福岡天神内視鏡クリニックブログ

壁面の間仕切りが始まりました

こんにちは、院長の相馬です。

クリニックの工事が順調に進んでいます!

天井の下地組が完了しています。

現在は壁面の間仕切り(軽鉄)の工事が行われているところです。このように区画が見えてくると、部屋の輪郭がうっすらと浮き出てきて、急に建物の部屋らしさが出てきたように感じます。

これまで工事の進捗状況を見てきましたが、日を追うごとにどんどん進んでいるのが分かります。私たちも負けずに前へ前へと進んでいかなければならないなと、気が引き締まりました。

次回はどのように変わっているのでしょうか?

 

相馬 渉院長

国立大分大学医学部卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて「苦しくない無痛内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。