よくあるご質問
FAQ

除菌治療をすれば、胃潰瘍や十二指腸潰瘍は再発しませんか?

除菌成功後の胃潰瘍再発率は、年間で2.3%、十二指腸潰瘍では1.6%といずれも極めて低いといわれています。
除菌治療を行うことにより、ほとんどのみなさまで潰瘍ができなくなりますので、これまで潰瘍を繰り返している方は、積極的に除菌治療を行うことをお勧めいたします。