福岡天神内視鏡クリニックブログ

ヨーグルト食べ比べ⑧〜フジッコカスピ海ヨーグルト〜

おはようございます。医師の秋山です。

 

最近、Kis- My-Ft2の宮田俊哉君の「半沢直樹」のモノマネが似すぎてて爆笑しながら見てます。モノマネのレベルを超えてます。本当に一見の価値ありです。

宮田君は九州朝日放送の「アサデス。」にも出演してますのですっかりファンになりました。頑張って欲しいです。

 

さて、張り切ってヨーグルト食べ比べを行います。

今回は、「フジッコカスピ海ヨーグルト」です。

400gで248円(税別)でした。100gあたり62円となります。少し割高ですね。

 

このヨーグルトは、長寿で知られるコーカサス地域から持ち帰った乳酸菌である「ラクティス・クレモリスFC菌」を使用しています。

実はこの菌、線虫を使用した実験によると、生体防御能が上昇し、寿命が1.2倍に延長したという報告があるんです。

 

このヨーグルトの最大の特徴なんですけど、なんといっても、あのとろ〜りとした粘り気です。個人的に大好きで、よく食べてます。

 

この粘り気の原因は、「ラクティス・クレモリスFC菌」が産生する「EPS」がたくさん含まれているからです。

「EPS」とは「Expolysaccharide」の略で、「菌体外多糖」と言います。

 

この「EPS」ですが、難消化性の物質であり、菌を包み込んで大腸まで届けます。さらに、大腸内で乳酸菌の餌になるので、乳酸菌の増加にも役立つのです。

さらに、ウイルスに感染してしまった体内の細胞をやっつける役割があるNK細胞を活性化する作用もあるんです。

 

それでは食べてみましょう。

酸味は少しありますね。甘味は結構あります。とろみというか、粘り気がすごいです。

 

それぞれを5つ星評価とすると

甘 み★★★

とろみ★★★★★

酸 味★★

 

こんな感じですね。とろみが好きな方はヨーグルト単体で食べてもいいと思います。

 

それでは今週も頑張りましょう。クリニックでお待ちしております。

 

秋山 祖久総院長

国立長崎大学医学部卒業。
長崎大学医学部付属病院・大分県立病院など多くの総合病院で多数の消化器内視鏡検査・治療を習得。2018年11月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。