よくあるご質問
FAQ

クリニックの内視鏡検査では、小腸を観察することはできませんか?

当院で行っている胃カメラは、口から十二指腸の途中までを観察します。大腸内視鏡検査では大腸全体を観察します。大腸内視鏡検査では、小腸は大腸の入り口から入って観察できても、出口付近の20cmくらいまでです。
6m近くある小腸は、通常の胃・大腸内視鏡検査ではほとんど観察できません。
幸いなことに小腸は病気ができにくい消化管ですが、どうしても小腸の病気が疑わしく小腸の観察が必要なときは、小腸内視鏡やカプセル内視鏡を行っている医療機関に紹介いたします。

この質問の答えを書いた人

秋山 祖久総院長

国立長崎大学医学部卒業。
長崎大学医学部付属病院・大分県立病院など多くの総合病院で多数の消化器内視鏡検査・治療を習得。
2018年11月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。