福岡天神内視鏡クリニックブログ

おなかにガスが溜まりませんか?

おはようございます。医師の細川です。
秋山医師が以前提案された「腸活」実践されていますか?

腸は美容や免疫などにも関連している非常に重要な臓器です。
「腸を制するものは健康を制する」は言い過ぎかもしれませんが、それぐらい大切な臓器です。
良かったら、過去の秋山医師のブログも参考にして皆さんも是非、「腸活」をしましょう!!

https://www.fukuoka-tenjin-naishikyo.com/blogpage/2020/06/06/7109/

前回の秋山医師のブログから新たに整腸剤飲み比べシリーズも始まります。
こちらも楽しみですね。

 

当クリニックには、「お腹全体にガスが溜まります」「便が緩いことが多いんです」といった悩みで受診される患者さんが多くいらっしゃいます。
この症状は、腸自体には炎症などの器質的な異常は無いけれど腸の動きの調節がバランスを崩している「過敏性腸症候群」や腸に炎症を起こしている「潰瘍性大腸炎」などが原因のこともあります。このため、症状がある場合は大腸カメラで一度腸を検査することをお勧めしていますが、実は食事などの生活習慣が原因と考えられる患者さんも沢山おられます。

 

次の様な事に思い当たる点はありませんか?
①ガスを発生させる食事を取り過ぎていませんか?
②運動不足になっていませんか?
③高塩分食を摂取していませんか?
高塩分食を摂取すると体内に水分が貯留するため、腸の動きや消化能力が低下し、腸管内にガスが溜まりやすくなります。
④ストレスが溜まったり、生活習慣が乱れていませんか?
自律神経のバランスが崩れると腸の動きのバランスが崩れ、お腹にガスが溜まりやすくなったり、下痢や便秘を来しやすくなります。

 

意外と生活習慣に問題があるケースがあります。生活習慣は毎日の積み重ねのため、健康に対して実はかなり影響があります。上記に思い当たる点がある方は、一度それを見直してみるのが良いかもしれません。
次回は、ガスを発生させる食事に関してお話ししたいと思います。お悩みの方は、是非一度クリニックにご相談下さい。