福岡天神内視鏡クリニックブログ

なぜいつも胃の調子が悪いのか

こんにちは、院長の相馬です。

今回は、みなさんからの相談の多い「胃の調子」についてです。

「胃もたれする」

「あまり食事が多く食べられない」

「酸っぱいものが上がってくる」

といった経験はないでしょうか。

 

一時的な症状であれば、問題ありません。

でもいつまでたってもなかなか症状が取れないときに、

「何か胃に悪いものができてるんじゃないか」

とふと心配になってくるかもしれません。

重い腰を上げて、胃カメラを受けてみます(キツイから受けない人も多いですが)。

診断は「悪いものはありませんでしたよ」を言われることが多くあります。

そうか、胃がんや胃潰瘍はなかったことは安心した。検査を受けて良かったと思えます。

でも、「じゃあ、この胃の不調は何なのだろう?」という疑問だけが残ります。

胃カメラを受けなかった人は、胃はブラックボックスになってしまい、不安感だけが募ってくるかもしれません。

ますます胃が痛い気がしてきます。。。

「胃」は不思議な臓器で、ただ食べ物の消化をしているだけではなく、脳からの指令を受けて簡単に動きが左右されます。

 

★胃の調子が悪い原因は、一言でいうと「消化の悪さ」になります。

「消化が悪い」から、胃が気持ち悪かったり痛かったりするのです。

でも「消化が悪い」って医学的にはどういうことなんでしょう。

最近の知見では胃の不調は、「胃の蠕動運動の低下・不全」によるものと言われています。

胃がきちんと動いていない、働いていないということです。

動かない理由は、「胃の知覚過敏」ではないかと考えられています。

歯の知覚過敏は有名ですが、胃や腸にも知覚過敏があると言われています。

胃が広がろうとすると、脳が「痛い・不快だ」と過敏に感じてしまうので、胃は遠慮してしまい広がりません

それが長いこと続くようになると、胃もいつしか広がらないことが当たり前になってしまいます

これが「慢性的に胃の調子が悪い」人の特徴です。

 

自分は若いころから胃が弱い、と思っている人がいると思います。

その胃の弱さの原因は、正体不明ではなくなってきました。

気のせいや神経性胃炎、と泣き寝入りしなくてもよくなってきたのです。

「胃の動きの悪さ・胃壁の知覚過敏がある」と知ること。

胃がずっと調子悪くて悩んでいた人には、この考えはとても納得がいくものになります。

症状が治るのかというと、胃の知覚過敏が取れてくると脳が不快感を感じなくなり、胃が「きちんと広がっていいのだ」という本来の感覚・胃の動きを取り戻します。

そうすると「今までの症状って何だったのだろう?」と驚くくらいに良くなることがあります。

 

脳が胃腸を支配するのではなく、胃腸が脳を支配できる(脳をだませる)可能性があります。

「胃腸の働きと脳との相関関係」は興味深く、これからは胃腸から脳に働きかけることで、全身の症状がよくなるかもしれないと期待しています。

胃と腸はつながっているので、胃の調子が良くなると便秘や下痢までよくなることがあります。

「胃腸が弱い」とあきらめないで、一度「胃腸活」に取り組んでみるのはいかがでしょうか?(^^♪