福岡天神内視鏡クリニックブログ

空調換気工事が終了しました

 

こんにちは、院長の相馬です。

クリニックの工事進捗状況ですが、空調換気工事が終了しています。

みなさまに来院中快適に過ごしていただけたらと、空調換気の配置は理事長がこだわって検討してきました。

前回は夜間の撮影で床の電灯がついていましたが、日中は外からの光が入り部屋の中がよく見渡せました。敷地は十分な広さがありますので、来院から検査後までゆったりとくつろいでいただけるのではないかと思っています。

次からは、間仕切り(軽鉄工事)がスタートするようです。

 

この福岡天神のクリニックには、広いテラスがついています。広いテラスのついた内視鏡クリニックは、これまであまりなかったのではないでしょうか?このスペースで内視鏡検査を通じて、みなさまと何か楽しいことをやっていけるのではないか、とワクワクしながら考えています!

相馬 渉院長

国立大分大学医学部卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて「苦しくない無痛内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。