よくあるご質問
FAQ

胃カメラで十二指腸潰瘍と言われましたが、ピロリ菌を調べた方がよいですか?

十二指腸潰瘍があった場合には、必ずピロリ菌検査を受けましょう。
十二指腸潰瘍の多くは、ピロリ菌感染が原因になっています。
頭痛や腰痛、生理痛などの痛み止めが原因で十二指腸潰瘍ができることもありますが、それでもピロリ菌感染が合併していることも多いですので、ピロリ菌検査を受けましょう。

この質問の答えを書いた人

相馬 渉院長

国立大分大学医学部卒業。
大分大学医学部附属病院消化器内科に入局し、大学病院や関連施設にて数多くの消化器内視鏡検査・治療を経験。
日本有数の内視鏡検査数を誇る横浜のたまプラーザ南口胃腸内科クリニックにて「苦しさと痛みに配慮した内視鏡検査」の技術を習得し、2017年7月より「福岡天神内視鏡クリニック」院長就任。