一般診療
GENERAL PRACTICE

胃アニサキス症

胃に関する項目
胃アニサキス症

胃アニサキス症の原因や症状は何ですか?

アニサキスは寄生虫の一種です。アニサキスが寄生するイカ、イワシ、アジ、サバ、カツオ、サンマなどの魚介類を生食することでヒトに経口感染します。
アニサキスは加熱や冷凍により死滅するため、採れたての新鮮なお刺身やお寿司などを食べると感染しやすいと言われています。
原因となる魚介類を生食すると、アニサキスが胃壁内に侵入し、摂取後、1時間から数時間で突然発症する激しいみぞおちの痛みや吐き気・嘔吐などを引き起こします。
発熱や蕁麻疹、痒みなどの症状が出ることもあります。
痛みなどの症状はアニサキスが胃壁内に噛みついたことが原因で起こるわけではありません。これらの症状は、アニサキスが胃壁内に侵入したことで起こるアレルギー反応が原因と考えられています。アニサキスが侵入した胃壁周辺の粘膜がアレルギー反応により腫れることで痛みなどの症状が出現します。
胃壁に噛みついているアニサキスの虫体。胃粘膜は発赤・浮腫を認める
鉗子を用いて内視鏡下にアニサキス虫体を除去した

胃アニサキス症はどうやって診断するの?

診断には、原因となる魚介類を生食で摂取しているかどうかの問診が非常に重要です。
原因魚介類を摂取後、1時間から数時間で突然発症したみぞおちの痛みを訴えて来院された場合、アニサキスによる症状が強く疑われます。
胃アニサキス症が疑われた場合は、胃過形成性ポリープ(胃内視鏡検査)を行い、胃壁内に噛みついたアニサキスの虫体を探します。

胃アニサキス症はどうやって治療するの?

問診で胃アニサキス症が疑われた場合、そのまま胃カメラ検査(胃内視鏡検査)を行います。胃カメラ検査(胃内視鏡検査)でアニサキスの虫体が確認された場合、鉗子というマジックハンドのような器具を用いて胃壁内噛みついたアニサキスを除去します。アニサキスは一匹だけでなく複数匹認めることも多く、一匹除去した後も胃内をくまなく観察し、他にもアニサキスがいないかを確認し、検査を終了します。虫体が除去出来ると症状は改善するため帰宅可能になります。

福岡天神内視鏡クリニック消化器福岡博多院の胃カメラ検査(胃内視鏡検査)の特徴

症状や問診などから胃アニサキス症が疑われた場合は、治療のために胃カメラ検査(胃内視鏡検査)を受けることが必要です。
福岡天神内視鏡クリニック消化器福岡博多院では、「苦しさと痛みに配慮した胃大腸内視鏡検査」を患者様に提供することを第一に考え、皆様から検査後に「思った以上に楽だった」と思っていただける内視鏡検査を実践しています。福岡天神内視鏡クリニック消化器福岡博多院の内視鏡専門医は、臓器のポイント毎にどのような内視鏡操作を行えば苦しさと痛みに配慮した検査になるのかを熟知しております。これまで培ってきた内視鏡技術の経験を十分に活かし、検査を行っています。安心してお任せください。
また、最新の機器を使用し、その知識と技術を駆使して正確な内視鏡診断を行っています。皆様が消化管がんにかかり健康を損ねることがないよう最大限のサポートが出来るよう日々努力しております。まずはお気軽にご相談ください。