福岡天神内視鏡クリニックブログ

運動会での熱中症を防ぐ 〜熱中症の予防は、前日の夜に決まる

おはようございます。院長の相馬です。

今週末は運動会のところも多いと思いますので、今回は【熱中症】をテーマにします。

最近は気温が30度近くまで上がるために、5月でも熱中症に注意しなければならなくなりました。

私も昨年、夏になる前に熱中症になりました。

夏休み明けの運動会の方が暑そうに思えますが、実は秋の運動会の方が熱中症にならないのです。

それは「秋の方が、身体が暑さに慣れているから」です。

逆に暑さに身体が慣れていない春は、子供・大人はどのようにしたら熱中症を防げるのでしょうか。

答えは「前日の夜の過ごし方2つ」にあります。

 

1、脱水にならないこと

子供も大人も、水分をしっかり前日の夜までに補給しておきましょう。

当日の朝では、脱水予防は間に合いません。

大人はお酒がいつもより多い場合、同じ分だけ水を多く飲むことを意識しましょう。

特に「朝の場所取り」に頑張る両親は、必ずペットボトルや水筒を持参するようにしてください。

 

2、寝不足にならないこと

寝不足する習慣のある子供、大人は次の日の運動会本番で炎天下が続くと暑さがボディーブローのように効いてきます。

おそらく午前中のうちにダウンします。

熱中症にかかると、とても辛いです。

場合によっては救急車搬送になり、命も落としかねない疾患ですから、油断してはいけません。

当日緊張して眠れない時でも、布団でゴロゴロして身体を休ませておく、目を瞑っておくことが大切です。

 

1、2ができれば、当日は適度に水分を補っていくことで、親子共々楽しい運動会になると思います。

運動会が良い思い出になるように、今から体調を整えておきましょう。

 

「胃もたれ」や「胃の痛み」が起きる本当の原因は、【胃壁の知覚過敏】であること分かってきました。

お時間があるときに、ぜひご覧ください。