福岡天神内視鏡クリニックブログ

生活習慣をを変えるだけで便秘下痢と胃症状は治る

おはようございます。院長の相馬です。

当院は「便秘外来」「おなか何でも外来」をしています。

1日に数人から多いときは10人程度、便通やおなかの症状で困って受診しています。

私はこれまで整腸剤を中心とした常習性がほとんどない軽い便秘薬や胃薬(運動機能改善薬)で、便通や胃痛の治療を行ってきました。

それでもなかなか症状が改善しない方がいます。

その場合には、「普段の食事、睡眠といった生活習慣」を問診することにしました。

すると【便秘(あるいは下痢)と胃痛のある人の3つの共通点】があることに気が付きました。

それは、

1.ほとんどの人が朝食を食べる習慣がないこと

2.仕事が忙しくて、昼食も食べないで済ましている方が多いこと

3.寝る時間が0時を過ぎていること

です。

1と2については、胃腸に食べ物が入ってこないので胃腸が動かない時間が長すぎるのです。

胃腸が動く間隔が長くなっているために、胃腸がいつ動いて良いのか分からずに不自然になっていることが考えられます。

3については、成長ホルモンが分泌される(自律神経を整える働きがあります)のが0時前後です。

それより遅く寝ると自律神経が乱れてしまい、便秘・下痢、胃痛が出やすくなっているのです。

いずれも「気が付かないうちに胃腸を酷使させている」のです。

 

改善策はこの習慣を改善するだけです。

1と2は、忙しくても朝食と昼食として何か軽く食べることです。

おにぎりやパンを1つでもかまいません。

ヨーグルトやオレンジジュース、ウイダーインゼリーなどでもよいでしょう。

胃腸を定期的に動かしてあげれば、胃腸は安心して動くことができます。

3については23時を過ぎたら、就寝することです。

とかく仕事を夜遅くまでしたり、1日の疲れの気分転換で遅くまで起きているのでしょうが、成長ホルモンを分泌させるために少し早く寝てしまいましょう。

その方がかえって、自律神経が整い気分転換になります。

以上、便秘・下痢、お腹の不調の改善方法を書きました。

本日からでもコンビニで軽い食事を買って朝食・昼食を摂ることから始めてみませんか。

 

相馬 渉院長

国立大分大学医学部卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて「苦しくない無痛内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。