福岡天神内視鏡クリニックブログ

胃のポリープと大腸のポリープについて(再掲) ~取った方がいいのか取らなくていいのか

おはようございます、院長の相馬です。

今回は、胃のポリープと大腸のポリープについて書きたいと思います。

なぜポリープについて書こうと思ったのか。

理由は、こうです。

「ポリープがあると言われたのに、取ってくれなかった」

「ポリープがあるのに、2、3年後の検査で見たらいいと言われた」

と、不安やモヤモヤした思いをもって過ごしている方々がとても多いからです。

ここで、ポリープについてできる限り分かりやすく解説したいと思います。

 

〇 胃ポリープについて

胃ポリープは大きく4つに分かれます。1つずつ見ていきましょう。

1.胃底腺ポリープ

一番頻繁に見られます。

非腫瘍性ポリープに分類されます。

組織検査をすると、Group1(間違いなく良性)と返ってきます。

このポリープができる原因は、いまだにはっきりしていません。

女性にできていることが多いので、女性ホルモン(エストロゲン)が影響しているのではないかと言われています。

よって年齢が高くなり女性ホルモンが減ってくると、小さくなったり自然に消失したりします。

女性ホルモンは男性でも産生される(本当です)ため、男性でも胃底腺ポリープができている人はいます。

またピロリ菌のいないきれいな胃粘膜の人にできやすい、という特徴もあります。

いずれにせよ、「胃底腺ポリープはそのまま治療しなくてよい」、ということになります。

「ポリープがあるのに治療してくれなかった」

「ポリープがあると言われたのに、そのままでよいと言われた」

というのは、この胃底腺ポリープだった可能性があります。

 

2.過形成性ポリープ

これも非腫瘍性ポリープです。

組織検査はGroup1(間違いなく良性)です。

つまり、基本的には切除する必要はありません。

ただ、大きくなるとがん化することが時々あります。

2cm以上に成長すると、数パーセントの確率でがん化すると言われています。

ピロリ菌がいる胃の粘膜の人にできやすいポリープです。

除菌治療が成功すると、ポリープが小さくなったり中には消えてしまうこともあります。

胃底腺ポリープと比較すると、「経過観察はしていく必要がありますが、慌てて切除する必要はない」ものと捉えるとよいと思います。

 

3.胃腺腫

ここからは腫瘍性ポリープに分類されます。

組織検査ではGroup3(がんではないが、腫瘍性)となります。

形は白くて平坦なものが多く地味ですが、前がん段階のポリープ・腫瘍であり、がん化する前に切除した方が良いことが多いと思います。

ただ、必ずがん化するわけではないので、慎重に経過観察をして必要あれば切除をするという考え方もあります。

 

4.胃がん

これは切除しなければ治癒しません。

組織検査はGroup5(間違いなく悪性腫瘍)となります。

放っておくと多臓器に浸潤・転移しますので、治療が必要になります。

 

〇 大腸ポリープについて

つぎに大腸ポリープについてです。大きく3つに分けました。

1.腺腫(腫瘍性ポリープ)

大きく成長するまでに年単位かかることが多いですが、放っておくといずれ大腸がんになる可能性があるポリープです。

組織検査はGroup3(腫瘍性ポリープ)です。

クリニックや病院の方針によっては、”小さな腺腫(5mm以下)は取らない” ことがあります

ここがみなさんが疑問に思うところだと思います。

腫瘍性ポリープが体内にあるのに、「取らなくてよい」「2~3年後に取りましょう」と言われてしまいます。

「じゃあどうしたらよいの?」と不安になります。

医療者側は、「数年たっても、まずがん化するほど大きくはなっていないだろう」と考えています。

でも、患者さんは「ポリープをほったらかしにされた」と思いますから、不安感を持つこともあるでしょう。

さまざまな意見がありますが、私は早急に切除する必要がないといわれる腫瘍性ポリープでも、次に大腸内視鏡検査の組織検査を受ける時間やタイミングが誰にでもあるわけではないので、見つけたときに切除するようにしています。

 

2.過形成性ポリープ・炎症性ポリープ(非腫瘍性ポリープ)

基本的には放っておいても、がん化することは非常に少ないタイプのポリープです。

組織検査はGroup1(非腫瘍性ポリープ)です。

大きな過形成性ポリープは、ごくまれにがん化することがあると報告されています。

先ほどの腺腫(腫瘍性ポリープ)と内視鏡観察上区別がとても難しいことが時々あります。

 

3.大腸がん

組織検査はGroup5(間違いなく悪性)です。

これは早急に切除をして治療する必要があります。

 

まとめ

1.胃ポリープ:切除しなくてよいポリープがほとんどです。

ポリープと聞くとイメージが悪いですが、胃の場合は心配いらないことがほとんどです。

 

2.大腸ポリープ:切除が必要なポリープ(腺腫)と切除しなくてよいポリープ(過形成性ポリープ・炎症性ポリープ)があります。

腺腫でも小さなポリープは、切除しない病院・クリニックがあります

 

本題に戻ります。

どうしてみなさんが、「ポリープを取ってくれなかった」と、不安やモヤモヤした思いをもって過ごすことになるのでしょうか?

本来は、「ポリープがある」と説明をした時点で医療者側が、どの種類のポリープなのかを説明しなければなりません。

そして特にポリープを切除しなかった場合、切除しないで良い理由もしくは経過観察でよい理由をきちんとお話しする必要があります。

「ポリープ」という言葉が、どれだけ患者さんを不安にさせるか。

私達医療者側と患者さんとの間で、「ポリープ」という言葉の意味に乖離が存在しています。

ポリープに対する認識が医療者側と患者さん側で一致すれば、みなさんが次回の胃カメラ・大腸内視鏡検査まで安心して生活できると思います。