一目でわかる「苦しくない
無痛内視鏡検査」の特徴NO PAINLESS ENDSCOPY


のどやお腹が苦しくない
胃内視鏡検査(胃カメラ)STOMACH WITHOUT THROAT
AND STOMACH PAINENDOSCOPY

当院は胃カメラ・大腸内視鏡検査専門のクリニックであり、がんで苦しむ人を一人でも少なくしたい
との思いで「がんの早期発見」を提唱しています。
がんを早期に発見するためには、内視鏡検査が不可欠です。
バリウム検査や便潜血検査で陽性になるまで放置していたり、症状が出現するまで検査を受けないでいると、
早期でのがんの発見は非常に困難になります。
頭の中では内視鏡検査を受けた方が良いことは分かっていても、どうしても
「内視鏡検査は、ツラくて苦しいものだ」
というイメージがあるために、内視鏡検査を長期間受けていない、または一度も受けたことがない方々がとても多いのが現状です。
当院は日々「苦しくない無痛内視鏡検査」を行っていくことで、
これまでのツラくてキツイ内視鏡検査の悪いイメージを払拭していきたいと考えております。

当院では、丁寧な内視鏡操作技術と各人に合わせた最適な量の鎮静剤を使用することにより、少しウトウトした状態で検査を受けることができます。
検査後には「いつの間に検査が終わったのだろう」「思った以上に楽だった」といった感想を持たれる方がとても多くなっています。
これまで検査中に「オエッ」となり苦しい思いをしてきた方は、ぜひご相談いただければと思います。

詳しくは「当院の胃カメラの特徴」のページをご覧ください。
当院の胃内視鏡検査の特徴


身体の負担を少なくする
大腸内視鏡検査COLONOSCOPY TO REDUCE THE BURDEN ON THE BODY

またこれまで大腸内視鏡検査を受けた際に、「検査を受けるための洗腸剤を飲むことがキツかった」ことがあったかもしれません。
そして検査後もお腹にガスが溜まり、しばらく腹部膨満感が取れなかった方もいらっしゃるかと思います。
当院では多くの経験から、大腸内視鏡検査前に飲んでいただく洗腸剤(下剤)の量をできる限り少量にしています。
また検査にはCO2送気システムを導入していますので、検査後に腸内にガスが溜まることもほとんどありません。
詳しくは、「当院の大腸内視鏡検査の特徴」のページをご覧ください。
当院の大腸内視鏡検査の特徴

日本は諸外国と比較して、がん治療には多くの費用をかけるが、がんの早期発見や予防という領域は世界に後れをとっているという現実があります。
当院では「苦しくない無痛内視鏡検査」を通じて、みなさまにがんの早期発見・予防の意識を持ち、
より健康的な毎日を送っていただくことを願い、日々努力しています。