福岡天神内視鏡クリニックブログ

内視鏡検査をどうしても受けたくない方へ

こんにちは、院長の相馬です。

「これまで受けた内視鏡検査がとてもキツかったので、どうしても受けたくなかった」
と、当院を受診される方がいます。

実際に検査を受けていただいて、「これほど楽ならば、もっと早く来れば良かった!」
と言って喜んで帰っていただけると、非常に温かい気持ちになります。

先日は内視鏡検査後にモチベーションを高め食生活まで改善し、見事に便秘を解消された方がいて、医業冥利に尽きるなと感じます。

「内視鏡検査はキツイ」

というイメージを払拭するために、スタッフ一同日々努力しています!

胃カメラも大腸カメラもキツくならないように、様々な工夫をしています。
ぜひ一度相談しに来てくださいね!

清潔感のある、親しみやすい内視鏡室になっています。

相馬 渉院長

国立大分大学医学部卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて「苦しくない無痛内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。