福岡天神内視鏡クリニックブログ

酪酸菌を増やしましょう!

おはようございます。医師の秋山です。

スターバックスコーヒー(スタバ)はいつもお客さんが多いですよね。スタバと言えば緑のエプロンを着用した店員さんを思い浮かべますが、ごくたまーに黒いエプロンの店員さんがいます。

このブラックエプロンの店員さん、ただ者ではないです。社内の難しい試験に合格したコーヒーのスペシャリストです。もし会えたらコーヒーについて色々聞いてみましょう。

 

閑話休題、今回は酪酸菌の話です。私は以前、酪酸菌についてブログで解説しました。

酪酸菌について

この酪酸菌ですが、最近分かってきた知見として、

  • 抗うつ作用がある。
  • 下痢型過敏性腸症候群を改善させる作用がある。
  • 加齢臭を改善させる効果がある。

があります。

個人的な意見ですが、下痢で困っている方は、まずは酪酸菌を摂るべきだと思っています。

 

それでは酪酸菌はどうやって摂ったらいいでしょうか。

実は、酪酸菌は、食べ物では「ぬか漬け」くらいしか含まれているものがありません。ですので、食べ物で摂るのは現実的ではないです。

 

ここで整腸剤の登場です。酪酸菌を含む整腸剤は以下の3種類です。

①強ミヤリサン錠

 

②ビオスリーHi錠

③フェカルミンスリーE

特にオススメは強ミヤリサン錠です。

特に下痢で困っている方は、これらの整腸剤を飲んでみてはいかがでしょうか。かなり効果が期待できます。

以上、酪酸菌の話でした。

写真は私の酪酸産生菌の割合です。私の酪酸産生菌は平均値以上を示しました。これをキープしていきたいと思います。

 

それでは今週も頑張りましょう。クリニックでお待ちしております。

秋山 祖久総院長

国立長崎大学医学部卒業。
長崎大学医学部付属病院・大分県立病院など多くの総合病院で多数の消化器内視鏡検査・治療を習得。2018年11月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。