内科診察・内視鏡検査随時受付中

tel:0927378855_new env web予約はこちら
tel:0927378855 web予約はこちら
同日内視鏡ドック 消化器専門外来 コロナウイルス感染予防対策 WEB問診票
胃内視鏡検査 大腸内視鏡検査
ご予約こちら クリニックブログ


当院について
ABOUT CLINIC

がん死因の半数以上を占める食道・胃・大腸がんを早期発見・治療を行い、
「薬に頼らない生活習慣の改善」も都度アドバイスさせて頂ければと考えております。
「おなか」の不調などで日々お困りのことなども“「おなか」何でも相談室”“便通異常相談室”
設けて気軽に相談できるクリニックを目指しております。

なぜ、胃カメラと大腸内視鏡検査を受けた方がいいのか 詳しく見る 大腸内視鏡検査前日の食事は非常に大切です!簡便かつ詳細な食材選びの方法をお教えします あなたが飲んでいるお薬、一緒に減らしていきませんか? 1日たった5分の簡単ガン予防体操 ノーキャンササイズ カプセル内視鏡 漫画でわかる胃カメラ検査 漫画でわかる大腸カメラ検査

「がんで亡くなる人・苦しむ人を一人でも多く減らしたい」 という理念の元、
「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」を広く実践しております医療法人ハートアンドオンリーの福岡院として福岡天神に開院いたしました。
当法人の横浜院であります「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」は平成23年9月の開院以来、
一般外来や「おなか」の不調などの診療を行いながら、 内視鏡検査・治療数は10,502件(2017年9月1日~2018年8月31日)をこなしてきました。
福岡院でも横浜院同様、内視鏡検査・治療を中心に行っておりますが、「おなか」の不調のご相談や生活習慣病の改善方法のご相談など様々な分野のご相談、治療に対応しておりますので、お気軽に相談頂ければと思います。

※当院は先進的な医療機器・医療設備を有していますが、保険医療機関でありますので、医療費は全国一律・同一料金となっております

福岡天神内視鏡クリニック
紹介動画

当院の特徴である「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」を「1分」でご紹介

院内のご案内

診療時間

診療時間一覧表

◎…診療・内視鏡検査・手術      
〇…内科診察・内視鏡検査、手術      
●…内科診察     
ー…休診  
※日曜と祝日は休診です

診療時間一覧表

※平島徹朗医師の診察・内視鏡検査日は第2,4週火曜日となっております
※医師の学会出席などでやむを得ず休診日にさせて頂くことがございます。


医師のご紹介
DIRECTOR CHAIRMAN INTRODUCTION

国立がん研究センターで習得した内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。

国立がん研究センターで習得した内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、
日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。


胃内視鏡検査
GASTROSCOPY

当院では胃内視鏡検査(胃カメラ)を精度の高い検査に徹底的にこだわり、自覚症状の出ないような微細な食道がん・胃がんを早期の段階で発見し、 内視鏡治療を行うことができれば肉体的にも精神的にも負担なくがんを治療することが可能となります。楽な胃カメラを受けることにより初めて「今後も定期的に胃カメラを受けよう」と思っていただき、食道がんや胃がんの早期発見・早期治療につながると確信しております。不安軽減の為、受付からご案内・咽頭麻酔・鎮静剤・内視鏡操作に関しましても様々な細かい工夫を凝らしておりますので、安心して胃カメラを受けていただければと思います。


大腸内視鏡検査
COLONOSCOPY

大腸がんで亡くなられる方が現在、女性で第1位、男性で第3位となっており、今後ますます増加していくことが予想されております。 その原因に、食習慣の欧米化や肥満・アルコール・喫煙など生活習慣の変化が大きく関与している可能性が高いことが分かってきております。 大腸がんは大腸ポリープから進展していくことが多く、早い段階でがん化していない状態の大腸ポリープを大腸内視鏡検査で発見し、切除することが「究極の大腸がん予防」につながると言われております。大腸内視鏡検査当日は、なるべく洗腸剤を楽に、苦痛が少なく服用できるように味と量に配慮して、必要最小限の服用で済むよう細やかな工夫をしております。


一般診療
GENERAL PRACTICE

「胸焼け」、「胃が痛い」、「お腹が張る」などのお腹の症状で困っている方
「便秘」、「下痢」、「血便・下血」などの便通異常がある方
「胃レントゲン検査異常」、「ピロリ菌陽性」、「便潜血陽性」などの検診異常を指摘された方
お腹の症状、便通異常や検診異常をそのままにしていませんか?お腹に関することは専門的な診察と検査及び治療ができる当院をご受診ください。


高濃度ビタミンC点滴療法

胃・大腸内視鏡検査を定期的に受けている健康意識の高い患者さん達は、次の段階として「がんの予防」や「病気の予防」を考えるようになります。高濃度ビタミンC点滴により身体の免疫力を高め、がんの発症のもとである活性酸素を除去し、
「がん予防」と「病気予防」に努めることは健康寿命を延ばす適切な方法です。
さらにビタミンC作用の一つであるコラーゲン生成作用によりお肌の美白やエイジングケア作用にも大きな効果をもたらします。
高濃度ビタミンC点滴などによる病気の予防医療に力を注いでいただくことこそが個人的にも、さらには最終的に国家の医療費削減という我々の究極の目標に対しても貢献できると確信しております。

秋山医師と平島医師が実際に
内視鏡を受けました
I RECEIVED THE ACTUAL INSPECTION

これまで内視鏡検査を受けたことがない方や、健診や人間ドックなどの内視鏡検査で苦しい思いをして検査を避けている方など、前日の食事制限から当日の洗腸剤服用の様子など、当院の「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」がどのような流れで行われているのか、
秋山医師と平島医師自らが内視鏡検査を実際に受け、解説しております。
テレビや新聞報道などで内視鏡検査を受けないといけないと思いつつ、人間ドックなどでの辛い内視鏡検査体験を知人から聞いて検査を避けている方など、実際の当院での「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」の様子を事前に動画で見ることができますので、不安な気持ちや心配が取り除かれるのではと思います。早期の食道がん・胃がん・大腸がんは自覚症状が出ることはまずありませんので、早期発見・早期治療のためにも定期的な内視鏡検査をお勧めいたします。


当院の「苦しさと
痛みに配慮した内視鏡検査」の特徴
CHARACTERISTIC

当院の特徴である「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」は高精度な内視鏡検査・緻密な内視鏡治療を行うために、先進的な医療技術や医療機器にも徹底的にこだわっております。
微細な病変を映し出す大画面のハイビジョンモニターや、そのモニターの位置や角度を自在に変えることができるドイツ製の天吊りモニターアームなど先進的な内視鏡検査機器を導入しております。また、感染防御対策も徹底しており、高洗浄力の内視鏡洗浄機器を導入すると共にデジタル洗浄管理システムも取り入れ、安全・安心に配慮した内視鏡洗浄・管理を行っております。


胃腸内科ドクターの何でも相談室
CONSULTATION ROOM


診療傾向データ
(医療法人ハートアンドオンリー)DATA

2011年9月に開院した医療法人ハートアンドオンリーの横浜院ですが、現在では多数の胃・大腸内視鏡検査・手術を行っております。2017年7月に開院した福岡院でも開院初月より多くの内視鏡検査・手術を行っております。 初期の段階では自覚症状が出ることはまずない食道がん・胃がん・大腸がんでありますので、早期発見・早期治療には内視鏡検査は欠かせないものとなります。

  • 2021年度
  • 2020年度
  • 2019年度
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度

総内視鏡検査数 12,087

(2020.9.1~)

胃内視鏡
検査

8,180

67%

大腸内視鏡
検査

8,029

66%

内視鏡
手術

7,533

94%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 7,629

(2019年9月1日から2020年8月31日)

胃内視鏡
検査

5,833

76%

大腸内視鏡
検査

3,564

34%

内視鏡
手術

5,083

141%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 8,017

(2018年9月1日~2019年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,817

50%

大腸内視鏡
検査

4,789

50%

内視鏡
手術

4,325

90%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 10,502

(2017年9月1日~2018年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,810

45%

大腸内視鏡
検査

5,692

55%

内視鏡
手術

3,743

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 7,396

(2016年9月1日~2017年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,077

55%

大腸内視鏡
検査

3,319

45%

内視鏡
手術

2,809

38%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 8,002

(2015年9月1日~2016年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,720

44%

大腸内視鏡
検査

3,282

31%

内視鏡
手術

2,665

25%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 5,099

(2014年9月1日~2015年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,815

55%

大腸内視鏡
検査

2,284

45%

内視鏡
手術

1,760

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 3,910

(2013年9月1日~2014年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,190

39%

大腸内視鏡
検査

1,720

30%

内視鏡
手術

1,760

31%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 3,734

(2012年9月1日~2013年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,115

57%

大腸内視鏡
検査

1,619

43%

内視鏡
手術

790

49%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 2,287

(2011年9月1日~2012年8月31日)

胃内視鏡
検査

1,054

46%

大腸内視鏡
検査

1,233

54%

内視鏡
手術

618

27%

診療傾向データを見る

クリニックまでのアクセス

当院は九州の交通・経済の中心地であります福岡天神地区に位置し、西鉄天神駅や地下鉄天神駅・天神南駅より徒歩圏内にあり、交通の利便性の良い立地となっております。
西鉄・地下鉄・バス・タクシーなど、どの交通機関を利用して頂いてもアクセスの良い場所に位置しておりますので、
下記の各交通機関を選んでいただきますと道案内をご覧いただけます。
グーグルマップの「ルート案内」機能を使ってのアクセスにも対応しておりますので、初めての受診の方にも安心してご来院いただけると思われます。
「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

住所 : 〒810-0001   
福岡県福岡市中央区天神2-4-11
パシフィーク天神4F


  • 「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

地図を移動させるには指2本で操作します

  • 西鉄福岡天神駅
    からのアクセス

  • 地下鉄空港線
    天神駅からの
    アクセス

  • 地下鉄七隈線
    南天神駅
    からのアクセス

  • 西鉄バス
    からのアクセス

  • 高速バス
    からのアクセス

  • JR博多駅
    からのアクセス

    • 電車

  • 福岡空港
    からのアクセス

    • 電車

  • たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 現役医師、平島徹朗がライザップに挑戦!!
  • 内視鏡医トライアスロンへの道

新着情報

  • 2021.11.19

    12月の診療及び休診日のお知らせ

    12月の診療及び休診日についてお知らせします。

    平島医師の診療日は12月7日(火)、12月14日(火)となります。

    細川医師の休診日は12月7日(火)、12月14日(火)です。

    なお、日曜日と祝日、12月29日(水)~1月4日(火)までは長期休暇の為休診とさせて頂きます。

    12月28日(火)は17時までの診療です。

    皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 2021.10.21

    11月の診療及び休診日のお知らせ

    11月の診療及び休診日についてお知らせします。

    平島医師の診療日は11月9日(火)・11月30日(火)となります。

    細川医師の休診日は11月9日(火)・11月30日(火)です。

    なお、日曜日と祝日は休診とさせて頂いております。

    皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 2021.09.30

    10月の診療及び休診日のお知らせ

    10月の診療及び休診日についてお知らせします。

    平島医師の診療日は10月12日(火)・10月26日(火)となります。

    細川医師の休診日は10月12日(火)・10月26日(火)です。

    なお、日曜日と祝日は休診とさせて頂いております。

    皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

福岡天神内視鏡クリニックブログ

  • 21.11.26

    NEW

    秋の英彦山神宮へ

    こんにちは スタッフのべっちです!(^^)! 急に寒くなりましたがいかがお過ごしでしょうか?   私は先週英彦山神宮へ行ってきました!           神様のご神徳により、農業生産、鉱山、工場の安全の守護神また、勝運の神様として古来より崇敬されています。 スロープカーもありますが、 せっかく来たからと奉幣殿まで往復歩いて登ることにしました。           キツくてスロープカーに乗れば良かったと何度も思いましたが途中、4歳位の女の子が頑張って登っていたので私も頑張りましたが 息があがって足もガクガクで日頃の運動不足を心から実感しました🥺             奉幣殿に着いて参拝し呼吸も落ち着いたのでここから下宮に登りました。                               その後は奉幣殿の社務所でご朱印 をいただきました。                                               帰りは楽々だろうと思っていましたが実は下りの方が怖くて 違うキツさがありました。 筋肉痛はしばらく続きましたが紅葉もキレイで良い運動になりました。   朝晩一段と寒くなりましたので暖かくしてお過ごしください。 それではまた🖐️                            

  • 21.11.24

    NEW

    便秘を考察する その31 腸のねじれを解消する運動

    おはようございます。医師の細川です。 前回、前々回は、ねじれ腸と落下腸による便秘を改善させるマッサージとそのマッサージの効果を高めるコツについてお話ししました。 今回は、ねじれ腸や落下腸の便秘改善に効果的な運動に関してお話ししたいと思います。     日常的に良く運動をする人は便秘で悩んでいる人が少ないと言われています。 日常的に運動をしている人が便秘になるリスクを1とした場合、運動しない人が便秘になるリスクがどれぐらい高くなるかを検証している海外の医学論文があります。 この医学論文によれば、1日に500mしか歩かない人が便秘になるリスクは日常的に運動している人に比べると1.7倍高く、他人の介助でしか歩行出来ない人は3.4倍高く、車いすで生活する人は6.9倍、寝たきりの人は15.9倍も便秘になるリスクが高いと報告されています。 実際に、若い頃、良く運動していた頃は便秘なんて無かったけど、社会人になって運動しなくなったら便秘になってきたという人は多いのではないでしょうか? 運動は腸に刺激を与え、腹筋なども鍛えられ、排便力が向上するため、便秘改善には非常に有効です。     特に便秘を改善させるために効果的と考えられる運動は、おなかを直接ひねるような運動です。 この運動は、ねじれ腸・落下腸にも効果的です。 ねじれ腸と落下腸による便秘を改善させるマッサージは、ねじれ腸を正常な形の腸に戻すマッサージでは無く、お腹を押さえて腸を揺らし、ねじれ腸・落下腸のねじれ部分を一時的に広げたり、緩めたりすることで、ねじれ部分の便のひっかかりを取り、排便をサポートするマッサージ方法でした。 お腹を直接ひねる様な運動もこのマッサージと同様に腸のねじれ部分を一時的に広げたり、緩めたりすることで、排便をサポートしてくれます。     具体的には、テニスやゴルフ、ピラティス、ダンスのような運動です。 フラダンスやベリーダンス、ヨガのような体をひねる・ゆらす運動も有効です。 これらの運動は、お腹に十分なひねりが加わり、骨盤内の腸を大きく揺らすことが出来るため、腸のねじれ部分を一時的に広げたり、緩めたりすることで、排便をサポートしてくれます。     また、腹筋を鍛える運動も排便力を高めるためには有効です。 腹筋を鍛えると、大腸の蠕動運動を高めてくれるため、更に排便力がアップします。     とはいえ、本格的に運動するのは難しいという方も多いと思います。 このような方に簡単にできる運動としてお勧めなのが、小学生の時、夏休みに毎日していたあの「ラジオ体操第一」です。 いまどきの小学生はもう夏休みにラジオ体操などしていませんが・・・(笑)   ラジオ体操第一は、体をひねる・ゆらすといった動きがバランス良く含まれている上に1回あたりの時間が短く、天候や時間を問わず、気軽に自宅で行えるのがメリットです。 体が少し汗ばむぐらい、しっかり体操するのが効果的です。     いかがだったでしょうか? この運動は便秘改善に非常に有効なので、是非毎日やってみて下さい。 食生活や規則正しい生活リズムに取り入れるとさらに排便力がアップします。 お悩みの方は是非一度、ご相談ください。

  • 21.11.22

    NEW

    若年者の大腸がんが増えてます!

    おはようございます。医師の秋山です。   かなり前ですが、岩田屋で買った船橋屋の「元祖くず餅」を紹介します。ちなみに葛粉を使った「葛餅」ではありません。 植物性乳酸菌がたっぷりと入った、珍しい発酵食品の和菓子です。お腹に優しいですので一度ご賞味ください。   閑話休題、最近、大腸カメラ検査をしながら思うのが、 「若年者の大腸がんが増えてんじゃん!」ということです。   ちなみに若年者とは、50歳未満のことを指します。 写真は、42歳男性の進行直腸がんです。   こんな感じで、早ければ20代から大腸がんが発症する症例もあります。   実際、数十年前と比べると、若年者の大腸がんのリスクは3〜4倍まで上昇しており、現在の30代の大腸がんのリスクは、数十年前の50代の大腸がんのリスクと同じとまで言われているんです。   怖いですよね。では、なぜ若年者の大腸がんのリスクが増えてるんでしょうか?   リンチ症候群や、家族性大腸腺腫症などの遺伝性疾患で若年性大腸がんを発症するんですけど、これらの遺伝性疾患は、今も昔も数は変わらないため、他に原因がありそうです。   実は原因はよくわかってないんです!ただし、以下が原因だろうと予想されています。 それは ①食事 ②運動不足 ③腸内細菌の変化 です。 ①は、飲酒、喫煙、牛肉、加工食品(ハム、ソーセージ、ベーコン)などの高脂肪食の食べ過ぎです。 ②ですが、運動不足による肥満が若年者に増えていること、そして、座ってテレビなどを見ている時間が長いことが大腸がんのリスクを増やします。具体的に5時間以上座っていると大腸がんのリスクが上昇します。 ③ですが、これは、小さい頃から抗生物質を多量に使用したことによる腸内細菌の変化によるものです。   いかがでしたでしょうか。 個人的には、整腸剤を毎日飲むことにより、腸内環境を良くすれば、大腸がんを防げると思っています。   特に、我々医療法人が作ったオリジナルの整腸剤である「ラクエイド」は、1日に1兆個の乳酸菌、200億個のビフィズス菌が摂れます。 興味がある方は下記URLがラクエイドの購入ページです。 https://colorme-repeat.jp/8/c8264ce5/lacaid   送料110円のみの5日間サンプルもこの購入ページから購入できますのでご利用ください。     50歳未満の方で、ちょっとでも気になる方は、ぜひ一度大腸カメラ検査を受けに来てくださいね。   以上、若年者の大腸がんの話でした。     それでは今週も頑張りましょう。クリニックでお待ちしております。