福岡天神内視鏡クリニックブログ

熱中症に気をつけよう!!

おはようございます。副院長の細川です。
8月になり急に暑くなってきましたね。特に今年は、夏なのにコロナ対策でマスク着用がほぼ必須なため、いつもより特に暑さを感じます。
毎年、夏になると熱中症患者さんが増えますが、今年は特に注意が必要ですね。適度に体のクールダウンをしましょう。

 

熱中症は、体内で過剰な熱が作られたり、熱の放出がうまくできない状態が続くことが原因で起こります。体温が上昇した結果、体内の水分や電解質が失われると、体温の調節機能が働かくなり、様々な症状が出現します。熱中症は重症化すると死ぬや助かっても脳に後遺症が残ることもあるため、注意が必要です。
気温や湿度、風の有無、日差しの強さなどの気象条件が発症率に大きく影響します。強い日光や反射熱にさらされる屋外での活動時や運動時も注意が必要ですが、高温多湿の環境下では屋内でも注意が必要です。

 

熱中症の症状は、全身倦怠感、吐き気、めまい、あくび、顔の火照り、筋肉痛、筋肉のこわばり、頭痛、高体温、大量に汗をかく、などがあります。軽症のうちは体温が高くならないことも多いため、「普段と違う」と感じることがあったらまずは体温を測りましょう。いつもより体温が1度以上高い場合は要注意です。最初は軽症でも、放置するとすぐに重症化することもあります。このため、油断は禁物です。
熱中症が疑われた場合は、体を冷やして熱を下げ、水分と塩分を補給するのが重要です。まずは、直射日光を避けて、クーラーや扇風機などがある涼しい場所へと移動しましょう。さらに体温を下げるために、首や脇の下、足のつけ根といった血流が豊富な場所に水をかけたり氷を当てたりして冷やしましょう。水分補給を行う際は、塩分を含む経口補水液やスポーツ飲料を摂りましょう。塩分を含まない水分だけを大量に摂取すると、低ナトリウム血症を起こす危険性があります。

 

暑い日が続きますが、しっかり熱中症対策をして乗り切りましょう!!