福岡天神内視鏡クリニックブログ

便ってそもそも何だろう?

おはようございます。副院長の細川です。
緊急事態宣言が解除された福岡だけで無く、まだ解除されていない東京、大阪も感染者数が減っています。日本国民が一丸となって外出自粛をした成果がでており、非常に嬉しい限りですね。

さて、前回まで便秘シリーズをお話ししましたが、今回は便そのものについてお話したいと思います。
そもそも便って何でしょうか?

私達の体内では、毎日、飲食から摂取した水分に加えて、唾液・胃液・胆汁・膵液・腸液などの消化液を合わせた約10Lの水分が消化管に流れています。この大量の水分は、小腸で90%近くが体内に再吸収されます。大腸で残りの水分が吸収され、便が形成されます。
こうしてみると便にはほとんど水分が含まれていないような印象を受けますが、正常な便は、70~80%程度水分を含んでいます。この水分量が60%程度になると硬便になり便秘を来します。また、水分量が90%に増えると下痢になります。
食事の内容や摂取量によっても変わりますが、日本人の1日の平均排便量は100~200gです。このうち、70~80%が水分で、残りが腸内細菌、食物線維などの不消化物、胃や腸の分泌物や粘膜から構成されています。

便のにおいは、腸内細菌が作る物質が強く影響します。
腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分類されますが、特に善玉菌と悪玉菌の影響を受けます。
悪玉菌は肉などのタンパク質や脂質を好んでエサにしますが、これらを分解する際に嫌な匂いの原因となる物質を作ります。このため、食生活が肉や脂っこい物に偏るとこれをエサにする悪玉菌が増え、便のにおいが強くなる傾向があります。
焼き肉やもつ鍋の翌日は・・・。皆さんも経験あるかと思います。
便秘になると悪玉菌が増えやすくなる上に便の水分が少なくなるため、においが強くなります。
一方、善玉菌は食物線維やオリゴ糖を好んでエサにします。善玉菌が多くなると、相対的に悪玉菌が減るため便秘になりにくくなる上に、便も匂いにくくなります。
腸内環境を整えるために食物線維(特に水溶性食物線維)、発酵食品、ヨーグルトなどのオリゴ糖を含む物や整腸剤の摂取が推奨されるのはこの善玉菌を増やすためです。

便の状態である程度、自分の腸内環境が推測可能です。
朝の便の状況をチェックしてから、その日の食事を決めるのも良いかもしれませんね!!