福岡天神内視鏡クリニックブログ

ホームページに「一般診療」のページを作りました!

おはようございます。医師の秋山です。

 

最近知ったのですが、アンパンマンの頭の中は「つぶあん」だそうです。こしあんではありません。

 

さて、当院ホームページ内に「一般診療」というページを作りました。トップページの真ん中くらいにあります。

このページは、「食道」、「胃」、「大腸」、「その他の部位」に分けて、それぞれに関連した症状を詳細に説明したものです。まだ未完成で、これから少しずつ説明を増やしていこうと考えています。

 

現在、ホームページ内で閲覧できるものが

「食道に関する項目」

・のどがつまる・食べ物が下がっていかない

・バレット食道

・逆流性食道炎

・胸やけ

「胃に関する項目」

・黒色嘔吐・吐血

・検診胃レントゲン検査異常

・機能性ディスペプシア

・食欲不振(食欲低下、食欲減退、食思不振)

・胃痛・みぞおちの痛み(心窩部痛)

・吐き気(悪心・嘔気)、嘔吐

「大腸に関する項目」

・お腹の張り・ガス貯留

・ストレスによる腹痛・下痢

・大腸がんについて

・血便、下血

となっています。

 

辞書のような使い方で気軽に閲覧していただければと思っています。今後も項目を増やしていきたいと思いますのでぜひご利用ください。

 

先日、2020年5月に引き続き2回目の新型コロナウイルス抗体検査をスタッフ全員で行いました。

写真は私のコロナ抗体検査の結果ですが、1回目に引き続き抗体陰性でした。スタッフ全員の抗体陰性を確認しています。つまり、スタッフ全員、今まで新型コロナウイルスに感染した既往はないということです。

これからもきちんとコロナ対策を行いながら診療していきたいと思います。

秋山 祖久総院長

国立長崎大学医学部卒業。
長崎大学医学部付属病院・大分県立病院など多くの総合病院で多数の消化器内視鏡検査・治療を習得。2018年11月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。