福岡天神内視鏡クリニックブログ

検診で大腸カメラを受けてみませんか?②

こんにちは、院長の相馬です。

前回「大腸カメラを受けることで、大腸がんにかかることと亡くなることを予防できる」と書きました。

しかし、日本人は6~7人に1人くらいしか大腸カメラを受けていないのが現状でした。

来院される方が大腸カメラを受ける動機を振り返ると、大きく2つに分かれました。

1.便秘や下痢、お腹が張るなどの症状がある。

2.便潜血が陽性になった。

1は、普段多少の便秘や下痢、お腹が張っても多くの方はなかなか病院まで行かないのかな、と思います。

2は、大腸カメラを受けるまでに障害が多くあります。

① 便潜血検査を出す

② 便潜血が陽性になる(便潜血はあてになりません)

③ 病院を受診する

①~③までして、ようやく大腸カメラにたどり着きます。

1と2の動機を考えると、6~7人に1人しか大腸カメラを受けてもらえないのも仕方がないかと納得します。

しかし、大腸カメラを受けることで、大腸がんにかかることと亡くなることを予防できるのであれば、やはり受けた方がよいですよね。

お腹の調子も悪くなく、便潜血も陽性にならない大部分の方々が、大腸がんを予防するにはどうしたらよいでしょうか。

私は「検診で大腸カメラを受ける」ことをお勧めします。

当院では、検診でも大腸カメラを行っています。

日本で増加している大腸がんから身を守るためには、自らすすんで大腸カメラを受けてみることが最も大切です。

「大腸カメラ、一度受けてみようかな」

と思い立つはじめの一歩が、とても大切だと思います。

 

 

 

相馬 渉院長

国立大分大学医学部卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて「苦しくない無痛内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。