福岡天神内視鏡クリニックブログ

加齢臭との戦い ~加齢臭は防ぐことができるのか

こんにちは、院長の相馬です。

私は毎日、電車通勤をしています。

最近ツライのが、「夜の満員電車でおじさんと密着状態のようになる」ことです。

朝はあまり感じないのですが、夜の電車では何とも耐え難いニオイがしてきます。

1分でも早く、電車を降りたくなります。

でも、向こうも私のことを「クサイ」と思ってるのかもしれないな・・・。

大汗をかく季節ですので、今回は男の加齢臭について書きたいと思います。

 

「加齢臭」って本当に存在するのでしょうか。

やはり、あるようです。

”ノネナール”という体臭成分が、40代以降になると皮脂から発生しやすくなるとのことです。

なぜ、40代からかというと、この世代から皮脂の中の特有の脂肪酸が増えてくるためです。

また酸化分解が進みやすい体質に変わってくることも重なり、この脂肪酸が分解されてノネナールが大量に発生するといいます。

 

でてきたばかりの汗は、まだ匂わないようです。

汗をそのままにしておくと、皮膚や皮脂の細菌と混じっていき汗が分解されて嫌なニオイになっていきます。

ということで体臭を防ぐ方法の1つは、「出てきた汗を放っておかない」ことが大切になります。

出てきた汗は、できるだけ早く拭ってしまうと良いでしょう。

仕事場についたらシャツを替えて、着ていた汗のついたシャツはファブリーズなどをスプレーして干しておくのが良いと思います。

ワキガについても、少しだけ触れます。

アポクリン腺を手術するほどひどくないワキガならば、エタノールでの消毒で繁殖した雑菌を消毒するのが一つの方法です。

ドラッグストアでも酒精綿(アルコール綿)、エタノール液が販売していますので、参考にしてみてください。

どんなに毎日お風呂で身体をゴシゴシ洗っても、汗について気を配っていても、体臭が強い人がいます。

その違いは何でしょう。

体臭の強い人たちには、共通点がいくつかあることが分かってきています。それは、

1.お酒をたくさん飲む人 2.ストレスの多い人 3.腸内環境の悪い人

です。思い当たる節はありませんか?

逆にこの3つを改善すれば、「お父さんはクサイ」などと家族から避けられたり、洗濯物を家族から分別されたりしなくなる

、、、かもしれません。

 

お酒は適量を仲間たちと、笑いながら楽しく飲む。

休みの日は運動や趣味に没頭して、次の日からの仕事の活力にする。

整腸剤を飲んで、腸内をきれいなお花畑(フローラ)にする。

確かに元気溌剌として、いつもニコニコしている人はあまり匂わないような気もします。

 

体臭予防として、汗のエチケットを心得ることも大切ですが、腸内環境・メンタル面を整えて身体の中からキレイになることが一番大切なようです。