よくあるご質問
FAQ

食べ物からビタミンCを摂る場合は、1日にどれくらい摂取すればよいですか?

日本でのビタミンC摂取推奨量は1日100㎎ですが、この100㎎という数値にあまり根拠はなく、本来はもっと多くのビタミンC摂取が必要ではないかといわれています。
ビタミンCは、本来は野菜や果物と言った食物から摂取するのが望ましいですが、現実の生活では意識して野菜や果物を摂取しなければ、どうしても不足しがちなビタミンになります。
そこでサプリメント製剤としてビタミンCを摂取している方も多いと思いますが、多くても1日2g程度になります。
ビタミンCは体内で速やかに代謝されてしまうので、数時間もすると血中濃度が落ちてしまいます。
そしてサプリメントの内服を大量に摂取したとしても、血中濃度はある程度で頭打ちになり、点滴療法で得られるような効果まで達しないと言われています。
もちろん、ビタミンCを毎日摂取するように意識することはとても大切なことです。

この質問の答えを書いた人

平島 徹朗理事長

国立佐賀大学医学部 卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科、国立がん研究センター中央病院内視鏡部など、
多くの病院・内視鏡専門クリニックで消化器内視鏡診断・治療を習得後、2011年たまプラーザ南口胃腸内科クリニック開院。