘違いしてしまいます。 毎年真面目に便潜血検査を受けていた(陰性であった)人で、腹痛や嘔吐などの症状でたまたま大腸内視鏡検査を受けると、すでに進行大腸がんだった、という方が必ずと言っていいほどいらっしゃいます。 「便に血がついているかどうかの検査」と改めたほうが良いと思います。   ”便潜血検査は、便に血がついてるかどうかを調べているに過ぎない”   この事実を知ったうえで、これからも便潜血検査を受けていくのがよいか、定期的に大腸内視鏡検査を受けてくのがよいかを選んでいただきたいと思います。   検診で便潜血が陽性で引っかかった場合、どのような対応になるでしょうか? 答えは、「大腸内視鏡検査を受けてください、というお手紙が送られてきます」となります。   ちなみに当院では、昨年7月の開院からこれまでで30人近くの大腸がんが見つかりました。 1週間に1人近く、新たな大腸がん患者さんがいる計算になります。 そしてその方々は、大腸検査受診理由が便潜血陽性でない場合がほとんどでした。   便潜血検査の意義が、ますます???となった方は、当クリニックにご連絡ください(^^)。