福岡天神内視鏡クリニックブログ

「感動内視鏡検査」を来年もよろしくお願いします。

おはようございます。医師の秋山です。私は今回が今年最後のブログになります。

 

早いもので今年もあと少しで終わりますね。この時期になると、「今年の10大ニュース」がテレビや新聞などで取り上げられます。

先日、福岡県の小川知事が福岡県内の10大ニュースを発表されていましたが、1位は「新型コロナウイルス感染症の発生」でした。当然の結果ですね。

 

新型コロナウイルス感染症により、私達の生活は一変しました。

そしてこれからも新型コロナウイルスとの戦いは続きます。私達はこの1年間で学んだことを来年に生かさなければいけません。コロナ対策で行った政策がどの程度効果があったのか、検証が必要だと思います。

時代は「ウィズコロナ」で舵を切っています。各々が感染対策を行いながら、この危機を乗り越えていきましょう!

 

さて、当院は今年も沢山の患者さんが来院され、内視鏡検査を受けていただきました。

 

「軽い鎮静剤を用いた、苦しくない内視鏡検査」を謳っている病院はそれこそ山のようにあります。当院もその1つです。ただ、私はその沢山ある病院の中に埋もれたままにならないようにと常に考えています。

 

「福岡でナンバー1」のクリニックになることを目標に、当院は3年前に天神の地で開業しました。3年経った今では、「福岡で断トツのナンバー1」になりたいと思っています。

 

内視鏡検査は患者さんにとって「人生の一大イベント」だと言っても過言ではありません。

その「一大イベント」を少しでもリラックスして受けていただけるよう、様々な工夫を凝らしております。

そんな私達が提供する内視鏡検査を一言で端的に説明するために、私は「感動内視鏡検査」と名付けました。我ながら気に入っており、いたるところでこのフレーズを使っています。

 

初めて内視鏡検査を受けたいけど二の足を踏んでいる方、今まで他院で内視鏡検査を受けたけど苦しくてトラウマになっている方、ぜひ当院の「感動内視鏡検査」を受けに来てくださいね。

当院は12月29日まで診療しておりますのでよろしくお願いします。

秋山 祖久総院長

国立長崎大学医学部卒業。
長崎大学医学部付属病院・大分県立病院など多くの総合病院で多数の消化器内視鏡検査・治療を習得。2018年11月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。