内視鏡医師の知識シリーズ
ラック設置のご案内
INFORMATION ON RACK INSTALLATION

いつもご覧いただいているホームページに、「内視鏡医の知識シリーズ」のコーナーがあります。記事を実際に手元においておきたい、というみなさまのご要望が多く、待合室にシリーズラックを設置しております。

私たちは診察時や内視鏡検査時に、みなさまと多くのお話をしています。
それは日々の身体の不調であったり、健康についての悩みであったりと様々です。私たちは、みなさまの一人一人に適した食生活や対処法をアドバイスしています。
私たちが診療をしていて感じることは、検診や人間ドックを受診して「なんとなく健康が保証されている」つもりになっている方が非常に多いことです。
健康の意識を高く持ち、その一環として検診や人間ドックを受けていることはよい習慣であると思います。しかし残念ながら、検診や人間ドックでは早期のがんを発見することは難しくなります。特に食道や胃・大腸といった消化管は、バリウム検査や便潜血検査、腫瘍マーカー採血でわかる段階ではすでに進行がんになっていることも少なくありません。
「正しい知識を持って、自らの健康は自らで守っていく」
ことがとても大切になります。

私たちは診察や内視鏡検査を通して、みなさまに伝えていきます。そして、クリニック以外でもこの知識シリーズの記事を時々見返していただき、健康へのモチベーションを維持していただければと思い、知識シリーズのラックを設置しました。 当院受診時にはぜひご覧になっていただき、みなさまに必要な部分の記事を持ち帰って利用していただけましたらと思っています。

内視鏡医師の知識シリーズを見る