福岡天神内視鏡クリニックブログ

胃腸よ、ストレスに負けるな。

おはようございます。院長の秋山です。

「返事は「はい」か「Yes」だ。」という、昔の指導医の教えを今も守ってるところがあります。

 

さて、「ストレスが溜まって胃腸の調子が悪い」という経験をしたことはありませんか?

 

これは、「脳腸相関」によるネットワークが原因と言われています。

それでは、「脳腸相関」とはなんでしょうか?

 

「腸」には、約1億個の神経細胞が存在しています。これは、脳に次ぐ多さです。

 

腸の粘膜下に「粘膜下神経叢」があり、ホルモン分泌などを行なっています。さらに腸管の筋肉には「筋層間神経叢」があり、腸の蠕動運動を行なっています。これらの神経叢をまとめて「腸管神経」と言います。

 

この腸管神経が、交感神経、副交感神経を通じて脳とつながっており、互いに情報交換を行なっています。これが「脳腸相関」です。

 

例えば、何か大きなプレゼンの前に下痢したり、や電車やバス通勤中にお腹が痛くなったりすることがありますが、これは、プレゼン前の緊張感や、これから仕事をしなければいけないというストレスを脳が感じ取り、強い不安感を抑えようと副交感神経が過敏に反応し、これが脳から腸に信号が送られ、それにより腸の動きが活発になり、下痢になったり腹痛を感じたりするのです。

 

さらに、下痢や腹痛などの腸の不調な状態が脳へと伝えられることによりさらに症状が悪化するという、負のスパイラルに入っていきます。

以上のようなメカニズムで症状が出現するのです。

 

中にはこのような症状に慣れてしまって、そのままにしている方もいるのではないかと思いますが、放っておくと、腸内細菌のバランスが崩れ、免疫力が下がります。また、大腸がんや炎症性腸疾患など病気が隠れている場合もありますので、一度ご相談に来てくださいね。

 

先日、胃腸が弱っている気がしたのでお粥を食べました。

久しぶりにお粥を食べると胃腸が癒されます。免疫力を上げる効果もあるとのことです。

秋山 祖久総院長

国立長崎大学医学部卒業。
長崎大学医学部付属病院・大分県立病院など多くの総合病院で多数の消化器内視鏡検査・治療を習得。2018年11月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。