福岡天神内視鏡クリニックブログ

酪酸菌について

おはようございます。院長の相馬です。

今回はこれまで保留にしていた「酪酸菌」について、書きたいと思います。

 

酪酸菌は、一般にあまり知られていない善玉菌です。

病院で出る薬だと「ミヤBM」といいます。

「ビオスリー」というものが出ることもあります。

ドラッグストアや調剤薬局では、「強ミヤリサン錠」として置いてあります。

(ドラッグストアに置いてないところもあって、指摘を受けました。

ごめんなさい。調剤薬局をのぞいてみるかネットで注文してみてください。)

どの整腸剤を飲むのが良いのですか?と外来で聞かれたときは、

私はミヤBMやミヤリサン錠をお勧めしています(もちろんビオフェルミンSやエビオスなどもOKです)。

その理由は、一般的には

「酪酸菌は芽胞を作って、胃酸に負けることなく生きて腸に届くから」

と言われます。

ヨーグルトに詳しい方は、乳酸菌やビフィズス菌でも生きたまま腸に届くものがあります。

また死んだ菌でも、整腸作用や免疫力アップ作用があります。

私の個人的な意見ですが、生きたまま腸に届く善玉菌と死んでしまう善玉菌のどちらもあった方がより良いと思っています。

 

それよりも、酪酸菌の良いところを紹介します。

酪酸菌は、炭水化物や乳酸菌が作った「乳酸」から、「酪酸」という酸を作り出すことができる類まれな善玉菌です。

人間の腸は、乳酸を吸収するのが比較的苦手と言われています。

でも酪酸に変わると、腸に吸収されやすくなるという特徴があります。

そして酪酸は、腸に対して直に蠕動運動のエネルギーに変わります

酪酸が余ってしまった場合は、他の臓器のエネルギーとして使われます。

なので私は、「酪酸は腸の働きを良くしてくれる優れモノ」だと思っています。

そして、酪酸菌は大腸前がん病変の形成を抑制する可能性が指摘されています。

ではこの酪酸菌、食べ物の中では何に含まれていると思いますか?

身近な食べ物では、ぬか漬けに含まれています。

私は腸を元気にするには、昔ながらの和食を食べるのがよいと思っています。

最近大腸がんは激増していて、女性死因の1位となっています。

乳製品(ヨーグルトや牛乳、チーズなど)の摂取や加工肉(ハムやソーセージなど)を食べるようになったことが、大腸がん激増の原因だと言われています。

でも私はそれだけではなく、和食を食べなくなったことが大腸がん増加の根本ではないかと思っています。

酪酸菌は別名「宮入菌」ともいわれ、日本で開発抽出された昔ながらの善玉菌です。

副作用が原則ありませんので、赤ちゃんでも飲める優しいものです。

ぬか漬けなどの和食を食べる機会が減っている現在、ミヤBMや強ミヤリサンを手軽に飲むことで、便秘・美肌・アンチエイジング・大腸がん予防になると思います。

いままで便秘や肌荒れで悩んでいた方、アンチエイジングを気軽に始めたい方には、ぜひ試してほしい善玉菌です。

ビオスリーは、どちらかというと慢性下痢の方におススメします。

私の義姉は、めい(8歳と5歳)2人に強ミヤリサンとビオフェルミンを飲ませています。

めいの2人は、「ミヤリサンとビオフェルミンはおいしいよね」

って話していました。

飲むんじゃなくて食べてるのか、と驚きました。

でもこのように薬として身構えて飲むのではなく、食べ物として気軽に摂る方が長続きすることが分かりました。

この2人、正直なところ食べ物の好き嫌いが多いのですが、最近1年間病気知らずとのことです。

今年は花粉症にもならないね、と話していました。