福岡天神内視鏡クリニックブログ

理想のかかりつけ医

こんにちは、院長の相馬です。

今回は、「かかりつけ医って何だろうな」とふと思ったので、書いてみることにしました。

正しいかかりつけ医の定義はあるでしょうが、

「こんなかかりつけ医がいたらいいな」と私は思います。

”月に1度くらい、特に身体にひどい痛みや苦しみがあるわけではないけれど、この1か月くらいこんなことがありました。”

と相談できる。

”基本的に身体と心のメンテナンスは自身で行っているが、何か方法が根本的にずれていないか。”

と気軽に聞くことができる。

”自分で気が付いていない症状はないか。”

と聞いてみる。

”年齢的にそろそろ「がん」が心配になってきたけれど、何をどうやって調べたらいいのだろうか。”

と話しかけることができる。

 

例えば身体に炎症があり、抗生物質を処方するという行為は同じであっても、

ただ「抗生剤を出しときます」と言われるよりは、

「このような仕組みで炎症が起きているから、細菌をやっつけるために抗生剤を出します」

と言われる方が私は嬉しいです。

また、別に薬が欲しいわけではなくて、調子の悪くなる原因だけ知りたいこともあります。

逆にさまざまな難しい検査をしてほしいわけではなくて、一時でも早く症状を取ってほしいこともあります。

でも「やっぱり検査は受けた方がいいですよ。

症状がきついときはお薬の力を借りるといいですよ。

治りにくい症状は気楽に構えて、症状とうまく付き合っていったらいいですよ」

と医学的な観点から、適切な方向付けはしてもらいたいです。

 

そのためには、「何でも気楽に話しかけられる雰囲気の先生」が、身近にたくさんいたらいいなと思います。

 

 

 

相馬 渉院長

国立大分大学医学部卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて「苦しくない無痛内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。