よくあるご質問
FAQ

胃バリウム検査で「要精密検査」といわれましたが、やはり胃カメラを受けないといけませんか?

がんの早期発見・早期治療のために、ぜひ胃カメラを受けましょう。
「要精密検査」となる理由はさまざまありますが、胃ポリープや胃潰瘍、胃がんなどがないか、内視鏡検査でしっかりと観察していきます。
検診で引っかかると、つい逃げ腰になってしまい精密検査を受けたくなくなる心理はよくわかります。
しかし実際胃カメラを受けてみたら、胃の中身は全く問題がなかったというケースもよくみられます。
そして胃カメラの観察で、現在の胃粘膜の萎縮(老化)の程度も分かりますので、今後胃がん予防の作戦を前向きに積極的に考えていくこともできます。
「要精密検査」となったことの方が、内視鏡検査を受けて将来的には胃がん予防への意識が高まることもあるのです。
せっかく検診まで受けられたのですから、中途半端にせずぜひ胃カメラまで受けていただきたいと思います。

この質問の答えを書いた人

秋山 祖久総院長

国立長崎大学医学部卒業。
長崎大学医学部付属病院・大分県立病院など多くの総合病院で多数の消化器内視鏡検査・治療を習得。
2018年11月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。