福岡天神内視鏡クリニックブログ

便秘を考察する その16 乳酸菌で腸内環境改善!!

おはようございます。医師の細川です。

今回は、腸内環境と便秘についてお話したいと思います。

 

腸内環境の安定は、便秘改善に繋がりますが、腸内環境を整えるのには乳酸菌の摂取が非常に有効です。

「乳酸菌」といえばヨーグルトというイメージがあるかもしれませんが、日本人は、乳製品に含まれる乳糖を分解する酵素であるラクターゼの酵素活性が低下している人(乳糖不耐症)が多く、乳製品の摂取で下痢などのお腹の不調の原因となるため、摂り過ぎは注意です。

このため乳酸菌の摂取は発酵食品を多く含む日本食で摂取するのがオススメです。

オススメの食材は、納豆、味噌、醤油、ぬか漬けなどです。

 

これらの乳酸菌を含む食べ物を摂取して、腸内環境を改善することをプロバイオティクスといいますが、実は発酵食品を沢山食べても乳酸菌が生きたまま腸内に届き、活動することはほぼありません。

 

この理由は次の2つです。

①摂取した乳酸菌の多くは、胃酸で死んでしまうため、腸内に生きたまま届かない

②大腸にはもともと腸内細菌叢が形成されているため、摂取して乳酸菌が定着できない

 

 

「じゃあ、乳酸菌を頑張って摂取しても意味が無いじゃん」って思った方は間違いです。

頑張って摂取した乳酸菌が無駄になることはありません。

摂取した乳酸菌はわずか数日でも大腸に留まれば、善玉菌が生息しやすい環境を作るサポートをします

また、摂取した乳酸菌が胃酸で死んでしまったとしても、その乳酸菌の死骸は小腸にある免疫活性化スイッチを刺激するため、身体の免疫力(腸管免疫)を直接upするだけでなく、間接的に腸内環境を安定化させます

腸内環境の安定化は、間接的に便秘解消に繋がります!!

 

 

さらに食物繊維は、腸内細菌のエサになり、善玉菌を増やして腸内環境の安定化に繋がります

食物繊維を沢山摂取して腸内細菌のエサにすることをプレバイオティクスといいますが、乳酸菌を摂取して腸内環境を安定化させるプロバイオティクスを併せて行うことで腸内環境は飛躍的に安定化します。

このプレバイオティクスとプロバイオティクスを合わせて行うことをシンバイオティクスといいます。

しっかりシンバイオティクスを行い、免疫力upを行うだけで無く、便秘の改善も目指しましょう!!

 

 

特に、プロバイオティクスは可能な限り出来るだけ数多くの乳酸菌を摂取して小腸の免疫活性化スイッチを数多く刺激するのが大切です。

「数打てば当たる!!」という事ですね。

 

 

 

当医療法人監修の整腸剤である「ラクエイド」には、1日摂取量の6カプセル中に、1兆個の乳酸菌、200億個のビフィズス菌が含まれています。

 

期待される効果としては

①下痢や便秘などの便通異常の改善効果

②免疫力の増強効果

③血圧低下・コレステロール低下効果

が期待されます。

 

 

 

詳細は当クリニック秋山院長の下記ブログを参考にしてください。

「ラクエイド」を飲んで、健康寿命を延ばしましょう!

 

どの整腸剤も効果がなかった方、ラクエイドを試してみませんか?

 

乳酸菌摂取は数が命です!

 

 

 

また、現在、ラクエイドは、従来の通信販売に加え、5日分の無料サンプル(送料110円のみお支払い)を提供しています。

興味がある方は下記URLをクリックしてご覧ください。

https://colorme-repeat.jp/8/c8264ce5/lacaid

 

お悩みの方は、是非一度、ご相談ください。

細川 泰三医師

国立鹿児島大学医学部卒業。
麻生飯塚病院、北九州市立医療センター、国立病院機構福岡東医療センターで多数の消化器内視鏡検査・治療に従事。
2020年4月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。