一般診療
GENERAL PRACTICE

吐き気(悪心・嘔気)、嘔吐

胃に関する項目
なんだか最近、「胃がムカムカして気持ちが悪く食欲が無い」「食事を食べると吐き気がする」「食事を食べた後、吐いてしまう」という症状はありませんか?
薬局で売っている胃薬の服用などで症状が改善するからといって安心したり、様子を見たりしていませんか?
これらの症状は、胃や腸などのおなかに問題があるときに出現しやすい症状ですが、それ以外にも様々な全身の病気で出現する症状です。このため、必ずしも胃や腸などのお腹が原因とは限りません。
どういった疾患が疑われるか
について解説します。自己判断で様子を見ずに消化器内科などの適切な医療機関を受診して、その原因を調べてもらいましょう。

受診の目安

次に当てはまる場合は、夜間・休日を問わず救急病院を受診しましょう。

状況によっては救急車の要請が必要です。どうしても受診できない場合でも、翌朝には必ず受診しましょう。
  • 激しい嘔吐があり、食事だけで無く水分も摂ることが出来ない。
  • 吐き気や嘔吐だけでなく、お腹の痛みもあり、排ガス・排便も全くない。
  • 吐き気や嘔吐だけでなく、激しい頭痛もある。
  • 吐き気や嘔吐だけでなく、麻痺・しびれ・ふらつきなどがある。
  • 意識がもうろうとしている。

次に当てはまる場合は、翌日〜近日中の診療時間内に消化器内科を受診しましょう。

  • 嘔吐を繰り返しているが、水分を摂ることができる。
  • 嘔吐はないが、吐き気が続いている。
  • 発熱、下痢などの症状がある。

場合によって消化器内科の受診を考えましょう。気になる・困っている場合には消化器内科の受診を検討しましょう。

  • 吐き気や嘔吐が出現したが、短時間で改善し、その後は痛みが無い。

吐き気と嘔吐の違いはご存知ですか?

  • 「吐き気」は、のどや胸、みぞおちの辺りに感じられる吐きそうになる差し迫った感覚のことです。正式な医学用語では、「悪心・嘔気」といいますが、「吐き気」という方が一般的なため、以降は「吐き気」と記載しています。
  • 「嘔吐」は、胃の内容物を実際に吐いてしまうことです。
これらの症状は、胃や腸などのおなかに問題があるときに出現しやすい症状ですが、それ以外にも様々な全身の病気でも出現する症状です。このため、必ずしも胃や腸などのおなかが原因とは限りません。
症状が気になる時や、継続する場合は、自己判断で様子を見ずに消化器内科などの適切な医療機関を受診して、その原因を調べてもらいましょう。
吐き気、嘔吐以外にも症状がある場合は、受診時に必ず伝えてください。

吐き気、嘔吐の症状の具体例について

  • 胃がムカムカして気持ちが悪く食欲がない
  • 食事は摂れるが、食事を食べると吐き気がする
  • 少しでも食事を食べると吐いてしまう
  • 食事の途中ですぐお腹がいっぱいになり、ムカムカして気持ち悪くなる
症状の感じ方は、人により個人差がかなりあります。この病気の症状はこうでないといけないというものはありません。あくまでも上記の具体例は、症状の一例です。
診察時にご自身がつらいと感じている症状をそのままご自身の言葉で伝えて頂くのが最も大切です。また、診察時には

「どういう時に症状が出現しやすいか」
「症状を軽くしたり、悪化させるものがあるか」
「吐き気、嘔吐以外に、体のどこかに痛みを伴うか」
「発熱はないか」「めまい・耳鳴りなどを伴うか」
「女性の場合は妊娠の可能性はないか」
「内服中の薬剤」


などもお伝えください。

吐き気、嘔吐以外に伴う症状や基礎疾患から考えられる病気について

基礎疾患はありませんか?(糖尿病、慢性腎臓病、妊娠中、副腎疾患、心疾患、過去の腹部手術歴、精神疾患など)

これらの基礎疾患の悪化の症状として吐き気、嘔吐を認めることがあります。
糖尿病性ケトアシドーシス、尿毒症、妊娠悪阻、妊娠高血圧症候群、HELLP症候群、副腎不全、心不全、腸閉塞、うつ病、不安神経症、神経性食思不振

内服中のお薬はありませんか?

薬の副作用として吐き気、嘔吐を認めることもあります。

刺身や加熱の不十分な食事を摂取していませんか?

アニサキスによる胃痛や吐き気、感染性胃腸炎や食中毒よる吐き気、嘔吐を認めることもあります。
感染性胃腸炎、食中毒、胃アニサキス症

痛みは伴いませんか?(痛む場所はどこですか?痛む場所の移動はありませんか?)

下記は典型例です。痛む場所が違うこともあります
  1. 心窩部痛(お腹の真ん中より上の痛み)が出現後、徐々に痛みが右下腹部に移動急性虫垂炎
  2. 右季肋部痛(お腹の右上の痛み、右肋骨の下の痛み) 胆石症、急性胆嚢炎、急性胆管炎、
  3. 心窩部痛(お腹の真ん中より上の痛み) 急性胃粘膜病変(AGML)胃潰瘍十二指腸潰瘍胃がん十二指腸がん、膵がん、急性膵炎、急性肝炎、胃アニサキス症
  4. 胸痛(胸あたりの痛み) 食道がん、急性心筋梗塞、心不全、急性大動脈解離、逆流性食道炎
  5. 背部痛・腰部痛(背中や腰の痛み) 急性膵炎、尿路結石、腎結石、腎盂腎炎
  6. 腹部全体の痛み(お腹全体の痛み) 腸閉塞
  7. 鼠径部痛(足の股あたりの痛み) 精巣捻転、卵巣捻転
  8. 下腹部痛(お腹の下の方の痛み) 卵巣捻転、骨盤内炎症性疾患(PID)
  9. 眼痛(目の痛み) 緑内障
  10. 頭痛 片頭痛、くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、髄膜炎、脳膿瘍、脳腫瘍

発熱は伴いませんか?

発熱を伴う場合は感染症に伴う症状を疑います
急性胃腸炎、急性虫垂炎、急性胆嚢炎、急性胆管炎、腎盂腎炎、急性肝炎、脳膿瘍、髄膜炎

めまいや耳鳴りは伴いませんか?

メニエール病、末梢性めまい症、脳梗塞、脳出血

大きなストレスや不安はありませんか?

うつ病、不安神経症、神経性食思不振

吐き気、嘔吐の症状が出たらどうすれば良いの?

特に食事が食べられないぐらい症状がひどい場合や痛みや発熱などの他の症状を伴う場合は、早急に病院を受診しましょう。自己判断は禁物です!!
吐き気や嘔吐は、胃や腸などのおなかに問題があるときに出現しやすい症状ですが、それ以外にも様々な全身の病気で出現する症状です。このため、必ずしも胃や腸などのお腹が原因とは限りません。基礎疾患の悪化や内服中のお薬の副作用による症状の可能性もあります。基礎疾患に関しては、まずはかかりつけ医に相談しましょう。
基礎疾患の悪化や薬の副作用でない場合は、食道がんや胃がんなどの消化器疾患が隠れている場合もあります。その場合は、まずはおなかに病気が隠れていないかを調べましょう。是非、一度、当クリニックにご相談ください。
福岡天神内視鏡クリニックでは、消化器病専門医および消化器内視鏡専門医をともに取得した経験豊富な医師がお腹の症状を訴える患者様の診察を行っています。吐き気や嘔吐を引き起こしている原因や疾患を診察や検査で特定し、症状を改善させるための治療方法をそれぞれの患者様に合わせてご提案致します。その他にもお腹に関して悩んでいる事がある場合は、何でもお気軽にご相談下さい。
また、当クリニックは検査・診察は予約制としており、スムーズに診察を受けることも可能です。診察予約は24時間ネット予約も行っております。ぜひこちらもご活用下さい。

当クリニックの内視鏡検査の特徴

症状の原因が特定できれば、治療が可能ですが、胃や腸に症状の原因がないかを診断する為には、内視鏡検査などでの原因検索が必要です。
当クリニックでは、「苦しさと痛みに配慮した胃大腸内視鏡検査」を患者様に提供することを第一に考え、皆様から検査後に「思った以上に楽だった」と思っていただける内視鏡検査を実践しています。当クリニックの内視鏡専門医は、臓器のポイント毎にどのような内視鏡操作を行えば苦しさと痛みに配慮した検査になるのかを熟知しております。これまで培ってきた内視鏡技術の経験を十分に活かし、検査を行っています。安心してお任せください。
また、最新の機器を使用し、その知識と技術を駆使して正確な内視鏡診断を行っています。皆様が消化管がんにかかり健康を損ねることがないよう最大限のサポートが出来るよう日々努力しております。まずはお気軽にご相談ください。

今、吐き気、嘔吐があり、悩んでいる方へ

吐き気、嘔吐がみられる病気は非常にたくさんあります。自己判断や放置はせず、特に食事が食べられないぐらい症状がひどい場合や痛みや発熱などの他の症状を伴う場合は、早急に病院を受診しましょう。
基礎疾患がある方は、まずはかかりつけ医に相談し、必要に応じて胃や腸などのおなかの検査も行いましょう。その上でお腹の病気が疑われる場合は、消化器内科を受診し、診察の上、必要な検査を受けましょう。是非一度、当クリニックへご相談ください。
福岡天神内視鏡クリニックでは、消化器病専門医および消化器内視鏡専門医をともに取得した経験豊富な医師がお腹の症状を訴える患者様の診察を行っています。吐き気や嘔吐を引き起こしている原因や疾患を診察や検査で特定し、症状を改善させるための治療方法をそれぞれの患者様に合わせてご提案致します。その他にもお腹に関して悩んでいる事がある場合は、何でもお気軽にご相談下さい。
また、当クリニックは検査・診察は予約制としており、スムーズに診察を受けることも可能です。診察予約は24時間ネット予約も行っております。ぜひこちらもご活用下さい。


*胃カメラについてはこちら
*大腸カメラについてはこちら