福岡天神内視鏡クリニックブログ

コロナ禍だからこそ「腸活」しましょう!

おはようございます。医師の秋山です。

 

散髪の時、私は美容師さんを爆笑させてやろうと常に考えており、小ネタをいくつか準備して散髪に臨むのですが、美容師さんは軽く笑いはしてくれるものの、爆笑まではいかないです。そのストイックさはさすがプロだと思います。ただ時々、予想外のネタで爆笑をさらうことがあるので不思議です。

ちなみに最近の予想外のヒット作は「占いのおばあちゃんから占ってもらった時の話」です。

 

さて、「腸活の女王」「腸活おばけ」の異名を取るタレントの加治ひとみさんの記事を最近読みました。彼女は若い頃から体が弱く、腸活を始めたところ、9年間風邪知らずだそうです。抜群のスタイルは「かぢボディ」とも呼ばれ、腸活ブームのパイオニア的存在です。

 

そんな加治ひとみさんが、簡単な腸活のやり方を説明していましたので書き留めておきたいと思います。感染症対策にもなりますので実践してみてくださいね。

 

①朝の白湯・・・毎朝、起きてから30分以内にお白湯を飲む。腸を温めて活発にしてあげることで代謝が10~15%上がるとのこと。白湯が腸活の第一歩。

②スパイス・・・ハーブやスパイスは腸の働きをコントロールしている自律神経を整える効果があります。スーパーなどで調合したスパイスなどを購入し、日々の食事に少しふりかけて食べてみてはいかが、とのこと。

③キノコ&りんご ・・・冬の季節は食物繊維が豊富なキノコがお薦め。鍋やみそ汁に入れて食べましょう。また、1日1個のりんごを皮ごと食べることにより、デトックスや美肌効果もあり。

 

いいですね。どれもすぐに始められそうです。お勧めは①です。明日からすぐに簡単に始められます。

 

あとは、整腸剤を内服すれば完璧です。整腸剤は沢山市販されていますので、自分に合った整腸剤を飲んでみましょう。

 

当医療法人監修の整腸剤「ラクエイド」も購入者が増えています。

私も毎日飲んでいますが便通良好で感染症対策にもなります。購入ページは以下URLですのでご利用くださいね。

https://colorme-repeat.jp/8/c8264ce5/lacaid

来週から寒くなるとのことです。防寒対策をしっかりと行いましょう!

 

秋山 祖久総院長

国立長崎大学医学部卒業。
長崎大学医学部付属病院・大分県立病院など多くの総合病院で多数の消化器内視鏡検査・治療を習得。2018年11月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。