福岡天神内視鏡クリニックブログ

整腸剤を継続して内服してみよう

こんにちは、院長の相馬です。

私は【整腸剤を少量継続する】ことをお勧めしています。

すると「整腸剤は継続してもいいのですか」

と聞かれることがよくあります。

私は整腸剤は「継続したほうが効果がある」と思います。

整腸剤の使用方法は2つあります。

① 胃腸炎(下痢症)のときに、集中して内服する

② 便秘や下痢でなくても、継続して内服する

①のために家にビオフェルミンSが常備していることもあるでしょう。

一時的に乱れた腸内環境を早く元に戻してあげるために、整腸剤はとても優れていると思います。

②のために内服している人はあまりいません。

「整腸剤は下痢を治すためのものだ」と思っている人が多くいます。

実は、便秘を治すためのベースになるのも、この整腸剤です。

整腸剤を長い期間をかけて継続すると腸内環境がだんだんと良くなり、下痢や便秘が起きにくくなったり、慢性的な下痢や便秘が改善したりします。

普段から善玉菌と悪玉菌と日和見菌のバランスが悪く、「菌の多様性が少ない」方が便秘や下痢になりやすく、最終的には「胃がんや大腸がんの原因になる」ともいわれるようになりました。

整腸剤を「毎日飲むことに抵抗がある」方は、整腸剤をあまり「薬」だと思わなければいいのではないかと思います。

整腸剤は「薬」でなくて「サプリメント」と考えるか、ヤクルトやミルミルのように「健康飲料」だと思って飲むと良いでしょう。

「毎日飲むことで副作用はないのか」と思われる方もいるでしょう。

基本的に副作用はありません。

整腸剤が身体に合っているのかそうでないのかを判断する期間は、3週間くらいにすると良いと思います。

3週間の間に便通が良くなったり体調が良くなったりしたら、そのまま継続すると良いと思います。

あまり良くなったことがなかったり、むしろ便通や体調が良くならなかったら、他の整腸剤を試してみた方が良いでしょう。

1日に何回飲むかですが、ヤクルトなどと同じように習慣化できるとよいので、1日1回くらいが無理がなくて良いと思います。

相馬 渉院長

国立大分大学医学部卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて「苦しくない無痛内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。