福岡天神内視鏡クリニックブログ

逆流性食道炎になりやすい生活とは

こんにちは、院長の相馬です。

逆流性食道炎の症状を持つ人は年々増えていると言われています。

数十年前はほとんど報告はありませんでしたが、現在では日本人の20%を超えるとも言われています。

逆流性食道炎の原因は、胃酸が増えてしまうことと食道と胃のつなぎ目が緩いことによります。

胸焼けや逆流感・のどのつかえ感がある方は、普段から「胃酸が増えないように」、「食道とつなぎ目が緩くならないように」生活すると良いと思います。

症状がある方は、以下のことがないか見直してみましょう。

● 高脂肪の食べ物や刺激物の摂りすぎ、暴飲暴食や早食いの習慣があると、胃酸がたくさん出るようになります。

● 猫背であったり姿勢が悪かったりすると、腹圧が上昇して胃酸が食道に上がってきやすくなります。

● ストレスやたばこ・飲酒の習慣があると、食道と胃のつなぎ目が緩くなってしまいます。

胃酸を抑えるお薬もありますが、食べ物の消化を妨げてしまいます。

胃酸を抑えるお薬を飲む場合には、一時的に飲むように心がけましょう。