福岡天神内視鏡クリニックブログ

秋山のライザップ日記①

新年明けましておめでとうございます。医師の秋山です。

今年も福岡天神内視鏡クリニックをよろしくお願いします。

 

さて、皆さんは2021年はどのような年にしたいと思っていますか?

「一年の計は元旦にあり」と言いますので、何か目標を立ててこの1年を楽しく過ごしましょう!

私は「とりあえず今のままでいいや」というふうに考えないようにと心がけています。

現状維持は下り坂と同じです。

 

そういうわけで、私事ですが、今年はライザップでの肉体改造とトライアスロン完走を目標に頑張りたいと思います。

 

早速ですが、12月29日の診療終了後に、ライザップでカウンセリングを受けてきました。

少しばかり緊張していましたが、こんなのは初めが肝心です。張り切ってライザップに乗り込んできました。

カウンセリングでは、プログラムの期間(2ヶ月コース)と大まかな計画を立ててきました。また、現在の自分の全身状態の測定も行いました。

写真の通りです。体脂肪率が10%台と低値で、筋肉量は意外に標準範囲内でした。

トレーナーから「うーん、この歳でこの体脂肪率は素晴らしい。伸びしろがありますよ。」と褒められました。予想外の言葉に嬉しさを隠せず、動揺して椅子から転びそうになりましたがすぐに立て直し、いつものポーカーフェイスで「ありがとうございます。」とだけ答えました。

 

大まかな目標ですが、前半の1ヶ月で体重をあと5kg増やし、後半の1ヶ月で体重(脂肪)を2kg落として筋肉のみキープするとのことです。

これが普通のことなのか、ハードなスケジュールなのかさっぱり分からず戸惑っていたら、見透かされたように「できそうですか?」とトレーナーから尋ねられたので、顔色ひとつ変えずに「もちろんです。」と笑顔で答えました。返事は「はい」か「YES」が信条です。

 

カウンセリングの最後に、深々とお礼をして退室しました。我ながら完璧なカウンセリングでの振る舞いだったと思います。

 

そういうわけで、週に2回の2ヶ月間、ライザップでトレーニングを行なっていくことになりました。自分に甘えが出ないよう、毎週土曜日のこのブログで「ライザップ日記」をつけることにしました。

 

この2ヶ月で私がどれくらい成長するのか、楽しみながらブログに記していきたいと思います。

 

それでは2021年もよろしくお願いします。

 

秋山 祖久総院長

国立長崎大学医学部卒業。
長崎大学医学部付属病院・大分県立病院など多くの総合病院で多数の消化器内視鏡検査・治療を習得。2018年11月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。