よくあるご質問
FAQ

潰瘍性大腸炎の治療は、こちらで行っていますか?

潰瘍性大腸炎の程度によります。まずは大腸内視鏡検査や組織検査で、炎症の程度を診断します。
炎症の程度が軽く、症状がひどくなければ内服薬の服用や注腸薬の使用で経過観察することが可能です。
症状が強い場合や手術などの専門的な治療が必要な場合には、専門の医療機関をご紹介いたします。

この質問の答えを書いた人

相馬 渉院長

国立大分大学医学部卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。
日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。