内視鏡医師の知識シリーズ
ENDOSCOPIST DOCTOR'S KNOWLEDGE SERIES

食道裂孔ヘルニアとは?逆流性食道炎を予防するための対処法をご紹介!

食道裂孔ヘルニアをご存じでしょうか。胃と食道の入り口の筋肉が緩んでいるため、胃酸が食道に逆流しやすく逆流性食道炎が起こりやすくなる状態のことをいいます。

逆流性食道炎は、人によって痛みなどつらい症状を引き起こします。
胃カメラ検査を受けていて、他に症状の原因となる異常がないにも関わらず、逆流性食道炎の治療薬(胃酸を抑える薬)を服用しても症状が治まらない場合は、食道裂孔ヘルニアの可能性があります。

今回は、食道裂孔ヘルニアについて原因や予防方法をお伝えします。

1. 食道裂孔ヘルニアとは

診察する医師
食道裂孔ヘルニアとは、胃と食道の入口の筋肉が緩んで、常に食道と胃の入口が半開きになっている状態です。そのため胃の中の食べ物や胃液が逆流しやすくなり、逆流性食道炎を起こさなくても逆流性食道炎と同じ症状が出る恐れがあります。

横隔膜にある食道が通る穴(食道裂孔)から、通常は横隔膜の下部にあるべき胃の一部が飛び出してしまう状態を食道裂孔ヘルニアといいます。
横隔膜から飛び出した部位によって食道裂孔ヘルニアは3種類に分けられます。

1-1. 滑脱(かつだつ)型

食道胃接合部である噴門部が胸部側(横隔膜)へ移動している状態で、食道裂孔ヘルニアの中でもっとも多い

1-2. 傍食道型(ぼうしょくどうがた)

食道と胃の接合部に位置する横隔膜の上に、胃の一部のみが出てしまった状態

1-3. 混合型

噴門部と胃の一部の両方が横隔膜よりも上に出ている状態

2. 食道裂孔ヘルニアの症状

喉が痛い男性
食道裂孔ヘルニアになっている場合でも、症状が出ないことがありますが、多くの場合、胃酸が食道に逆流することでつらい症状が出現します。

具体的には、

・胸やけ
・呑酸(どんさん)
・胸の痛み
・喉の痛み
・喉のイガイガ感

などが現れます。このような症状がある場合は、逆流性食道炎が食道で起きている可能性があるため消化器内科を受診しましょう。消化器内科では症状の原因を突き止めるために胃や食道の状況を確認するための胃カメラ検査が必要となる場合もあります。

3. 食道裂孔ヘルニアの2つの原因

喉が痛い女性
食道裂孔ヘルニアの原因は2つあります。

・加齢変化
・内臓脂肪が増えて横隔膜の位置がずれる

通常、食道と胃の入口である噴門部は横隔膜によってキュッと閉められています。
しかし、加齢によって下部食道という筋肉が緩むことや、胸とお腹を仕切っている横隔膜と胃の間に内臓脂肪が増え、横隔膜の位置がずれ緩んでしまうと、常に食道と胃の入り口が半開きになる食道裂孔ヘルニアを来たしします。

4. 食道裂孔ヘルニアの対処法

咳をする女性
食道裂孔ヘルニアの原因は、上述したような加齢に伴う横隔膜の緩みや肥満に伴う噴門部周辺の緩みが原因です。この原因を根本的に改善させるために食生活や生活習慣の見直しが大切です。

食道裂孔ヘルニアが原因の逆流性食道炎は、内服治療を行っても食道への胃酸逆流はゼロにできないため、胃酸を抑える薬だけでは症状を軽減することができない場合があります。
繰り返しになりますが、胃酸が食道に逆流しやすい状態を改善させなければ、根本的な治療とはならないため、胃酸を抑える薬を服用しながら、並行して食事や生活習慣を見直すことが必要です。

4-1. 生活習慣の見直し

食事後は、胃酸が多く分泌されるタイミングです。気づかないうちに行っている行動が、つらい症状を引き起こしているかもしれません。

具体的には、

・食べたあとすぐに横になるのはやめる
・横隔膜を鍛える
・軽い運動や禁煙をする

ことが大切です。

食道と胃の入り口が常に開いた状態になっていると、重力の関係で簡単に胃酸が逆流してきて、辛い症状が出てきます。

食道裂孔ヘルニアの滑脱型においては、加齢に伴い下部食道という筋肉が緩むことが多いとされています。
横隔膜を鍛えることで食道裂孔ヘルニアが改善し、逆流性食道炎の症状が軽減する可能性があるのです。横隔膜を鍛えるには、腹式呼吸を取り入れるのがよいでしょう。

食道裂孔ヘルニアは、過体重の方や喫煙者に多くみられるため食事の見直しと並行して軽い運動や禁煙に取り組むものおすすめです。

ウォーキングなどで日常的に体を動かすようにして、横隔膜と胃の間の内臓脂肪を減らしましょう。

4-2. 食事の見直し

近年とくに食の欧米化が加速し脂質の多い食品や高カロリー食を口にする機会が増えています。

油分の多い食べ物は、消化するために胃酸の分泌が盛んになります。食道裂孔ヘルニアがあれば、胃酸の分泌量が増えるため逆流するリスクが高くなります。

高カロリーで脂っこい食事が習慣化されると、胸とお腹を仕切っている横隔膜と胃の間に内臓脂肪がつきやすくなります。すると、横隔膜の位置がずれ緩んでしまい食道裂孔ヘルニアが起りやすいという悪循環をまねく恐れがあります。

5. 食道裂孔ヘルニアの治療

喉を診察する医師
食道裂孔ヘルニアの治療には、

・薬物療法
・手術

の2種類の方法があります。
逆流性食道炎の症状を訴え受診に至るケースが多く、食道裂孔ヘルニアを治すというよりは逆流性食道炎の症状を抑えることが優先されます。

薬物療法としては、胃酸の分泌を減らすプロトンポンプ阻害薬が使用されます。

また、薬物治療で改善が見られない場合や、傍食道型や混合型で大きなヘルニアが周辺の臓器を圧迫している場合、胃や食道が締め付けられ生活に支障をきたす場合は手術が検討されます。

横隔膜の緩みを修復し、胃酸の逆流を回避するためです。近年、腹部に器具を通すための穴をあけて行う腹腔鏡手術が主流となり、患者への負担が少ない手術が行えるようになりました。

手術するほどでない場合は、胃酸の分泌を抑える薬を服用しながら経過観察することが多いのですが、生活習慣の見直しをすることで症状が改善するケースもみられます。

6. 食道裂孔ヘルニアと逆流性食道炎の関係性

疲れている女性
食道裂孔ヘルニアの状態になると、常に食道と胃の入口が半開きになってしまうため胃酸が逆流してしまう恐れがあります。胃酸が逆流し食道に炎症を起こすことを逆流性食道炎といいます。

6-1. 逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、胃が食べ物を消化するために分泌する胃酸が食道に逆流することで食道が炎症を起こす病気です。食道裂孔ヘルニアによって、逆流性食道炎ができていても軽度だと無症状の場合もあります。

胸やけや胸の痛みをはじめ、ひどい場合には吐き気や胸の痛みが症状として現れつらい思いをされている方も多いです。慢性化しやすいのですが、ストレスなどよって一時的に起こる場合もあります。

逆流性食道炎は、食後に胃から胃酸が分泌されることでつらい症状が出るのが特徴です。もし、食後に症状が現れる場合には消化器内科などの専門医を受診しましょう。

7. 食道裂孔ヘルニアを診断するための検査とは

レントゲン写真と聴診器
問診によって逆流性食道炎が疑われると、胃や食道の状況を確認するために検査が行われます。検査には、大きく分けて2つの方法があります。

7-1. 胃食道X線検査

1つは、バリウムを飲み食道や胃のレントゲン撮影を行う胃食道X線検査です。

食道の形(影)の状態を確認し食道裂孔ヘルニアの有無や程度と種類を診断することができます。バリウムを飲み検査台の上で体の向きを変えながら撮影を行い、検査中に胃から食道へバリウムの逆流がみられるか確認します。

7-2. 内視鏡検査

口または、鼻腔からカメラを挿入し食道側と胃側の両方から胃粘膜の状態を観察する検査です。胃カメラともいわれます。

食道や胃、噴門部の位置をカメラで直接確認できる以外にも、食道裂孔の緩みの有無や逆流性食道炎の状況が鮮明にわかります。逆流食道炎がある場合には、炎症の程度まで判断できるのが胃内視鏡検査の特徴です。

8. 逆流性食道炎が続くとどうなる?

喉が痛い高齢女性
逆流性食道炎が完治しないとつらい症状が続くだけではなく、その後に新たな病変のリスクが出ます。つまり、食道裂孔ヘルニアの状態が続くことで胃酸が逆流しやすい状況をなるべく早く回避する必要があります。

もし、食道裂孔ヘルニアの状態が軽減できず逆流性食道炎が続くと、どのようなリスクがあるか理解しましょう

8-1. 食道がんのリスクが高まる

逆流性食道炎はつらい症状であるだけでなく、放置すると潰瘍に進行したり、食道と胃のつなぎ目にがん(食道胃接合部がん)ができるリスクが高まります。

胃酸の逆流が長期間繰り返され慢性化すると、食道の粘膜は胃酸の刺激を受け続けます。

そのため食道の粘膜は徐々に胃の粘膜に似た組織に変わりバレット食道と呼ばれる状態になります。バレット食道は、食道腺がんという特殊な食道がんを起こす原因になる事があると言われています。

逆流性食道炎の症状がある場合でもバレット食道へ移行する症例はごく一部です。ただ、食生活の欧米化が影響し近年確実に増加している病気でもあります。

もし、逆流性食道炎や食道裂孔ヘルニアがみつかったら放置せず、専門医とよく相談しながら治療や改善策を見つけましょう。

9. まとめ

食道裂孔ヘルニアによって、逆流性食道炎のリスクが高くなるだけではなく症状を放置すると、食道がんのリスクも高くなります。

食後の胸やけや胃のもたれなど、気になる症状が長期に渡ってある場合は放置せずに専門医を受診しましょう。胃や食道の状況を確認し、適切な治療を行うと症状の改善が見込めます。また、食道胃接合部がんのリスクも回避できます。

もし、既に逆流性食道炎の症状がある場合には、胃酸の逆流や食道裂孔ヘルニアの予防として、食べた後すぐ横にならない、ウォーキングなどの運動で内臓脂肪を落とす、横隔膜を意識した腹式呼吸をするなど、生活習慣の改善も実践しましょう。

癌にならない腸活実践メルマガ講座

「癌にならない腸活実践メルマガ講座」では、がんで亡くなる人・苦しむ人を一人でも多く減らすために日常生活の中で実践できる

・免疫を上げる方法
・正しい腸活の知識
・腸内環境とお肌の関係
・健康的なダイエット方法
・乳酸菌のすごい効果

などを、腸の専門医が毎日メールでお届けいたします。

免疫力をアップして、いくつになっても健康的な毎日を過ごしたい方におすすめの内容になってますので、気になる方はぜひこちらのバナーをクリックしてお申し込みください。
↓↓
癌にならない腸活 実践メルマガ講座

この記事を書いた人

秋山 祖久医師

国立長崎大学医学部卒業。
長崎大学医学部付属病院・大分県立病院など多くの総合病院で多数の消化器内視鏡検査・治療を習得。2018年11月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。