福岡天神内視鏡クリニックブログ

検診で胃カメラを受けてみよう② ~胃カメラを受ける理由 

こんにちは、院長の相馬です。

当院では検診での胃カメラも行っています。

バリウム検査で要精密にならなくとも、胃痛や胃もたれをあまり感じなくとも、検診で胃カメラを受けることができます。

 

胃カメラを受ける一番の目的は、「胃がんや食道がんをできるだけ早期に見つけること」です

最近になり、胃カメラを受ける目的が追加になりました。

それは、2013年からピロリ菌除菌が保険適応になったことです。

胃がん発生の一番の原因がピロリ菌なので、除菌治療を行うと胃がんにかかるリスクを減らすことができます。

ピロリ菌感染の有無から除菌治療を行っていく過程には、胃カメラを受けることが必須になります。

ピロリ菌の難しいところは、除菌をしても胃がんのリスクがゼロにならないこと、ピロリ菌がいなくとも胃がんができる可能性があることです。

ただピロリ菌除菌が一般的になったことで、胃カメラの目的が「早期のがんを見つけること」のほかに、「胃がんにかかるリスクも減らせること」が追加になったと言えます。

 

相馬 渉院長

国立大分大学医学部卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて「苦しくない無痛内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。