福岡天神内視鏡クリニックブログ

尿酸値が高いと、どうして悪いのか?

おはようございます、院長の相馬です。

福岡県の方の健診データを見ると、他県より「良くない」と私が思う数値があります。

1.尿酸値

2.中性脂肪

3.γ‐GTP

大分よりも、横浜よりも、明らかに高値です。

保険料率減少の報奨金を勝ち取りましょう!

これらに共通する原因は、プリン体ではありません。

「肥満」と「お酒」と「ストレス」です。

これを「県民性」と片付けてしまっては面白くないので、どうにかこれらの値を良くしていきたいと思っています。

 

これらの中でも、尿酸値は下げた方が良いです。

男性では7㎎/dl、女性では6㎎/dlを超えたら、下げる努力をした方が良いです。

「痛風」にならなければよい、という訳ではありません。

尿酸値が高い方、近くにある「クレアチニン」という値を見てみてください。

おそらく基準値上限に近い値(0.8~1.0くらい)ではないでしょうか。

「腎機能」がやや悪くなっている証拠です。

放っておくと動脈硬化や石灰化が起こり腎不全になります。

末期の腎不全になると透析が必要になります。

そして腎機能が悪くなると、心筋梗塞や脳卒中のリスクが上がります。

尿酸値が高いといけないのは、じん不全のリスクと心血管イベントが上昇するからなのです。

それならば、今日からお酒を我慢しますか?

ストレスは溜まりますね。

ストレスで、無性にたくさん食べたくなることもありますね。

私は、福岡県民は尿酸を溜めないことよりも排泄を促した方が効率が良いのではないかと考えています。

1.水分をしっかり補給すること

2.乳製品を少し摂取すること

注)乳製品の摂りすぎは大腸がん・乳がん・前立腺がんのりすくになります。

これらは毎日の習慣・積み重ねが必要になります。

胃腸の不調、便秘下痢治療もそうですが、「毎日の正しいことの積み重ね」が大切になります。

ご自身で続けるのが難しい方は、近所の人を誘って飲むときはチェイサーを一緒に飲んだりヨーグルトを少し食べたりするのもありかもしれません。

「水分摂取」と「適度な乳製品摂取」が尿酸値を下げることが報告されています。

 

当院は4月から動画配信も始めました。

みなさまの生活で役に立つこと、疑問に思っていることのを1分程度の動画にまとめています。

現在15本ほど作成しています。

良かったら、チャンネル登録をお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCcGtIxcuCrA9MGIWhQpsr9A

相馬 渉院長

国立大分大学医学部卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて「苦しくない無痛内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。