よくあるご質問
FAQ

「胃バリウム検査でがんになる」という記事をみましたが、本当ですか?

1回の胃バリウム検査で「発がん」することはまずありません。
しかし毎年胃バリウム検査を受け続けることで放射線被ばくが蓄積し、徐々にDNAが傷つけられて「発がん」の一因になってしまう可能性は否定できません。
1回の胃バリウム検査で受ける被ばく量は15~25mSyと意外にも相当高く、検診車では20~30mSyにもなります。胸部レントゲン検査のおよそ150~300倍の被ばく量であり、一般的な全身CT検査でもおよそ10mSyですので、胃バリウム検査は、得られる情報量が少ない割には被ばく量が多いことがわかります。
「胃バリウム検査で指摘されて、胃カメラを受けるきっかけになった」という意味では確かに胃バリウム検査の意義はあると思います。
しかし、胃バリウム検査だけでは残念ながら胃がんの確定診断には至りません。そして胃バリウム検査は苦しい検査でもあります。
以上より総合的なメリットとデメリットを考えると、被ばくのない内視鏡検査でしっかり観察することを強くお勧め致します。