福岡天神内視鏡クリニックブログ

整腸剤の飲み比べを始めます!その11〜太田胃散整腸薬〜

おはようございます。院長の秋山です。

明日の9月15日は「老人の日」だそうです(敬老の日とは違います)。

「年は取ってはいけない、年は重ねるものなんだ。」とはサッカーの三浦知良選手の言葉です。年を重ねて素敵な人間になりたいものですね。

 

さて、整腸剤の飲み比べですが、今回は「太田胃散整腸薬」です。

価格ですが、160錠で1380円です。1錠8.625円です。

用法用量が1回3錠、1日3回です。1日77.625円となります。

生薬独特の匂いと味が若干あります。漢方薬が苦手な方は飲みにくいかもしれません。

 

成分ですが、

A.「ビフィズス菌」「乳酸菌」「酪酸菌」の3種類の善玉菌

B.整腸生薬として「ゲンノショウコ」「アカメガシワ」

C.健胃生薬として「ゲンチアナ」

D.消化酵素として「ビオヂアスターゼ」

が含まれています。

 

ですので、

Aで腸内環境を整える

Bで胃腸の蠕動運動を調節、さらに胃腸の粘膜修復する

C、Dで胃の消化を促進する

以上の効果が期待できます。

 

最近はこのような、善玉菌+胃腸を助ける生薬のミックスされた整腸剤が増えてきてます。

こういう整腸剤は長期的に飲むのではなく、下痢やお腹の張りなどの症状をいち早く改善したい、という方に最適な整腸剤だと思います。

 

太田胃散整腸薬のまとめです。

1.1錠8.625円。用法用量が1回3錠、1日3回。1日77.625円。

2.生薬独特の匂いや味が若干あり。

3.3種類の善玉菌、2種類の整腸生薬、1種類の健胃生薬、消化酵素が含まれている。

4.腸内環境を整えつつ、胃腸の蠕動運動調節、粘膜修復、消化促進作用あり。

5.下痢やお腹の張りなどの症状をいち早く改善したい時に最適。

 

これだけ覚えれば大丈夫です!

 

秋山 祖久総院長

国立長崎大学医学部卒業。
長崎大学医学部付属病院・大分県立病院など多くの総合病院で多数の消化器内視鏡検査・治療を習得。2018年11月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。