よくあるご質問
FAQ

胃カメラで、逆流性食道炎の診断ができますか?

胃カメラの観察で、逆流性食道炎を診断することができます。
逆流性食道炎の程度や、食道炎発症の原因となる食道と胃のつなぎ目の緩み(食道裂孔ヘルニアといいます)などを詳細に調べます。
逆流性食道炎を改善するためには、生活習慣の改善が1番です。
どうしても胸やけなどの症状が強く、日常生活に支障が生じている場合には、内服薬での治療を行うこともできます。

この質問の答えを書いた人

平島 徹朗理事長

国立佐賀大学医学部 卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科、国立がん研究センター中央病院内視鏡部など、
多くの病院・内視鏡専門クリニックで消化器内視鏡診断・治療を習得後、2011年たまプラーザ南口胃腸内科クリニック開院。