福岡天神内視鏡クリニックブログ

胃カメラとレントゲン検査どちらがいいの!?

おはようございます。医師の細川です。
診察中に「検診で胃カメラと胃レントゲン検査が選べるのですが、どちらを受ければ良いですか?」という質問を受けることがよくあります。

皆さんもこのような疑問を持ったことはありませんか?
何となく、レントゲン検査よりも胃カメラの方がキツそうだからと、レントゲン検査を選択していませんか?
結論から言うと、消化器内科専門医、特に消化器内視鏡専門医は、絶対に胃カメラ検査をお勧めします。これは決して、手前味噌で胃カメラを勧めている訳ではありません。

レントゲン検査は、造影剤であるレントゲンを飲んだ後、胃を膨らませる発泡剤を服用し、膨らませた胃の壁にレントゲンを付着させることで胃に病気が無いかどうかを調べる検査です。隆起型の癌やポリープなどの盛り上がった病変の存在する部分は、レントゲンでレントゲンがはじけて写り、陥凹型の癌や潰瘍など凹んだ病変の存在する部分は、レントゲンでレントゲンが溜まることで病気を見つける検査です。

このため、「非常に小さな病変」や「隆起の高さが高くない病変」や「陥凹が深くない病変」はレントゲンのはじきや溜まりが乏しいため、見つけるのが非常に困難です。
また、胃の壁に粘液の付着が多いとレントゲンの付着が悪く、検査の精度が落ちるという欠点もあります。もちろん、レントゲン検査自体は、胃全体の形が外から客観的に評価できるなどのメリットも沢山ありますが、上述の理由で早期癌の発見にはあまり適していません。
一方、胃カメラは直接、胃の粘膜を見ることが可能なため、微細な粘膜面の変化しか認めないような早期胃癌も専門医にかかれば発見可能です。

もし、検診で胃カメラとレントゲン検査のどちらを受けようか迷った場合は、「どちらがラクそうか」で決めるのでは無く、「どちらが早期胃がんを見落とさないか」で決めてほしいと思います。胃がん検診の最大の目的は、少しでも早く胃がんを見つけることなのですから・・・。

当クリニックでは、「苦しさと痛みに配慮した胃大腸内視鏡検査」を患者様に提供することを第一に考え、皆様から検査後に「思った以上に楽だった」と思っていただける内視鏡検査を実践しています。当クリニックの内視鏡専門医は、臓器のポイント毎にどのような内視鏡操作を行えば苦しさと痛みに配慮した検査になるのかを熟知しております。これまで培ってきた内視鏡技術の経験を十分に活かし、検査を行っています。安心してお任せください。
また、最新の機器を使用し、その知識と技術を駆使して正確な内視鏡診断を行っています。皆様が消化管がんにかかり健康を損ねることが無いよう最大限のサポートが出来るよう日々努力しております。まずはお気軽にご相談ください。

細川 泰三医師

国立鹿児島大学医学部卒業。
麻生飯塚病院、北九州市立医療センター、国立病院機構福岡東医療センターで多数の消化器内視鏡検査・治療に従事。
2020年4月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。