内科診察・内視鏡検査随時受付中

TEL:0120-000-000 web予約はこちら
TEL:092-737-8855 web予約はこちら


当院について
ABOUT CLINIC

がん死因の半数以上を占める食道・胃・大腸がんを早期発見・治療を行い、
「薬に頼らない生活習慣の改善」も都度アドバイスさせて頂ければと考えております。
「おなか」の不調などで日々お困りのことなども“「おなか」何でも相談外来”“便通異常外来”
設けて気軽に相談できるクリニックを目指しております。

「がんで亡くなる人・苦しむ人を一人でも多く減らしたい」 という理念の元、
「苦しくない無痛内視鏡検査」を広く実践しております医療法人ハートアンドオンリーの福岡院として福岡天神に開院いたしました。
当法人の横浜院であります「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」は平成23年9月の開院以来、
一般外来や「おなか」の不調などの診療を行いながら、 内視鏡検査・治療数は年間約8000件と一般的な総合病院や大学病院をもしのぎ、
クリニックとしては全国トップレベルの検査・治療数を誇っております。
福岡院でも横浜院同様、内視鏡検査・治療を中心に行っておりますが、「おなか」の不調のご相談や生活習慣病の改善方法のご相談など様々な分野のご相談、治療に対応しておりますので、お気軽に相談頂ければと思います。

※当院は最新の医療機器、最先端の医療設備を有していますが、保険医療機関でありますので、医療費は全国一律・同一料金となっております

福岡天神内視鏡クリニック
紹介動画

当院の特徴である「苦しくない無痛内視鏡
検査」を「1分」でご紹介

院内のご案内

診療時間

診療時間一覧表

〇…内科診察・内視鏡検査、手術      
●…内科診察     
ー…休診  
※日曜と祝日は休診です

診療時間一覧表

※理事長平島徹朗の診察・内視鏡検査日は第1,2,4週火曜日となっております


院長・理事長のご紹介
DIRECTOR CHAIRMAN INTRODUCTION

国立がん研究センターで習得した世界最先端の内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。

国立がん研究センターで習得した世界最先端の内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、
日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。


胃内視鏡検査
GASTROSCOPY

当院では胃内視鏡検査(胃カメラ)を精度の高い検査に徹底的にこだわり、自覚症状の出ないような微細な食道がん・胃がんを早期の段階で発見し、 内視鏡治療を行うことができれば肉体的にも精神的にも負担なくがんを完治することが可能となります。楽な胃カメラを受けることにより初めて「今後も定期的に胃カメラを受けよう」と思っていただき、食道がんや胃がんの早期発見・早期治療につながると確信しております。不安軽減の為、受付からご案内・咽頭麻酔・鎮静剤・内視鏡操作に関しましても様々な細かい工夫を凝らしておりますので、安心して胃カメラを受けていただければと思います。


大腸内視鏡検査
COLONOSCOPY

大腸がんで亡くなられる方が現在、女性で第1位、男性で第3位となっており、今後ますます増加していくことが予想されております。 その原因に、食習慣の欧米化や肥満・アルコール・喫煙など生活習慣の変化が大きく関与している可能性が高いことが分かってきております。 大腸がんは大腸ポリープから進展していくことが多く、早い段階でがん化していない状態の大腸ポリープを大腸内視鏡検査で発見し、切除することが「究極の大腸がん予防」につながると言われております。大腸内視鏡検査当日は、なるべく洗腸剤を楽に、苦痛なく服用できるように味と量に配慮して、必要最小限の服用で済むよう細やかな工夫をしております。


高濃度ビタミンC点滴療法

胃・大腸内視鏡検査を定期的に受けている健康意識の高い患者さん達は、次の段階として「がんの予防」や「病気の予防」を考えるようになります。高濃度ビタミンC点滴により身体の免疫力を高め、がんの発症のもとである活性酸素を除去し、
「がん予防」と「病気予防」に努めることこそが健康寿命を延ばす最適で最善の方法です。
さらにビタミンC作用の一つであるコラーゲン生成作用によりお肌の美白やアンチエイジング作用にも大きな効果をもたらします。
高濃度ビタミンC点滴などによる病気の予防医療に力を注いでいただくことこそが個人的にも、さらには最終的に国家の医療費削減という我々の究極の目標に対しても貢献できると確信しております。

院長と理事長が実際に
内視鏡を受けました
I RECEIVED THE ACTUAL INSPECTION

これまで内視鏡検査を受けたことがない方や、健診や人間ドックなどの内視鏡検査で苦しい思いをして検査を避けている方など、前日の食事制限から当日の洗腸剤服用の様子など、当院の「苦しくない無痛内視鏡検査」がどのような流れで行われているのか、
院長・理事長自らが内視鏡検査を実際に受け、解説しております。
テレビや新聞報道などで内視鏡検査を受けないといけないと思いつつ、人間ドックなどでの辛い内視鏡検査体験を知人から聞いて検査を避けている方など、実際の当院での「苦しくない無痛内視鏡検査」の様子を事前に動画で見ることができますので、不安な気持ちや心配が取り除かれるのではと思います。早期の食道がん・胃がん・大腸がんは自覚症状が出ることはまずありませんので、早期発見・早期治療のためにも定期的な内視鏡検査をお勧めいたします。

相馬院長


当院の「苦しくない
無痛内視鏡検査」の特徴
CHARACTERISTIC

当院の特徴である「苦しくない無痛内視鏡検査」は高精度な内視鏡検査・緻密な内視鏡治療を行うために、最新鋭の医療技術や医療機器にも徹底的にこだわっております。
微細な病変を映し出す大画面のハイビジョンモニターや、そのモニターの位置や角度を自在に変えることができるドイツ製の天吊りモニターアームなど最新鋭の内視鏡検査機器を導入しております。また、感染防御対策も徹底しており、高洗浄力の内視鏡洗浄機器を他院に先駆けていち早く導入すると共にデジタル洗浄管理システムも取り入れ、安全・安心の内視鏡洗浄・管理を行っております。


胃腸内科医の何でも相談室
CONSULTATION ROOM


患者様からの高い満足度
LEVEL OF SATISFACTION

当法人の横浜院である「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」にて内視鏡検査を受けられた患者さんに以前よりアンケートを定期的に行っており、95%以上の患者さんから「内視鏡検査がとても楽で感動した」との感想をいただき、ご家族や知人などがその方の紹介で受診されるという患者さんが当クリニック受診者の大部分を占めるようになっております。

満足度97.6%
患者様アンケート一覧へ
満足度97.6%


診療傾向データ
(医療法人ハートアンドオンリー)DATA

2011年9月に開院した医療法人ハートアンドオンリーの横浜院ですが、現在では大学病院や総合病院に匹敵する検査数の胃・大腸内視鏡検査・手術を行っております。2017年7月に開院した福岡院でも開院初月より多くの内視鏡検査・手術を行っております。 初期の段階では自覚症状が出ることはまずない食道がん・胃がん・大腸がんでありますので、早期発見・早期治療には内視鏡検査は欠かせないものとなります。

  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度

総内視鏡検査数 7,517

(2016年9月1日~2017年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,144

55%

大腸内視鏡
検査

3,373

45%

内視鏡
手術

2,839

38%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 8,002

(2015年9月1日~2016年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,720

44%

大腸内視鏡
検査

3,282

31%

内視鏡
手術

2,665

25%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 5,119

(2014年9月1日~2015年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,815

55%

大腸内視鏡
検査

2,304

45%

内視鏡
手術

1,760

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 3,910

(2013年9月1日~2014年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,190

39%

大腸内視鏡
検査

1,720

30%

内視鏡
手術

1,760

31%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 2,287

(2012年9月1日~2013年8月31日)

胃内視鏡
検査

1,054

36%

大腸内視鏡
検査

1,233

42%

内視鏡
手術

618

21%

診療傾向データを見る

クリニックまでのアクセス

当院は九州の交通・経済の中心地であります福岡天神地区に位置し、西鉄天神駅や地下鉄天神駅・天神南駅より徒歩圏内にあり、交通の利便性の良い立地となっております。
西鉄・地下鉄・バス・タクシーなど、どの交通機関を利用して頂いてもアクセスの良い場所に位置しておりますので、
下記の各交通機関を選んでいただきますと道案内をご覧いただけます。
グーグルマップの「ルート案内」機能を使ってのアクセスにも対応しておりますので、初めての受診の方にも安心してご来院いただけると思われます。
「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

住所 : 〒810-0001   
福岡県福岡市中央区天神2-4-11
パシフィーク天神4F


  • 「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

地図を移動させるには指2本で操作します

  • 西鉄福岡天神駅
    からのアクセス

  • 地下鉄空港線
    天神駅からの
    アクセス

  • 地下鉄七隈線
    南天神駅
    からのアクセス

  • 西鉄バス
    からのアクセス

  • 高速バス
    からのアクセス

  • JR博多駅
    からのアクセス

    • 電車

  • 福岡空港
    からのアクセス

    • 電車

  • たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 現役医師、平島徹朗がライザップに挑戦!!
  • たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 現役医師、相馬渉がライザップに挑戦!!
  • 内視鏡医トライアスロンへの道

新着情報

  • 2017.10.31

    11月の診療及び休診日のお知らせ

    11月の診療及び休診日についてお知らせします。

    理事長の診療日は11月7日(火)・11月14日(火)・11月28日(火)となります。

    なお、日曜日と祝日は休診とさせて頂いております。

    皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 2017.10.02

    10月の診療及び休診日のお知らせ

    2017年10月2日

    10月の診療及び休診日をお知らせ致します。

    理事長の診療日は10月3日(火)・10月10日(火)・10月24日(火)となります。

    なお、日曜日と祝日は休診とさせて頂いております。

    皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 2017.06.30

    Webサイトを公開いたしました

    福岡天神内視鏡クリニック 7月18日に開院します。「世界最高水準の苦しくない無痛内視鏡検査」で好評をいただいている、たまプラーザ南口胃腸内科クリニック(横浜本院)の福岡分院が完成します。
    これまで横浜院で最高峰の医療技術と最新鋭の内視鏡機器、そして患者さんへの思いやりのある医療を行ってまいりましたが、日本全国そして世界中のみなさまより、「他の地域でも同じ医療が受けられないか」という強い要望が数多く寄せられてきました。
    ご希望にお応えするべく、満を持して福岡天神の地で分院を開院いたします。
    横浜院と同じ内視鏡検査・治療を受けていただけることはもちろんのこと、どの分野にもさらに磨きをかけてパワーアップして開院いたします。西鉄天神駅中央口から徒歩2分という、非常に交通の便に優れた場所でもありますので、多くのみなさまに来院していただき、これまで検診や人間ドックなどの内視鏡検査で苦しい思いをされてきた方などには、当院の「苦しくない無痛内視鏡検査」をぜひ受けていただきたいと思います。

福岡天神内視鏡クリニックブログ

  • 17.11.17

    理事長ブログ

    NEW

    受動喫煙対策遅れそうですね

    おはようございます、理事長の平島です。 厚生労働省と自民党が新たな受動喫煙対策を画策していることが分かりました。以前は「30平米以下」の小規模なスナックや飲食店などで例外的に喫煙を認めるという案で政策が進もうとしていましたが、今回の案では「150平米以下」の飲食店で喫煙可能という案を推し進めようとしています。新規開業や大手チェーン店はこの案には当てはまらないとのことですが、既存の中規模の飲食店に配慮した案となっていますが、世界基準としては飲食店は全店舗全面禁煙するのが常識だと思われます。150㎡というと、約45坪ですのでかなり大きな店舗での喫煙が可能となることを意味しますので、事実上多くの飲食店で喫煙が可能となります。JTなどから献金を受けている多くの自民党議員の配慮からなのでしょうか。。。。 店内での分煙は全く意味がないということは世界的に常識とされています。分煙は「オシッコプール」と一緒とよく言われています。コースロープの張ったプールで、第1コースでは「オシッコやウンチをしてはいけない」第2コースでは、「オシッコやウンチをして良いですよ」第3コースでは「ウンチだけにしてください」と言っているのと全く同じ概念が「分煙」という全く意味の無い曖昧な表現となっています。タバコの煙は約8㍍先まで届きますから、歩きタバコも周りの受動喫煙を考えると論外と言えます。お子さんのいる家庭で喫煙することはお子さんに代表するご家族に対する「虐待」となるとも認識できます。 私も13年前まで喫煙していた人間ですので、喫煙する人の気持ちも分からないではないですが、禁煙すると凄く素晴らしい世界が待っていますので、是非タバコの害から離れていってもらいたいと思います。手軽に手に入るタバコは常習性の観点から「覚醒剤よりタチが悪い」と言われています。流行のアイコスなども百害あって一利無しですので、是非みなさんで東京オリンピックに向けて、タバコのない世の中にしていきましょう。 タバコの話題になるとついつい熱くなってしまう今日この頃です。 テラスは日中の暖かい時期は過ごしやすくなっています。

  • 17.11.16

    スタッフ

    NEW

    ジムで丸裸に!

    こんにちは。スタッフのイケンダカーです。 少しずつ街にはイルミネーションも増え冬の装いですね。 最近の私の休日はこんな感じです。 ↓ ↓ ↓ ジムで丸裸に! 題名でビックリされたかとは思いますが、 最近、筋力の衰えと体形が気になり何か始めないとと思い、 ジムの体験に行ってきました。 そこで最新機器を使い、体の隅々まで測定を... 丸裸です(笑) 詳細はお教えできませんが、筋力、水分、タンパク質が足りていないとのこと。 やはり日々の積み重ねが大事ですね...   ジムの後は待ちに待ったランチ会! 子供のスポーツ繫がりのママ友とのランチ会♪ 前から気になっていた姪の浜にある『浜のフレンチ』へ。 どれも美味しくて話も弾みました♪     ランチの後はママ友の素敵な御宅訪問へ。 帰りにはママ友手作りの干柿のお土産付♡ 運動~美味しいランチ~~楽しいおしゃべり~お土産まで フルコースの素敵な休日を満喫できました♪        

  • 17.11.13

    院長ブログ

    NEW

    大腸内視鏡検査はツライ?

    こんにちは、院長の相馬です。 当院では大腸内視鏡(大腸カメラ)検査前に、必ず詳細な診察をしています。 検査を受けるきっかけは、便潜血検査が陽性であったり、便秘や下痢といった便通異常であったりと人それぞれです。中には家族に強く勧められて、しぶしぶ受診される方もいます。 検査前の診察でお話しすると、 「大腸カメラってツライのですよね?」 「検査前の下剤って、美味しくないのに2リットルも飲まないといけないのですよね?」 とよく聞かれます。 過去に受けた大腸カメラの経験や、周囲の人達からの話で、大腸カメラにはどうしても「ツライ、キツイ」といったネガティブなイメージがついています。 当院ではこのような大腸カメラのイメージを変えたいと思い、さまざまな工夫をして毎日検査を行っています。 大腸がんは心配だけど重い腰が上がらない・・・大腸カメラを受けようか、と迷っている方は、ぜひ一度相談に来てください。 昨日は福岡マラソンがあり、クリニック近くがスタート地点になっており、盛り上がっていました。