福岡天神内視鏡クリニックブログ

いよいよクリニックの全貌が見えてきました!

こんにちは、院長の相馬です。

今回も、クリニック工事進捗の情報をお伝えします。

あっという間という感覚ですが、壁や天井のクロス貼りが完成してきています。少し前までは骨組みのみでがらんとしていたのですが、もうすでにクリニックの様相が出てきました。ウッド調のおしゃれで落ち着いた感じとなっています。

吊戸棚やシンクも完成しています。完成したら、内視鏡機器やリカバリー室のソファなどが入ってくるようになります。

バルコニーの床タイルも工事が進み、鮮やかなテラスになってきました。最近は暖かい日も多くなってきたので、これだけでも私はバルコニーに出て日向ぼっこをしたくなります!この後植栽が入りライトアップも設置しますので、ますます癒し系のバルコニーになっていくのではないかと思っています。楽しみです!

 

相馬 渉院長

国立大分大学医学部卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて「苦しくない無痛内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。