内科診察・内視鏡検査随時受付中

TEL:0120-000-000 web予約はこちら
TEL:092-737-8855 web予約はこちら
なぜ、胃カメラと大腸内視鏡検査を受けた方がいいのか 詳しく見る 大腸内視鏡検査前日の食事は非常に大切です!簡便かつ詳細な食材選びの方法をお教えします


当院について
ABOUT CLINIC

がん死因の半数以上を占める食道・胃・大腸がんを早期発見・治療を行い、
「薬に頼らない生活習慣の改善」も都度アドバイスさせて頂ければと考えております。
「おなか」の不調などで日々お困りのことなども“「おなか」何でも相談外来”“便通異常外来”
設けて気軽に相談できるクリニックを目指しております。

なぜ、胃カメラと大腸内視鏡検査を受けた方がいいのか 詳しく見る 大腸内視鏡検査前日の食事は非常に大切です!簡便かつ詳細な食材選びの方法をお教えします

「がんで亡くなる人・苦しむ人を一人でも多く減らしたい」 という理念の元、
「苦しくない無痛内視鏡検査」を広く実践しております医療法人ハートアンドオンリーの福岡院として福岡天神に開院いたしました。
当法人の横浜院であります「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」は平成23年9月の開院以来、
一般外来や「おなか」の不調などの診療を行いながら、 内視鏡検査・治療数は年間約8000件と一般的な総合病院や大学病院をもしのぎ、
クリニックとしては全国トップレベルの検査・治療数を誇っております。
福岡院でも横浜院同様、内視鏡検査・治療を中心に行っておりますが、「おなか」の不調のご相談や生活習慣病の改善方法のご相談など様々な分野のご相談、治療に対応しておりますので、お気軽に相談頂ければと思います。

※当院は最新の医療機器、最先端の医療設備を有していますが、保険医療機関でありますので、医療費は全国一律・同一料金となっております

福岡天神内視鏡クリニック
紹介動画

当院の特徴である「苦しくない無痛内視鏡
検査」を「1分」でご紹介

院内のご案内

診療時間

診療時間一覧表

〇…内科診察・内視鏡検査、手術      
●…内科診察     
ー…休診  
※日曜と祝日は休診です

診療時間一覧表

※平成31年4月から
※理事長平島徹朗の診察・内視鏡検査日は第1,2,4週火曜日となっております


医師のご紹介
DIRECTOR CHAIRMAN INTRODUCTION

国立がん研究センターで習得した世界最先端の内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。

国立がん研究センターで習得した世界最先端の内視鏡技術に加えて、長年勤務した3次救命救急病院で身につけた医療技術を活かして、
日々のちょっとしたおなかの不調や体調不良、生活習慣病の改善方法などを気軽に相談できるクリニックを目指しております。
どこの科を受診して良いのか分からないような身体のお困り事など気軽にご相談ください。


胃内視鏡検査
GASTROSCOPY

当院では胃内視鏡検査(胃カメラ)を精度の高い検査に徹底的にこだわり、自覚症状の出ないような微細な食道がん・胃がんを早期の段階で発見し、 内視鏡治療を行うことができれば肉体的にも精神的にも負担なくがんを完治することが可能となります。楽な胃カメラを受けることにより初めて「今後も定期的に胃カメラを受けよう」と思っていただき、食道がんや胃がんの早期発見・早期治療につながると確信しております。不安軽減の為、受付からご案内・咽頭麻酔・鎮静剤・内視鏡操作に関しましても様々な細かい工夫を凝らしておりますので、安心して胃カメラを受けていただければと思います。


大腸内視鏡検査
COLONOSCOPY

大腸がんで亡くなられる方が現在、女性で第1位、男性で第3位となっており、今後ますます増加していくことが予想されております。 その原因に、食習慣の欧米化や肥満・アルコール・喫煙など生活習慣の変化が大きく関与している可能性が高いことが分かってきております。 大腸がんは大腸ポリープから進展していくことが多く、早い段階でがん化していない状態の大腸ポリープを大腸内視鏡検査で発見し、切除することが「究極の大腸がん予防」につながると言われております。大腸内視鏡検査当日は、なるべく洗腸剤を楽に、苦痛なく服用できるように味と量に配慮して、必要最小限の服用で済むよう細やかな工夫をしております。


高濃度ビタミンC点滴療法

胃・大腸内視鏡検査を定期的に受けている健康意識の高い患者さん達は、次の段階として「がんの予防」や「病気の予防」を考えるようになります。高濃度ビタミンC点滴により身体の免疫力を高め、がんの発症のもとである活性酸素を除去し、
「がん予防」と「病気予防」に努めることこそが健康寿命を延ばす最適で最善の方法です。
さらにビタミンC作用の一つであるコラーゲン生成作用によりお肌の美白やアンチエイジング作用にも大きな効果をもたらします。
高濃度ビタミンC点滴などによる病気の予防医療に力を注いでいただくことこそが個人的にも、さらには最終的に国家の医療費削減という我々の究極の目標に対しても貢献できると確信しております。

院長と理事長が実際に
内視鏡を受けました
I RECEIVED THE ACTUAL INSPECTION

これまで内視鏡検査を受けたことがない方や、健診や人間ドックなどの内視鏡検査で苦しい思いをして検査を避けている方など、前日の食事制限から当日の洗腸剤服用の様子など、当院の「苦しくない無痛内視鏡検査」がどのような流れで行われているのか、
院長・理事長自らが内視鏡検査を実際に受け、解説しております。
テレビや新聞報道などで内視鏡検査を受けないといけないと思いつつ、人間ドックなどでの辛い内視鏡検査体験を知人から聞いて検査を避けている方など、実際の当院での「苦しくない無痛内視鏡検査」の様子を事前に動画で見ることができますので、不安な気持ちや心配が取り除かれるのではと思います。早期の食道がん・胃がん・大腸がんは自覚症状が出ることはまずありませんので、早期発見・早期治療のためにも定期的な内視鏡検査をお勧めいたします。

相馬院長


当院の「苦しくない
無痛内視鏡検査」の特徴
CHARACTERISTIC

当院の特徴である「苦しくない無痛内視鏡検査」は高精度な内視鏡検査・緻密な内視鏡治療を行うために、最新鋭の医療技術や医療機器にも徹底的にこだわっております。
微細な病変を映し出す大画面のハイビジョンモニターや、そのモニターの位置や角度を自在に変えることができるドイツ製の天吊りモニターアームなど最新鋭の内視鏡検査機器を導入しております。また、感染防御対策も徹底しており、高洗浄力の内視鏡洗浄機器を他院に先駆けていち早く導入すると共にデジタル洗浄管理システムも取り入れ、安全・安心の内視鏡洗浄・管理を行っております。


胃腸内科医の何でも相談室
CONSULTATION ROOM


患者様からの高い満足度
LEVEL OF SATISFACTION

当法人の横浜院である「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」にて内視鏡検査を受けられた患者さんに以前よりアンケートを定期的に行っており、95%以上の患者さんから「内視鏡検査がとても楽で感動した」との感想をいただき、ご家族や知人などがその方の紹介で受診されるという患者さんが当クリニック受診者の大部分を占めるようになっております。

満足度97.6%
患者様アンケート一覧へ
満足度97.6%


診療傾向データ
(医療法人ハートアンドオンリー)DATA

2011年9月に開院した医療法人ハートアンドオンリーの横浜院ですが、現在では大学病院や総合病院に匹敵する検査数の胃・大腸内視鏡検査・手術を行っております。2017年7月に開院した福岡院でも開院初月より多くの内視鏡検査・手術を行っております。 初期の段階では自覚症状が出ることはまずない食道がん・胃がん・大腸がんでありますので、早期発見・早期治療には内視鏡検査は欠かせないものとなります。

  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度

総内視鏡検査数 10,502

(2017年9月1日~2018年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,810

45%

大腸内視鏡
検査

5,692

55%

内視鏡
手術

3,743

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 7,517

(2016年9月1日~2017年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,144

55%

大腸内視鏡
検査

3,373

45%

内視鏡
手術

2,839

38%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 8,002

(2015年9月1日~2016年8月31日)

胃内視鏡
検査

4,720

44%

大腸内視鏡
検査

3,282

31%

内視鏡
手術

2,665

25%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 5,119

(2014年9月1日~2015年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,815

55%

大腸内視鏡
検査

2,304

45%

内視鏡
手術

1,760

35%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 3,910

(2013年9月1日~2014年8月31日)

胃内視鏡
検査

2,190

39%

大腸内視鏡
検査

1,720

30%

内視鏡
手術

1,760

31%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 2,287

(2012年9月1日~2013年8月31日)

胃内視鏡
検査

1,054

36%

大腸内視鏡
検査

1,233

42%

内視鏡
手術

618

21%

診療傾向データを見る

総内視鏡検査数 2,287

(2011年9月1日~2012年8月31日)

胃内視鏡
検査

1,054

46%

大腸内視鏡
検査

1,233

54%

内視鏡
手術

618

27%

診療傾向データを見る

クリニックまでのアクセス

当院は九州の交通・経済の中心地であります福岡天神地区に位置し、西鉄天神駅や地下鉄天神駅・天神南駅より徒歩圏内にあり、交通の利便性の良い立地となっております。
西鉄・地下鉄・バス・タクシーなど、どの交通機関を利用して頂いてもアクセスの良い場所に位置しておりますので、
下記の各交通機関を選んでいただきますと道案内をご覧いただけます。
グーグルマップの「ルート案内」機能を使ってのアクセスにも対応しておりますので、初めての受診の方にも安心してご来院いただけると思われます。
「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

住所 : 〒810-0001   
福岡県福岡市中央区天神2-4-11
パシフィーク天神4F


  • 「アクセスページを見る」をクリックいただければ、詳細の道のりをオリジナルアクセス動画や写真での道案内をご覧いただけます。

地図を移動させるには指2本で操作します

  • 西鉄福岡天神駅
    からのアクセス

  • 地下鉄空港線
    天神駅からの
    アクセス

  • 地下鉄七隈線
    南天神駅
    からのアクセス

  • 西鉄バス
    からのアクセス

  • 高速バス
    からのアクセス

  • JR博多駅
    からのアクセス

    • 電車

  • 福岡空港
    からのアクセス

    • 電車

  • たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 現役医師、平島徹朗がライザップに挑戦!!
  • たまプラーザ南口胃腸内科クリニックダイエット企画 現役医師、相馬渉がライザップに挑戦!!
  • 内視鏡医トライアスロンへの道

新着情報

  • 2019.04.20

    5月の診療及び休診日のお知らせ

    5月の診療及び休診日についてお知らせ致します。
    平島理事長の診療日は5月7日(火)・5月28日(火)となります。
    秋山総院長は5月9日(木)~15日(水)まで休診とさせて頂きます。
    相馬院長につきましては、5月15日(水)は診療を行い、5月16日(木)とその他の水曜日は休診となります。
    なお、日曜日と祝日、4月28日(日)~5月5日(日)まで長期休暇の為休診とさせて頂きます。
    皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 2019.03.22

    4月の診療及び休診日のお知らせ

    4月の診療及び休診日についてお知らせ致します。

    4月より医師の増員に伴い、新体制となります。

    平島理事長の診療日は4月2日(火)・4月9日(火)・4月23日(火)となります。

    秋山総院長は月曜日から土曜日まで終日診療を行い、相馬院長につきましては、4月より水曜日休診とさせて頂きます。

    なお、日曜日と祝日、4月28日~5月5日まで長期休暇の為休診とさせて頂きます。

    皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 2019.03.22

    4月以降の診療についてのお知らせ

    平成31年4月1日より新体制となり、土曜日の診療を担当しておりました秋山医師が、

    常勤医師として月曜日から土曜日まで終日診療を行います。

    秋山医師の経歴等につきましては、当クリニックホームページの

    医師紹介ページをご覧下さい。

福岡天神内視鏡クリニックブログ

  • 19.04.22

    総院長ブログ

    NEW

    血液型について

    おはようございます。総院長の秋山です。今日は血液型について書きたいと思います。 血液型占いなどの雑誌や本が巷にあふれています。実は、日本人の7割が血液型と性格は関係していると考えているそうです。好きな人多いですよね。 私が思う、一般的に言われている血液型別の性格のステレオタイプですが、 A型:まじめで几帳面 B型:マイペース O型:おおらか AB型:ユニークな発想 といったところでしょうか。 血液型と性格の関連性について調べた論文は沢山存在し、現在もその関連性について議論されていますが、血液型と性格が関連していることについてこれといったエビデンス(科学的証拠)に乏しく、私はあまり信じないようにしてます。 それでは、血液型と病気の関連性もたびたび議論されているのを御存じでしょうか? よく言われるのが、O型が一番免疫力が強い、というものです。これは、血液型の中でO型の人にリンパ球の数が多いことや、抗A抗体、抗B抗体を絶えず産生しているから、などが根拠となっています。実際、東南アジアや南アメリカ地域ではO型の割合が多いのですが、これはマラリアなどの伝染病で免疫力の強いO型が残り、その他の型が淘汰されたのではないかと推測されています。 さて、消化器疾患では、胃潰瘍や十二指腸潰瘍はO型が多いと言われています。O型は胃酸が多いから、とか、ヘリコバクターピロリ菌がO型糖鎖と親和性があるからではないか、というのが根拠のようです。 その他、A型は胃がん、B型は膵臓がん、AB型は脳卒中になりやすいなど言われていますが、科学的根拠に乏しく、これから研究が進められるところです。 血液型は人間だけでなく、私達が食べている肉、魚の他に、血液がない野菜にも存在します(野菜の場合は血液型物質)。               血液型による相性占いなどよく見かけますが、人間の血液型と食べ物の血液型との相性も存在するかもしれませんね。

  • 19.04.21

    院長ブログ

    NEW

    高濃度ビタミンC点滴の驚くべき抗酸化作用

    おはようございます。院長の相馬です。 先月にビタミンCの効能について書いたところ、多くの方から反響をいただきました。 https://www.fukuoka-tenjin-naishikyo.com/blogpage/2019/03/12/3226/ ビタミンCの経口摂取を今より10倍増やす(意識して摂っていく)ことで、さまざまな恩恵を受けられることを知っていただけましたら嬉しいです。 ブログを書いて以降、当院で高濃度ビタミンC点滴に興味を持っていただいた方が増えました。 そこで今回は「高濃度ビタミンC点滴の効能」について、経口(食事やサプリから)摂取との違いを中心にお話ししたいと思います。   前回のブログで、ビタミンCの経口摂取はたくさん一気に摂りすぎても、ある一定の血中濃度よりは上昇せず、逆に下痢などの副作用を起こすことを書きました。 つまり小腸から吸収されるビタミンCには限度があることが分かります。 「逆に小腸を介さないで直接血管内にビタミンCが入ることができれば、ある一定の血中濃度を上回ることができる」ことになります。 ある一定の濃度を超えてビタミンCが血中に入ったときに、これまでになかった効果が得られるようになります。 それが、「抗酸化作用によるがんに対する治療・予防効果」です。 がんに対する効果を挙げてみましょう。 ノーベル化学賞・ノーベル平和賞を受賞したライナス・ポーリング博士が、1976年と1978年に臨床論文を発表しました。 それは「末期進行がんの患者さん200人に点滴をサプリメントでビタミンCを投与すると、生存期間が対照軍2000人と比べて4.2倍から6倍に延長する」 というものです。 当時はこの「一見胡散臭い印象」のビタミンC点滴療法に対して、批判が相次ぎました。 1979年Mayo 医科大学からは、「進行がんにビタミンC大量投与の有益な効果はない」 と発表しました。これは進行がん患者さん60名に2か月間ビタミンC10gを経口摂取して、対称群と比較検討しています。 結果は症状、食欲、体重に大差はなく、生存曲線も変化がなかったことが示されました。 この発表からすると、ビタミンCを大量に摂取してもがん患者さんの生活の質(Quolity of Life)を改善することはできないのでしょうか。 もう一度Mayo医科大学の研究結果を見直してみましょう。 「進行がん患者さん60名は、2か月間ビタミンC10gを経口摂取していた」 そうです。大量のビタミンCを「点滴でなくて経口摂取していた」のです。 その後はアメリカでは主に民間療法として、高濃度ビタミンC点滴が行われていました。 経口摂取では、ビタミンC血中濃度を上げるのに限界がありますので、あまり効果を得られなかったことになります。 2005年になり、NIH(アメリカ国立衛生研究所)、NCI(アメリカ国立癌研究所)、FDA(アメリカ食品薬品局)が 「薬理学的高濃度のアスコルビン酸は選択的にがん細胞を殺す」 と発表しました。 アスコルビン酸とは、ビタミンCのことです。 薬理学的高濃度とは、以前からぼやかして書いてきました「ある一定の血中濃度以上」のことです。 とても簡単に書きますと 高濃度で血管内に入ったアスコルビン酸(ビタミンC)は、生体内でビタミンCから「過酸化水素(H2O2)」を作り出します。 この「H2O2は強い抗酸化作用」を持っていて、がん細胞のアポトーシスを誘導する(がん細胞の死を自己誘導させる)と言われています。 この続きは次回に書きます。 がん治療で一番大切な治療は、いまでも手術・抗がん剤・放射線療法、そして今注目のがん分子標的療法です。 高濃度ビタミンC点滴は、がんの標準治療ではなくあくまで補完治療の1つです。 次回に書く予定ですが、高濃度ビタミンC点滴はこのようながんの標準治療を支持して治療効果を発揮させることができます。 完治の見込みがないと主治医に宣告された場合の、藁をもすがる思いでいる患者さんへの最後の砦にもなりえます。 また、高濃度ビタミンC点滴は抗がん剤治療におけるつらい副作用を軽減することができます。 高濃度ビタミンC点滴は原則、副作用がありません。 次回は、①高濃度ビタミンC点滴のがんに対する効果のまとめと②美肌・アンチエイジング、花粉症・インフルエンザ予防などについて書きたいと思います。 https://www.youtube.com/watch?v=hy1EKFaJ14E 当院の「患者さんに身体に優しい内視鏡検査」紹介しています。 よかったらチャンネル登録をお願いします。

  • 19.04.20

    総院長ブログ

    NEW

    加熱式たばこについて

    おはようございます。総院長の秋山です。 最近、診察をしてふと気付いたのですが、患者さんに喫煙歴の有無を聞くと、「たばこをやめて加熱式たばこを吸うようにしています。」という患者さんが増えてきました。加熱式たばこについての知識があまりなかったため、今回は、加熱式たばこについて調べてみました。 現在、日本には様々な加熱式たばこが販売されています。加熱式たばこは、従来の紙巻たばこと同じく、葉たばこを使用しています。ただし、燃やすのではなく、電気的に熱して使用します。従来の紙巻たばこと同様に、ニコチンなどの様々な化学物質が生じますが、加熱式たばこの方がその量は少ないと言われています。 この加熱式たばこですが、厚生労働省は以下のような見解を発表しています。 1.加熱式たばこの主流煙には、紙巻たばこと同程度のニコチンを含む製品がある。 2.加熱式たばこの主流煙に含まれる主要な発がん性物質の含有量は、紙巻たばこに比べれば少ない。 3.加熱式たばこ喫煙時の室内におけるニコチン濃度は、紙巻たばこに比べれば少ない。 この厚生労働省の見解によれば、確かに加熱式たばこの方が、喫煙者や受動喫煙者のどちらにも健康に良いような気がしますね。 しかしながら、日本禁煙学会、日本呼吸器学会は、「加熱式たばこの使用者、受動喫煙者共に、従来の紙巻たばこと同様に健康を害する可能性がある」という趣旨の警告をしています。 現時点で加熱式たばこが人間の体にどのような影響を及ぼすのかはまだ分かっていません。加熱式たばこの歴史は浅く、データの蓄積はこれからです。 それでは、これらの学会はなぜこのような警告をしているのでしょうか。 それは、これまでの紙巻たばこの歴史と関係があると思います。 紙巻たばこが健康に害を及ぼすことは半世紀以上前から指摘されており、このため、喫煙者の健康に悪影響を及ぼさないように、低ニコチン、低タールやフィルター付きのたばこなどが開発され、販売されてきました。しかしながらそれでも肺がん、肺気腫、虚血性心疾患などの病気のリスクは低下しませんでした。そういう科学的根拠を元に、上記のような見解を示しているのではないかと思います。 以上が現在の加熱式たばこに対する現状です。加熱式たばこでも吸いすぎには注意が必要ですね。 当クリニックの近くにあるドン・キホーテです。沢山の種類の加熱式たばこが販売されていたので驚きました。               今回は、これまで胃カメラで苦しい思いをしてきた方への当院の胃カメラの特徴について、動画にしました。 他院で胃カメラがツラかった方は、一度動画をごらんください。 https://www.youtube.com/watch?v=U3A6IFnh6OE