福岡天神内視鏡クリニックブログ

夏を楽しむために ~熱中症にご用心~

こんにちは、医師の秋山です。

毎日暑い日が続いていますが、お元気に過ごしていますか?

 

これまで熱中症など他人事だと思っていましたが、ここ数年の異常な暑さでは、私自身もいつ熱中症になってもおかしくないと思っています。

熱中症の怖い点は、症状をはっきり自覚したときには、すでに水分を摂る気力がなくなり、取りたくても取れない点です。

また、熱中症は今や誰もが入院が必要になったり、場合によっては命を落とすかもしれない病気です。

 

予防策としては次のことを気をつけてください。

〇 お酒は飲みすぎない。飲んでも水分を摂って、夜間の脱水を防ぐ。

〇 毎日しっかり睡眠をとる。早く寝る。

〇 仕事中は、こまめに水分補給をする。

〇 いつも部屋を涼しくしておく(無理して28℃の部屋にいると、知らずと脱水になっているそうです!)

 

暑い日が続きますが、しっかり予防して乗り切りましょう!!

秋山 祖久総院長

国立長崎大学医学部卒業。
長崎大学医学部付属病院・大分県立病院など多くの総合病院で多数の消化器内視鏡検査・治療を習得。2018年11月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。