NBI(狭帯域光観察)について
ABOUT NBI


NBI(狭帯域光観察)とは?
WHAT IS NBI

一昔前までは、内視鏡検査で小さながん病変を発見することはとても困難なことでした。画像が粗く鮮明でなかったので、病変が発見しづらいのです。逆に粘膜が萎縮している胃では、「粘膜の至る所ががんのように見えてしまう」こともあります。

最終的には粘膜を染色して組織検査を行って診断していくのですが、内視鏡医の観察眼には大きな差があります。
観察眼は、内視鏡経験の多さが大切ですが、内視鏡医の「勘」も重要だと言われることもあります。
内視鏡症例数、勘などといったかなり漠然とした論理的根拠の乏しいものを信じて、検査を受けるしかなかったのです。

現在は、NBI(狭帯域光観察)というボタン一つで変えられる特殊光で、観察ができるようになりました。
このNBIのメリットは、病変と正常粘膜との違いを「色」という内視鏡医誰でもが認識できる差に落とし込めることです。
これまでの観察は病変の立体感、周りの正常粘膜との存在の仕方などから「怪しい」と思う経験や勘から入っていましたが、
NBIは「色の違い」という点である程度正常とがんの差を識別できるようになりました。
論理的で誰にでもわかりやすく、実際にがんの発見率も向上するという画期的な観察方法となったのです。

NBIは日本全国多くの内視鏡施設で導入されてきていますが、全例では使用できなかったり、
後日改めてNBI観察をするために再度内視鏡検査を受けないといけない施設もあるようです。

当院では、病変をより詳しく観察するために全例で、NBIシステムを用いた内視鏡検査を行っています。
そしてNBIは、病変をズーム機能で最大限に拡大できた時にこそ、最大限の力を発揮できます。
拡大ズームをしながらNBI観察をすると、粘膜表面の様子や血管構造まで観察でき、病変の詳細な情報を得ることができます。
当院では全例で、100倍ズーム機能を搭載した内視鏡スコープを初めから使用していますので、
少しでも怪しい病変を発見した場合はボタン操作で簡単に「NBI・拡大ズームでの観察」までが同時に行えます。
病理組織検査を行う際にも重要な情報となるのです。
内視鏡検査後のご説明でも、NBI写真はみなさまにとっても鮮明で分かりやすいため、非常に有効な検査ツールとなっています。


通常光とNBIとの比較
Comparison of normal light and NBI

NBIは、中でも食道・咽頭喉頭の観察に優れています。

食道の観察

通常光

通常光での食道の内視鏡像です。

NBI

NBIでの食道の内視鏡像です。内視鏡挿入時(行き)には通常光で観察し、内視鏡抜去時(帰り)にNBIで詳細に観察します。

咽頭・喉頭の観察

通常光

通常光での喉頭(のど)の内視鏡像です。耳鼻科領域である咽頭・喉頭(のどや声帯)の観察もすみずみまで行います。

NBI

NBIでの喉頭(のど)の内視鏡像です。内視鏡抜去時にNBIで詳細に観察することで、咽頭・喉頭のがんや乳頭腫などが発見しやすくなります。

早期大腸がんの詳細観察

通常光

早期大腸がんの通常光での内視鏡像です。

NBI

NBIでの早期大腸がんの内視鏡像です。

NBIの100倍

NBIにて拡大観察を行うと、がんの部分が明瞭となります。

NBIの100倍

この部分はまだがんにはなっていない「腺腫」であることが分かります。