福岡天神内視鏡クリニックブログ

胃カメラはどれくらいの間隔で受けたら良いのか

こんにちは、院長の相馬です。

胃カメラはどれくらいの間隔で受けたら良いのでしょうか?

最近の検診では、2年に1回の胃カメラとなっています。

私達のクリニックでは、胃カメラは1年に1度することをお勧めしています。

「それほど頻繁に受けないといけないか」と思うかもしれません。

胃がんの最大の原因は、ピロリ菌感染です。

  • ピロリ菌がいる人、2.ピロリ菌を除菌した人 3.ピロリ菌がもともといない人

と、1.の方が一番胃がんのリスクが高くなっています。

過去にピロリ菌がいたけれど今は胃からいなくなってしまった方は、1.の方と同程度胃がんのリスクが高くなっています。

 

2.や3.の方でも胃がんができることがあります。

胃がんは、できてしまうと進行が早いものがあります。

1年前は内視鏡的に見えていなかったものが、今になって見えてくることがあります。

「大腸がんは予防できる」と書きましたが、「胃がんの厳密な予防はできません」。

そのかわり、早期に見つかれば命に関わることは少なくなります。

命に関わるような胃がんにならないために、念のため1年に1度胃カメラを受けると良いというわけです。

相馬 渉院長

国立大分大学医学部卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて「苦しくない無痛内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。