福岡天神内視鏡クリニックブログ

大腸憩室症とロングブレスダイエットの意外な関係

こんにちは。院長の相馬です。

本日は「大腸憩室症」について紹介します。

上の写真のように、大腸粘膜に”凹み”が見られます。

これが「大腸憩室」です。

大腸憩室はお腹に力が入ったときに、大腸粘膜内にある脆弱している部分の壁が外側にポンと押し出されるものです。

ですから、内視鏡で中から観察すると、凹んで見えるのです。

「普段からお腹に力が入りやすい仕事や生活習慣をしている方」、「便秘や下痢などの便通異常がある方」に多く認めます。

 

大腸憩室は、ポリープではありません。

よって、特に治療をしたり切除する必要はありません

 

10人に1人の割合でできると報告れていますが、私が大腸カメラをすると、3人に1人くらいに大腸憩室を認めます。

便秘が悩みで検査を受ける人が多いためか、もしくは報告されていないだけで、本当はもっと高い割合で大腸憩室をもっているか、だと思います。

 

では、大腸憩室があると何か悪いのでしょうか?

便が詰まりやすくなります

上の写真の中央やや右に「憩室に便がはまり込んでいる」のが見えますでしょうか。

便が憩室に詰まると、便秘の原因になります。写真のように他の部位にも実際に大腸内に残渣が残っています。

いわゆる” 宿便 ”です。

便秘の原因になるだけでなく、大腸壁内に細菌が入り込んでしまうと、頻度はまれですが「大腸憩室炎」という炎症を起こします。

これはとても痛いです。

憩室ができている部分の大腸粘膜は、非常に壁が薄くなっています

 

炎症が大腸壁内の血管に及ぶと、「大腸憩室出血」という大量出血(下血)をきたします。

場合によっては、出血多量のため血圧が急低下し、倒れてしまうこともあります。

 

また最悪の場合、薄くなった大腸壁に強い炎症が起きると、腸穿孔をきたします。

もし腸に穴が開いてしまったら、腹膜炎になりますので、緊急手術となります。

憩室穿孔・腹膜炎で、緊急入院になったお笑い芸人がいました。

おそらく仕事が忙しくて、痛みを我慢したのではないかと思います。

地味な疾患ですが、炎症を起こすと結構怖いことが分かります。

この方はよく観察すると、憩室が多発しています。

・・・実は、これは40歳時の私の大腸です(笑)。

皆さまに毎日便秘指導をしていますが、私の大腸内には検査前の下剤を飲んだにもかかわらず、写真のように残渣がありました。

私は普段特に便秘はしませんが、このように憩室が多発しているとどうしても宿便になってしまうため、便が残ってしまいます。

 

私は32歳時に「大腸憩室炎」を発症し、1週間入院しました。

1週間前から心窩部痛(みぞおち付近の痛み)が続いていました。

胃の痛みかな?と思い、胃薬を飲みますが改善しません。

痛み止めを飲んでも改善しませんでした。

1週間後の日付が変わった日曜日の真夜中に、急激な右下腹部痛で目が覚めました。

熱を測ると38度台です。

「これは虫垂炎(一般でいうところの”盲腸”です)ではないか?」

私は夜間救急外来に行きました。

 

少し話が逸れますが、虫垂炎に代表される右下腹部痛は、発症が心窩部痛で始まることがあります

これを「関連痛」といいます。

 

CTの結果は「やはり虫垂炎ですね」と当直の先生に言われました。

日曜日でしたが緊急手術をしてもらえることとなり、手術や麻酔の同意書を記入しました。

私が以前勤務していた病院だったので、看護師さんに「剃毛は自分でしてください」とのことで、痛みで苦しみながら剃毛しました。

しかし手術の直前で、日曜日にもかかわらず病院にいてたまたまCTを見ていた先輩の先生が、

「これは虫垂炎ではない、憩室炎だ」と診断してくれました。

手術室に入る寸前に、私は手術を免れました。

大腸憩室炎は、炎症が強くても基本的には手術ではなく、絶食点滴・抗生剤治療で治るものだからです。

その先生には。今でも感謝しています。

 

その後は幸い、大腸憩室炎を再発することなく過ごしています(憩室そのものは、生涯残ります)。

しかし40歳時の大腸カメラでは、上記のように憩室が多発していました。

前回の憩室炎発症時は、憩室は1か所しかありませんでした。

普段便秘しないのになぜだろう?

いろいろ考えているうちに、一つの理由を思い出しました。

5年前から3年間、私は” ロングブレスダイエット” をしていたのです(時代を感じます)。

当時はBMIが22を超えていましたので、当時流行したロングブレスダイエットを始めました。

やり始めると結構真面目に取り組むタイプなので、毎日毎日1分間「フー!」と息を吐き続けました。

おかげで全身の血流が改善され、体調も良くなり、数年間で5Kg減量することができました。

その数年後は「ドローイン」というお腹を凹ます技術という本を読み、整腸剤の継続内服効果も出てきて、現在でも太ることなく体型をしています。

 

” 腹式呼吸 ”は私の診療の大切な部分を担っており、ロングブレスダイエットは継続すれば少しずつですが必ず痩せると確信しています。

ただ、「毎日1分間」非常に強い力をお腹に負荷し続けていたのは間違いありません。

当院で大腸憩室を認める方に、「もしかしてロングブレスダイエットをしていませんでしたか?」と聞いたところ、

一人だけ「たしかに一生懸命やっていました!」

という方がいて、不思議な仲間意識ができました(笑)。

 

ちなみに私の大腸内の直腸(肛門のすぐ近くです)にポリープができていました。

理事長に切除してもらい、病理組織(顕微鏡)検査に提出すると、「腺腫」という種類の腫瘍性ポリープでした。

大きさはせいぜい数ミリのポリープですが、放っておくと症状のないまま徐々に大きくなる種類のポリープです。

気が付いたときには「大腸がん」になっている可能性があります。

いつも便秘指導や大腸がん予防の啓蒙をしていますが、まさに「医者の不養生」とはこのことでした。

 

40歳近くになったら、まずは1度胃カメラと大腸カメラを受けましょう。

 

私は検査後、身をもってみなさまにお伝えしてくことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

相馬 渉院長

国立大分大学医学部卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて「苦しくない無痛内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。